2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.17 (Sun)

【20選だべり01】 Schwarz Nacht 〔ミギシタP〕

アイドルマスター 『Schwarz Nacht』
[ミギシタP/PV/あずさソロ]



 開幕の10秒で、惚れました。

 胸をかき鳴らすような哀愁の弦の旋律。
 青の色彩に暗く沈んだステージにたたずむあずささん。
 身に纏うは黒きパンキッシュゴシックとナイト帽子。

 081『Schwarz Nacht』01
 081『Schwarz Nacht』02

 あずささんの顔をのぞきこもうと右斜めから迫るカメラ。
 しかし、帽子の広いつばに遮られ、目から上は窺い知れない。
 影に落ちる口元には、かすかに微笑が浮かんでいて……

 081『Schwarz Nacht』03 

 音楽と映像が織り成す作品の空気にもう惚れ惚れ。
 みとせのりこさんの美しい歌声もあずささんと親和性が高く、ぜひあずささんにカバーしてもらいたい曲です。
 衣装の選択もナイスだと思います。ナイト帽子に合わせるとなると私なんかはついゴシプリを選びたくなってしまうんですが、ミギシタPはパンゴシをチョイス。ファンタジーな曲調とよくマッチしてますね。
 初見時にはマイリストをするという習慣がなかったので即マイリストしたわけではないのですが、マイリストの習慣があれば間違いなくマイリストするだろうなという感触を抱き、見終わった後に即DLしました。今回の20選の選考中にマイリストしたのは言うまでもありません。

 [0:16]の辺りもおすすめです。

 081『Schwarz Nacht』04
 081『Schwarz Nacht』06

 弦の調べの他にも音が加わり、テンポが静から動へと変わる。
 それと同時にあずささんが緩やかに動き出し、色たちもあずささんに戻る。
 いいですね。ガッツリと私のハートをつかんでくれます。うふふ。

 そして迎えるサビの高音パート。[1:33]。

 081『Schwarz Nacht』07
 081『Schwarz Nacht』08
 081『Schwarz Nacht』09

 「錆び付いた」という歌詞を切ない声音で歌いあげる時、数歩前へ進みながら左手を高くまっすぐ上げる振りつけが歌にすごく合っていて、めちゃめちゃ好みです。この時、あずささんの半透明なアップが画面に映っているところもグッドですね!

 次のおすすめシーンは、中盤の間奏後の[2:24]から。
 何度も同じ動作を繰り返して衣装チェンジへと至る一連の流れがかっこいい。
 「繰り返し」。これがこの作品のキーワードです。
 一連の動きを細かく分解してみると、
 ①胸元で重ねていた両手を左右に離し、別アングルから撮影したターンを3回連続で繰り返す[2:24~2:27]
 081『Schwarz Nacht』10
 081『Schwarz Nacht』11
 081『Schwarz Nacht』12
 081『Schwarz Nacht』13
 081『Schwarz Nacht』14
 081『Schwarz Nacht』15

 ②右手→左手の順で手を頭上にあげる動作を別アングルで2回繰り返し、この動作中にあずささんが透過して背景が夜空になる[2:28~2:31]
 ちなみにタイトルの『Schwarz Nacht』は「黒い夜」という意味らしい。
 081『Schwarz Nacht』16
 081『Schwarz Nacht』17
 081『Schwarz Nacht』18
 081『Schwarz Nacht』19

 ③再び軽やかに1回ターン[2:32]
 081『Schwarz Nacht』20
 081『Schwarz Nacht』21
 081『Schwarz Nacht』22

 ④ターンが終わる刹那に白のボーカル衣装にチェンジ![2:33]
 081『Schwarz Nacht』23
 081『Schwarz Nacht』24
 081『Schwarz Nacht』25
 081『Schwarz Nacht』26

 ⑤2回目のサビ。高音で「抱きしめる」という歌詞を切なく歌うあずささんの表情と振りつけが素晴らしい! 思わずあずささんを抱きしめたくなってしまう![2:33~2:36]
 081『Schwarz Nacht』27

 そして、ラスト付近にも思わせぶりなシーンがあります。

 081『Schwarz Nacht』34
 081『Schwarz Nacht』35

 [3:33]。歌が終わった後、囁くように口を動かすあずささん。
 さあ、何と囁かれているのか。あずさスキーの妄想の発揮のしどころです!

