2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.22 (Tue)

【アイマス2/SS】もしACMが恋をはじめようを踊ったら

 GET YOU!!
 ジュピターの「恋をはじめよう」のPVを視聴中にふと閃き、ツイッターでたれ流したネタを少し手を加えてまとめてみマスター。登場アイドルはタイトルのまんま、ACM(あずちはまこ)です。

アイドルマスター2 ジュピター 「恋をはじめよう」




 『 もしACMが恋をはじめようを踊ったら 』

 ダンスレッスンスタジオにて。
「ふふっ、今日も頑張りましょうね。真ちゃん、千早ちゃん」
「あの…、あずささん……」
「なあに、千早ちゃん?」
「この歌のダンスポジション、あずささんがセンターですけど、やはり真に任せたほうがいいんじゃないかと」
「そうですよ、あずささん。最後のやつ難しいと思いますから、ボクがやりますよ」
「ありがとう。でも、大丈夫。私にいい考えがあるから。ふふっ」
「いい考え…、ですか?」
「はい~」
 アイディアによっぽど自信があるのか、あずさはにこにこ笑う。
 あずさが音響の再生ボタンを押しに離れたその後ろで、真と千早は不安な視線を交わした。
「……千早。ちょっと心配だけど、ここはあずささんを信じてみよう」
「ええ…、そうね」
「じゃあ、はじめるわよ~」 
 ふたりの心配をよそにあずさの間延びした声がかかる。
 あずさが急ぎ足で真と千早が縦に並ぶ列の最後尾につくと、場内に音楽が響いた。
 曲は、爽やかで軽快な恋愛ナンバー『恋をはじめよう』。

  ♪ 「 愛してる 」
  ♪ 「 愛してる 」
  ♪ いつか未来で
  ♪ ボクがキミに誓うから
  ♪ GET YOU!!

 この曲はラスト手前のパートまで何度もレッスンを重ねている。
 その成果もあって壁面の鏡にうつる三人のダンスはぴったり息が合っていた。
 だが、乱れのないダンスとは裏腹に、真と千早の内心は揺れていた。 
 気にかかるのは、やはりセンターのあずさが担当するあのダンス。
 今日は一度全体を通して踊ることになっている。 
(……千早には信じてみようと言っっちゃったけど、やっぱり不安だな)
(本当に大丈夫なのかしら。万が一でも失敗したら大ケガしてしまうし……)
 ユニットのなかで一番ダンスを苦手とするのがあずさだった。
 真と千早の粘り強い指導もあってダンスが上達したあずさは、ふたりのステップに遅れることなくうまくリズムを合わせ、きびきびした動きでダンスしている。
 その表情は真剣そのものだが、どこか上機嫌でいつもより楽しそうだ。
 一度のミスもなくダンスは順調そのもの。曲は終盤にさしかかった。

  ♪ 「 愛したい 」
  ♪ 「 愛したい 」
  ♪ いつも未来で
  ♪ ボクがキミを抱きしめて
  ♪ KISS YOU!!
  
(もうすぐラストだ)
(あずささんのアイディアって…?)
 淀みなくステップを踏みながら、真と千早はあずさの動きを目で追った。
 ラストフレーズ。
 あずさは大きく手を広げる。 

  ♪ 2人ならば愛を創めようよ

 真と千早が固唾を飲んで見守るなか――
「「!?」」
 バク転するはずのあずさが突然、耳の後ろに手を添えてその場にしゃがみ込んだ。

  ころんっ

 くるりと床に一回転。
 スッと立ち上がると、何も問題はなかったかのようにあずさはポーズをとった。
「できました~♪」
 上手に回転できたのが嬉しかったのだろう、あずさの口から小さく声が漏れた。
 心中穏やかでないのはあずさと向かい合ってポーズしている真と千早だった。
(ちょっ!? それ、ただの後転ですよ、あずささん!)
(くっ…! 何かしら、この胸のトキメキ……)
 ちらっとあずさの顔を見た真は笑いをこらえた。
(ぷぷっ。あずささん、得意顔でキメポーズしてるし)
 曲が終わりポーズを解くと、あずさは胸に手を当ててふたりに近寄った。
「真ちゃん、千早ちゃん。今のどうだったかしら~?」
「ど、どうって言われても……。ねえ、千早?」
「え、ええ」
「ぶっつけ本番であんなにうまくできるなんて、家で練習した甲斐がありました~」
「えっ」
「もしかして後転の自主練までしてたんですか?」
 あずさは「ええ」と頷いた。
「やよいちゃんに教えてもらったの。やよいちゃん、得意なんですって」
「もう、あずささんってば水臭いなあ。言ってくれればボクだって教えたのに」
「ごめんなさい。でも、真ちゃんと千早ちゃんを驚かせたくって」
 真と千早は苦笑した。
「まあ、たしかに驚きました」
「別の意味で、ですけど」
「ふふっ。それでね、これだったら私もAlice or Guiltyの3rdを踊れると思うのだけれど~」
(アリギルで後転…!?)
(カワイイ!)
 その日、Alice or Guiltyのダンス中に床の上を後転するアイドルの姿があったそうな。

 余談であるが――
 後日、あずさたちの「恋をはじめよう」のカバーステージを見たジュピターは、芸能雑誌記者のインタビューにこう答えている。

 冬馬「なめてんのか」
 北斗「冬馬はこう言ってますけど、俺はいいと思いますよ。可愛い女の子は正義ですから」
 冬馬「お前もなめてんのか」
 翔太「いいんじゃん、面白いし。冬馬くんも今度あれやってよ」
 
    * おわり *

「アイドルマスター2」5th PV 961プロ ジュピター「Alice or Guilty」



 (´∀`) ちなみにあずささんたちが「恋をはじめよう」のダンスをする時の衣装は、レッスンのときはヨガウェア、ステージのときはビヨンドザスターズだと俺得だと思います。

アイドルマスター2 ビヨンドあずささんマジ王子様



関連記事

タグ : アイマス アイマス2 SS あずさ 千早

23:54  |  SS  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/155-5f0d8a2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

楽しく・速く・上手くなる歌上達法です。

大好きな歌がお手本、大好きな歌手があなたの師匠です。自宅で、たった一人で始められるこの練習法で、あなたも【完全歌唱】をマスターしませんか?
2011/04/09(土) 06:18:22 | 歌の上達法【完全歌唱】

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。