2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.16 (Fri)

【M.A.squrade】舞踏の宵は覚めやらぬ(6)

追憶の三浦あずさメドレー [荒川河川敷/arakawa77さん]

 (´∀`)ノシ うちのでよければ、ぜひ使っていただければと~
 
 やっぱりね、一人のあずさスキーとしては、このメドレーは一人でも多くの人の記憶に残ってもらいたいんですよ。ましてや、私はこのメドレーが大好きですから、ニ夜限りだった舞踏会を、ただの過去の幻にしたくないんです。
 できることなら動画の形でメドレーを見ていただくのがベストですが、私にはどうすることもできないので、せめてスクリーンショットという形で「まだ見てないよ」「確保し忘れちゃったよ」という人に見てもらいたい。
 スクリーンショットなんて、作品の映像のみ、それも連続した映像の一部を私の好みのフィルターを通してぶつ切りにした映像の断片にすぎません。それをいくつ掲載しても、作品の魅力は100分の1も伝わらないかもしれない。
 けれど、たとえわずかな断片にすぎなくても、その目に映して、記憶にとどめてほしい。
 『三浦あずさメドレー ~M.A.squrade~』に感激したファンとして、そう切に思います。
 なので、このメドレーの記事は、スクリーンショットを多く掲載させてもらっています。
 私の拙い文章能力じゃうまく説明できないというのもありますが、やはり一人でも多くの人に『三浦あずさメドレー ~M.A.squrade~』に触れてもらい、映像の一部だけでも記憶に残してもらいたいからです。 
 今までの記事が、何かしらの役に立てていれば幸いです。

三浦あずさメドレー ~M.A.squrade~
deadblue238P,MkP,moguP,RidgerP,VAN-SP,赤ペンP
小町P,ディープP,てつろ~P,東洋人P,ぷげらっちょP,ミアキスP



♪7.まっすぐさん感涙説!!

 パート開始早々、曲のイントロでおったまげーですYO!

 076三浦あずさメドレーa21

 まっすぐさんが来ちゃった!!


    ||      ―=
    |l ‐= '⌒⌒ヽ ||
    ||  lまノハノノ))||    がらっ
__||-=liゝ゚ ヮ゚ノ! ||____
__0||  |⊂)乂)つ||0____
※※|| ノノ<,,人>ゝ||※※※※
※※||  (/`J  ||※※※※
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 ちょっとちょっと! まっすぐさんの出番早すぎませんか!?
 まだ半分もメドレーが残ってるんですよ! 9回裏じゃないんですよ!?


    ||       ||
    ||.  , '⌒⌒ヽ.||    ……
    ||  lまノハノノ))||
__||  |iゝ゚ ヮ゚ノ! ||____
__0||  |⊂)乂)つ||0____
※※|| ノノ<,,人>ゝ||※※※※
※※||  (/`J  ||※※※※
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    ||       || 
    ||.  , '⌒⌒ヽ.||    問題ないわ!
    ||  lまノハノノ))||
__||  |iゝ゚ ヮ゚ノ! ||____
__0||  |⊂)乂)b そ ____
※※|| ノノ<,,人>ゝ||※※※※
※※||  (/`J  ||※※※※
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 まったく予期せぬまっすぐさんの登場でした。
 アッと驚いた為五郎さんたちは結構多かったのでは?
 ニコマスでの『まっすぐ』といえば、エンディングの定番曲として定着し、アイマス公式曲の中でも「まっすぐ万能説」や「まっすぐ限界説」などのネタが豊富な、みんなからイジられ愛されている曲です。アイマス新年会ではあまりの酷使のひどさに擬人化までされちゃいました
 まっすぐさん、いつもお疲れ様です。
 これからも頑張ってイジられて愛されてください。
 そんな不憫な愛され公式曲『まっすぐ』が使用されているのがこのパート。
 ニコマスの毒に毒されている人ほど、あずささんとまっすぐさんの輝きっぷりにまぶしさを覚えたのではないでしょうか?
 076三浦あずさメドレーa20
 私には草葉の陰で感動にむせび泣くまっすぐさんの姿が見えましたとも。つい勢い余って、別記事のまっすぐさんたちのAA話まで思いついてしまいました。