 
 081『Schwarz Nacht』32
081『Schwarz Nacht』33


 ここから少し脇道にそれまして、個人的なエピソードをひとつ。
 まずはgase2さんのこちらの記事をお読みください。

 でもこの方(ミギシタP)、過去にはあずさソロで「Schwartz Nacht」というガチの名作を作ってる方なんですね。こちらもいいですよ。コメに書かれている通り、同じ振り付けを連続で何回もやらせる演出が個性的です。振り付けは厳密には連続しておらず、無理のある部分が多々あり、ステージ系のPVではこういう「無理なシンクロ」には注文を付ける人も多いんですが、ここまで来ると「そういう動画」になってしまって、全く違和感がありません。ま、いずれむらたまさんが取り上げてくれるはずですw

 がーちんの慧眼マジ最高!

                             ごめんなさいねgase2さん。> ('A`)
 
 いやァ、むらたまさん正直びっくりです。
 よりにもよって、まさか20選なんていうカズマさんの罠にクマーされなきゃやらなかったであろう企画に参加する形で『Schwarz Nacht』の記事を書くことになろうとは…。こうもズバリと当てられちゃうと慧眼というか予言に近いですよね。ぎゃあ。
 この記事を読んだ時、嬉しいような恥ずかしいような悔しいような複雑な気持ちがしたのをよく覚えています。まるで子どもの頃、好きな子を友達に当てられちゃったときのような…、「おい、むらたまー。お前の好きなやつ、あずさだろー?」とか的中されちゃったみたいで。んで、むらたまさんは基本むっつりですから「べっべBヴぇべべべっつに三浦のことなんか、なっなんとも思ってないし!」とか必死こいて、本当は好きなのに興味ないフリしてまともに記事にレスしないでスルーしちゃうわけです。嗚呼、甘酸っぱい青春メモリー。べっべつに、記事のネタに困ったら回収させてもらおうなんて1ゲイツも思ってなかったんだからね! 勘違いしないでよね!

                         マジでごめんなさいねgase2さん。> ('A`)

 時は流れて、ClubNightsに参加させていただいたり現実クエストで無視できないイベントが勃発したりでこの記事のことを忘れてしまい、やがてMSWinterが発売され、大晦日が来て年も変わり、ブラザーの設置式トラップに自らひっかかって20選をやることになり、選考準備に取りかかりました。
 選考の結果、『Schwarz Nacht』がほぼ確実に20選入りすることが決まった段階になって、不意にgase2さんの記事のことを思い出しました。ところが、カラス頭の私はどのPのどの作品について言及された記事だったかをすっかり忘れていました。ここが重要。
 んで、20選を確定する前にチェックしておこうとgase2さんのお宅に寄ってみたら、これ。
 
 でもこの方(ミギシタP)、過去にはあずさソロで「Schwartz Nacht」というガチの名作を作ってる方なんですね。こちらもいいですよ。…(中略)…ま、いずれむらたまさんが取り上げてくれるはずですw

 爆笑。

 参っちゃったなー、数ヶ月前から私の行動なんてお見通しですか、gase2大将。
 あの時はもうね、笑うしかなかったです。釈迦の手の平の上で遊ばれてる孫悟空の心境ってこんな感じだったんでしょうか。もうね、ちょ→くやしい。
 これを書いている今もですね、この記事を読んだらgase2さんが鬼の首を取ったかのようにニヨニヨ笑うんだろうなァと思うと悔しいったらないんですが、むらたまさんはニコマス紳士ですから紳士らしく潔く負けを認めましょう。
 これで勝ったと思わないでよネ!
 gase2大将への宣戦布告は以上である。
 しかし剣先を交える勇気はござらんので無視して頂いて結構。
 なお、トスをすると見せかけてアタックをぶつけてきたgese2大将のこの部分に関しまして、

同じ振り付けを連続で何回もやらせる演出が個性的です。振り付けは厳密には連続しておらず、無理のある部分が多々あり、ステージ系のPVではこういう「無理なシンクロ」には注文を付ける人も多いんですが、ここまで来ると「そういう動画」になってしまって、全く違和感がありません。

