2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.27 (Sun)

【アイマス2】プレイ記録1周目-貴音リーダー編06-

(´∀`) どもっ。竜宮小町の実績が解除されてからというもの、アイマス2プレイ前から大変恐れていたS4U入り浸り状態のむらたまです。あずささーん、俺だー! センターで歌ってくださーい!
  ('A`)  衣装も楽曲もステージも全然揃っていない上にりっちゃんの実績解除もまだ終わっとらんちゅうのに、そんだけ喜べるたぁ幸せなやっちゃな。
(´∀`) 新着ランキングとかに登録されている他のPさんたちのPVを見るのもかなり面白いよ。未見の衣装とかざっくざっく出てくるから。SPのプ○ジェクト○ェアリーの衣装とか、第4・第5の竜○小町の衣装とかもあったり。
  ('A`)  その伏字にどんだけの意味があんのか問い詰めてもいいか?
(´∀`) くうう、もっとガンガンプロデュースを進めてあずささんたちに色んな衣装着せて、色んなステージで歌わせてあげたいなあ! あげたいなあ!
  ('A`)  じゃあ超スロー進行のプレイ記録つけながらさっさとプロデュースしていこうか。
(´∀`) あい。

ティラミス・ティアラ-活動22週目
━朝━
 だいぶ長く続いた貴音の小躍り状態も終わってしまった。
 先週の竜宮小町戦で衣装変更してだいぶVi・Vo・Daのバランスをいじったせいかな。
 ま、なにはともあれ、ユニットのステータスに異常はないし、団結力も上がってるし。
 さくっと幸先よく朝の挨拶をバッチリ決めちゃいましょうっ!
 今週の挨拶は真美、君に決めたッ! 最近、ちょっと雰囲気変わったね?
 真美「今、真美達、お仕事が楽しくてしょうがないから、それが全部、顔に出ちゃってんのかなー?」
 なるほどなるほど。ユニットの皆全員、アイドルの仕事が、楽しい、と。アイドルとユニットに関する話題でポジティブな回答だから、タイプAの回答だね。これを肯定する選択肢を選べば、全員の機嫌が良くなるはずだ。
 「ああ、その通りだよ。なんていうかこう……、どんどん良くなっているよな!」
 よし、みんな笑顔でご機嫌だぞ。
 と、こっちも喜んでいたら、リーダーの貴音から新曲発表の提案が。
 うーん、どれにしようかな。そろそろ貴音の持ち歌『My Best Friend』いってみるかい?
 説明書によると、持ち歌を選ぶとラッキースターの出現率がアップするみたいだし。ま、ライブやフェス中は必死すぎて、ラッキースターが出てるかどうかなんて気にしてる余裕なんてないんだけどw
 
━スケジュール━
 まずどうにかしておきたいのは、一つだけ凹んでるビジュアルの底上げだな。
 それからマニーにも多少余裕があるし、ステージ衣装も増やしておきたい。ちょうど今週は、LUCKY LABBITの秋のバーゲンセール中だしね! 決して、S4Uのためじゃないよ!
 というわけで。
 上方エリア[ちょービジュアルレッスン]+首都エリア[LUCKY LABBIT]で決定。

━ちょービジュアルレッスン━
 やったぞ…!
 俺はついにやったぞー!!
 結果:フルゲージボーナスのパーフェクトレッスン
 どんなもんじゃあああああああいい!!

 ('A`) いや、たまたままぐれで取れただけでドヤ顔されてもな。

━LUCKY LABBIT━
 皆でお買い物に来たわけだけど、3人とも随分ウキウキしてるなー。
 前回来た時はぎすぎす状態で、買い物を楽しむなんて雰囲気じゃなかったもんなぁ。
 よーし、プロデューサー。マニーが底をつくまで買っちゃうぞー!
 つっても、20000マニーくらいしかないからそんなお高いものは買えないわけで、割と安価なものをガシガシッとたくさん買っていこう。えーと、まずはエクステンドの《コス:キャンディレディ/3500》は外せないとして。そういえばこの衣装、他のPさんのPVで見たんだけど、あずささんはスカートスタイルの衣装なんだよね。個人的にはパンツスタイルのほうがかっこよくて好きだったんだけど。ショートのあずささんにならめっちゃ似合うと思うし。
 って、いかんいかん。今はあずささんじゃなく、ユニットの買い物だ買い物。
 他に買えそうなのは、《腕:派手な宝石/2625》《腕:花リボンの腕輪/1225》《体:蝶の羽根/2625》《足:トゥーフラワー/2310》《コス:ピンキースタークラスター/3500》《コス:シャイニングオーキッド/1050》《コス:グッドラックターコイズ/1050》《コス:サイバースターシップ/1050》かな。残マニーは、600。前回よりはちょっぴり多く残ったw
 さあ、みんな帰るよー。満足してくれたみたいで、よかったよかった。

 ヤスコ「……ところで、お客さん。『BK MANIAC』ってショップ、知ってますか?」

 いえ、なんですか、その名前を聞くからに尖ってそうなお店は?