 さて、パートの感想ですが、まず出だしがいいですよね。
 まっすぐのイントロで「おっ」と思わせておいて、歌に入るまであずささんに向こうを向かせてタメを作る。

 076三浦あずさメドレーa22
 076三浦あずさメドレーa23
 076三浦あずさメドレーa24

 そして、タメにタメて、歌いだしの直前に振り向かせ――

 076三浦あずさメドレーa25

 キラキラのステージに突入ですよ、うっひょう!
 頭上から降ってくるのは綿毛のようなカラフルな羽根。
 事前の打ち合わせによるものなのかそれとも偶然の産物なのか、前パートの「あずささんと白い羽根の物語」とつながっていて、メドレーならではのにやにやを味あわせてくれます。

 076三浦あずさメドレーa26
 076三浦あずさメドレーa27
 076三浦あずさメドレーa28
 076三浦あずさメドレーa29
 076三浦あずさメドレーa30
 076三浦あずさメドレーa31
 076三浦あずさメドレーa32
 076三浦あずさメドレーa33
 076三浦あずさメドレーa34
 076三浦あずさメドレーa35
 076三浦あずさメドレーa36
 ▲[6:16~6:19]腕を旋回させると光の羽根が舞い散り、その散り方が奇麗。
 おおぅ、あずささんは天使だったのか!!

 このパートは公式曲+アイマスステージという現在のニコマスでは割りと少数派なPVです。
 これまでのパートがほぼ一般曲+自作ステージのPVであったため、その流れとタイプを異にするこのパートは、逆に新鮮な印象を与えます。
 私も近頃はノーマルPVも含めてめっきり公式曲+アイマスステージのPVを見る回数が減っていて、このパートで久しぶりにそれを見ました。
 そして思ったのは、スタンダードなPVの魅力をなめちゃあかんなと。
 無論、エフェクトによる見映えなどの要素による影響もありますが、それだって公式曲とアイマスステージ自体に何の魅力もなきゃ有効に働きません。ゼロに何をかけたってゼロなのと同じです。
 視聴時についつい後回しにしがちだった公式曲+アイマスステージのスタンダードPV。これを機に、今後の視聴の選択肢に意識して加えていきたいですね。
 
 076三浦あずさメドレーa37
 076三浦あずさメドレーa38
 076三浦あずさメドレーa39
 076三浦あずさメドレーa40
 076三浦あずさメドレーa41

 先ほどこのパートはそれまでのパートとはタイプを異にするPVだと言いましたが、メドレー全体からこのパートを見た時、それだけではないことに気がつきます。もっと重要な役割があるのです。
 『M.A.squrade』は、大きく分けて前半部と後半部に分けることができ、さらにそれぞれを2つに分けてメドレー全体を起承転結の4つに分けることができます
 そして、このまっすぐのパートがそれらのどこに位置づけられるのか考えると、このメドレーの曲順がかなりうまく練られたものであることがわかります。
 『まっすぐ』といえば先述の通りエンディングの定番曲。そういう思い込みが強いと、まっすぐの中盤での使用に少し違和感を覚えます。
 けれど、メドレーを全体的に見てみると、実はこのまっすぐのパートは前半部のラストの位置に配置されていて、メドレーを一度締める中間エンディングの役目を果たしていたりします
 メドレーの構造を簡単に記すとこうなります。
 
 『起』―天城越え,THE IDOM@STER,tripping contact,ユニバーサル・バニー
 『承』―Still I love you…,PRIDE,まっすぐ
 『転』―STYLISH QUEEN★,愛よりも青い海,ポジティブ!,いっぱいいっぱい,サニー
 『結』―隣に…,Destiny -太陽の花-,いっしょ

 『起』+『承』=前半部,『転』+『結』=後半部

 『起』部では主に、あずささんのカッコよさや美しさをプロモート。開幕からアクセル全開、フルスロットル! 視聴者の目を釘付けにする強烈なインパクトのPVを連打で叩き込むことによって、ぐいぐいとメドレーの世界に引き込み、後戻りできなくさせます。
 『承』部は、起部の勢いに乗りながらも、あずささんの「女性らしさ」や「生き方」にクローズアップした作品で固め、起部とはまた違ったカラーを出しています。これによってメドレーに多様性と深みが与えられ、視聴者の興味をさらに高めてくれます。
 『転』部は、メドレーのそれまでの流れをガラリと変えるエネルギーに満ちた作品たちがそろっています。ダンサブルな躍動、爽やかな美しさ、紳士、ラブリーな萌え、キュートな可愛さ。どれもあずささんの魅力的な一面であり、このエネルギーでもってラストまで突っ走ります。
 そして――『結』部。終わり良ければ全て良しといいますが、逆に終わりがダメなら全てがおじゃんになります。リストアップされた曲を見ればその本気度は一目瞭然。“メドレー全体のまとめ”の域を越え、ニコマスにおけるあずささんの歩みを総括するかのような重厚な最終部です。