 大将に指摘されて初めて気がついたとか口が裂けても言えません。ええ、言えませんとも。
 や、これでも一応「やけにターンが多いなー」くらいは思っていたんですヨ?
 ただ、私は普段、それを記事に書こうと思わない限りざっくりとした視聴スタイルを採用しておりますので、歌とダンスのぴったり感がどうこうとか自作ステージなどの技術がどうこうとかあまり深く考えません。 歌とダンスはだいたい雰囲気がなんとなく合ってればそれでOKだし、目をひん剥くような技術があろうがなかろうがそんなのはまるっきり関係ないとまでは言いませんがお気に入りになるかどうかの決定打にはなりません。
 大事なのは、その作品を雰囲気をなんとなく好きになれるかどうか、面白いと思えるかどうか、一瞬でもティンとくるものがあるかどうかで、こればっかりは自分の目で作品を見てみないことにはわからない。つまり何を言いたいかっていうと、ダンスの細かいトコはいつもはあんまり見てないから、gase2大将が指摘してる部分について全然気がつかなかったとしても、むらたまさんはうっかり者ではないということです。単に、ニコマス検定初級にも不合格になる程度の能力ってだけですハイ。

同じ振り付けを連続で何回もやらせる演出が個性的です。振り付けは厳密には連続しておらず、…(中略)…ここまで来ると「そういう動画」になってしまって、全く違和感がありません。ま、いずれむらたまさんが取り上げてくれるはずですw

 ここの部分について返答いたします。
 『Schwarz Nacht』に見られるダンスの繰り返しは、あれを「シンクロ」という観点からのみ捉えるから無理に見えるだけであって、あの2度も3度も同じ振りつけを繰り返すというダンス構築の真の狙いは、視聴者に対して強い印象を残すことにあるのではないかと思います。
 「大事なことだから2度言いました」とは使い古された言葉ですが、この言葉にあるように、アングルを変えたりカメラの距離を変えたりしながら同じ振り付けを何度も何度も繰り返し見せることによって、視聴者の記憶にダンスをグリグリ刷り込もうとしているわけです。まァ、この演出にまるで気がついてなかった私が言うと説得力に欠けちゃいますが、けれど私のように散漫な見方をしていても、ダンスに関して「やけにターンが多いなー」と感じるくらいには記憶に残るんです。これってミギシタPの術中にハマってると思うんですよ。
 もちろん、何度も何度も同じダンスを繰り返す副作用として、「シンクロ」を重要視する人が見ると、ダンスがくどい、あるいは断絶しているといった風に感じてしまう。しかし、これはもうしゃーない。だって「シンクロ重視のダンス」ではなく「記憶重視のダンス」なんだから。
 記憶に焼きつけることを優先させた結果、不可避的に生じてしまうシンクロの支障についてはこの作品では元々織り込み済みなのです。もしかしたらミギシタPは、この作品で、刷り込みを狙ったダンスの実験(とシンクロとの調和を図る実験)をしようとしていたのかもしれません。でなければ、あんなあからさまに何度もダンスを繰り返したりはしないでしょう。
 だから、gase2さんの言う「同じ振り付けを連続で何回もやらせる演出が個性的です。振り付けは厳密には連続しておらず、…(中略)…ここまで来ると『そういう動画』になってしまって」という部分には同意です。恐らく「そういう動画」なんです、この作品は。
 ただ、「全く違和感がありません」という部分については、この作品を見る視聴者がシンクロを重要視する人かどうか、あるいは私のようにシンクロはざっくり合ってりゃOKという考え方の人かどうかによって評価が分かれてくるでしょう。作品に対する評価というものは、必ずしも製作者の意図を汲んでくれるとは限りませんから。ええ、玉々草とかいうブログを見れば一目瞭然です。なんてひどいんだ。
 とはいえ、この作品においてミギシタPが完全にシンクロを無視しているかというとそうでもありません。振り付けを繰り返すパート以外のパートではちゃんとそこら辺を意識したダンスが構築されています。
 
    と、偉そうにニコマス検定初級不合格者が申しておりますが如何でしょう? > ('A`)

 いやん。


 081『Schwarz Nacht』28
 081『Schwarz Nacht』30

関連記事

タグ : ニコマス 2009年下半期20選 PV 【PV】あずさソロ あずさ ニコマス企画

10:45  |  アイマスPV(あずさ出演)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/68-3716a7c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。