 076三浦あずさメドレーa42
 076三浦あずさメドレーa43
 076三浦あずさメドレーa44
 076三浦あずさメドレーa45 

 こうして全体を眺めてみると、メドレーに携わったPたちの意図―メドレーの設計思想―が見えてくるような気がします。それは、一つのメドレーであずささんの様々な一面を描き、視聴者を最後まで飽きさせない工夫を凝らし、メドレーとしてのまとまりが出るように選曲と曲順を決め、一つの作品としてメドレーを構築する。
 そのような設計思想に基づいて前半部の〆に配置された『まっすぐ』のパートは、まさにメドレーの要とも言えるでしょう。あずささんのボディでいえば、ボン・キュ・ボンの「キュ」の部分。ここがちゃんと締まらないと全体がしゃきっとせず、メリハリのない寸胴体型メドレーになってしまいます。
 この点、『まっすぐ』の配置は絶妙だと思います。
 前半部は一般曲+自作ステージのPVがほとんどで、まっすぐのパートだけ公式曲+アイマスステージのPVです。その違いと変化は視聴者に「おっ」と思わせ、まっすぐ=エンディングのイメージによって、ここのパートで一つの区切り(前半部)がついたことを感じさせます。
 さらに、後半部(転部)の作品を見ると、STYLISH QUEEN★→愛よりも青い海→ポジティブ!の順でアイマスステージを舞台にしたPVが続きます。これを含めて考えると、『まっすぐ』のパートは、後半部のアイマスステージPVに円滑にスライドするためのパートでもあり、前半部と後半部にブリッジをかける重要なジョイントパートだと言えるでしょう。
 まっすぐさんの中継ぎマジ最高!

 話が長くなりましたが、最後につなぎの部分をピックアップします。
 メドレーの楽しみの一つといえば、前曲から後曲へバトンタッチされる時のつなぎの部分。ここをどう演出してスムーズにバトンリレーするのか、これがメドレーならではの見どころです。
 ここのパートのつなぎは[6:54]から。

 076三浦あずさメドレーa46
 076三浦あずさメドレーa47
 076三浦あずさメドレーa48
 076三浦あずさメドレーa49
 076三浦あずさメドレーa50
 076三浦あずさメドレーa51
 076三浦あずさメドレーa52
 076三浦あずさメドレーa53
 076三浦あずさメドレーa54
 076三浦あずさメドレーa55
 ▲手の動きに合わせてSEが入り、あずささんの手が発光する。
 両手に集めた光が外に溢れだし、画面が一瞬ホワイトアウト。
 そして、AMCGマーク付きのレコードが出現してDJのように曲をスクラッチ。
 後曲『STYLISH QUEEN★』を意識したオシャレ感ティンティンの美事なつなぎです。


関連記事

タグ : ニコマス ニコマス合作 あずさ M.A.squrade

23:45  |  ニコマス合作  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

もの凄い力作記事お疲れ様でした!
もしスクショを頂くこちになったら間違いなくむらたまさんのを頂くと思いますwありがとうございます!
細かく丁寧な描写の記事を拝見してると見てた時の記憶が蘇りそうですね。
こうやって見ると改めていいメドレーですよね。それだけに本当に惜しいです。
arakawa77 |  2010年04月18日(日) 22:32 |  URL |  【コメント編集】

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
差し出がましいかと思ったのですが、こらえきれませんでしたw

>こうやって見ると改めていいメドレーですよね。それだけに本当に惜しいです。

 もう本当に惜しくて惜しくて。
 記事を起こすために手元のものを見返すたびに、過去を振り返る形で記事を書かなきゃならないのが、無念でなりません。
 蜃気楼のように去った、記憶に残るいいメドレーでした。
むらたま |  2010年04月20日(火) 01:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/83-0cccd1dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。