 ヤスコ「人間ギライで、法外な金額をふっかけてくる、変わり者のオーナーが

 あ、しばらくはご縁がなさそうなんで、ご説明はもうご遠慮しておくっす。
 (※クォリティーの高い、上方にあるショップなんだそうです)

━夜━
【どっとっぷTVランキング】
 迷走Mind/ティラ・ティア100位(↓)、スモスリ/竜宮小町59位(↓)

 ぐはっ、かろうじてランキングの端に引っかかってるって感じじゃないですか。
 MEGARE!に至ってはついにランキングから姿を消しちゃったし。
 むー、三曲目のMBFはガンガン売り込んでいかないとやばいかも。
 よし、「じっくり話をする」ぞ。
 貴音、さあ、じゃんけんだ! …って、ありゃ、勝っちゃったぞ。
 貴音も貴音でじゃんけんに負けたくらいで器とか大袈裟すぎるよぅ! NO!!
 真ー、岩手のペッタンコさんからファンレター来てたよー。深い意味はないよー。

ティラミス・ティアラ-活動23週目
━朝━
 おおっ、ユニットステータスのアイコンが「小躍り」になってるぞ。
 うちのユニットはつくづくダンスに縁があるみたいだな。リーダーはVo・Vi型なのにw
 さーて、「小躍り」になってるのは誰かなー?

 貴音「それ、スロー♪」
 真「スロー♪」
 亜美「クイック♪」
 貴音達「……しゃるうぃだんす? プロデューサー。ふふふっ」

 小躍りトリプルチェインが華麗にきまった━━━(゚∀゚)━━━!!
 今週はフェスかオーディションに出るつもりだったけど、どうしよっかなー!
 うーん、さてと。
 先週はじゃんけんでテンションを下げちゃったし、貴音に話しかけて機嫌を上げとこうかな。
 「今日は、ちょっと感じが違うように見えるな」 
 貴音「そうですか。……もしや、私達も少しは、成長してきたのでしょうか? ふふっ」
 考えるまでもなく、もうバリバリにユニットの絆についての回答だからタイプAだね。やった!
 「うん。表情から、やる気を感じるよ!」
 ……ん?
 みんな喜んでくれたけど、真美だけまた少し困ったような笑顔をしてる。
 もしかして、らぶすねには至ってないけど、まだ真や貴音と親密度が低いのかな。

━スケジュール━
 みんな「小躍り」状態なのがもったいないけど、今週は新曲の売り上げをブースとするためにも、オーディションかフェスでファン人数を増やしておきたいな(ライブはマニーがないので無理)。
 お、上方エリアに難易度2の全国オーディションがある。これにしよう!
 上方エリア[SOUND PLUS]-ファン人数598人(全エリア)、ギャラ6600マニー。
 衣装は凹んでるビジュアルを埋める感じで、《コス:ザベストクールメイト》《頭:ストローテンガロン》《体:ひまわりブローチ》《腕:花リボンの腕輪》《足:トゥーフラワー》。
 そろそろお守り欄が空白なのがさびしくなってきた。お守り貯金でも始めようかな。 
 それにしても、ザベストスクールメイトとストローテンガロンの組み合わせ、真にめちゃくちゃハマってるなぁ。こういう感じの主人公かヒロイン、他のゲームにいそうだもんw
 うわ、やべ。
 みんな「小躍り」のせいか、会場に出発するだけなのにめっちゃテンション高ぇ!

━SOUND PLUS━
 ほう。
 2でも突風とトップをかけたPのギャグが拝めるのか。思わず感動してしまうな。
 ディレクター「あと1組、うちの番組に必要なんですよね」
 え。
 1組……?
 しまったー!? 枠を確認すんの忘れてたー!!!
 んで、番組が求めるイメージは「既成概念を打ち砕く、超新星」か。
 ということは、万が一実力じゃ不合格でも、ティンとくれば特別合格があるかも?
 よし、やるぞ。
 貴音達「ターッチ!」 P「トップアイドル!」
 うん、ごめん。ターッチとトップアイドル、見分けがちょっと他よりも難しいんだ。

 結果:成功!(スコア14415、1位/50組中)

 思い出が2回使えるってのはやっぱり大きい。
 今回は1回しか使わなかったけど、2回使えるという心の余裕は結構無視できない。
 初めてバーストアピールも2回打てたし、次はもっとうまくバーストアピール時のパフェアピを増やそう。5割くらい失敗してる今のままじゃ、そのうち事故死とかしかけないしね。
 今週のお守り屋さんは奈良担当団員の「イムくん」。イムで仏かいw
 効果は、バーストアピール発動中に得られるスコアのアップするのがメリットで、通常アピール実行時に得られるスコアがダウンするのがデメリットか。うん、いらない。しかもこの効果でマニーが26700とか、ひどいw

━夜━
【どっとっぷTVランキング】
 スモスリ/竜宮小町64位(↓)

 うはwwwwwついにランキングからうちの名前が消えたwwwwwww
 竜宮小町も順位を少しずつ落としてついに60位代まできちゃったし、向こうも低迷中か。
 よし、この虚しさをバネに「じっくり話をする」ぞ! するぞ!
 さあ貴音、今週こそじゃんけんのリベンジだ。かかってこいやー!
 …………ごめんね、また勝っちゃって。 

━貴音からのメール「SUBJECT:お別れなのでしょうか?」━
 またおかしな悲痛メールキター! 営業コミュをしてくれってことですかー!?
 前と同じ文面だとわかってるのに精神削りながら読んでしまう私も大概よね。

ティラミス・ティアラ-活動24週目
━朝━
 今週も華麗に小躍りトリプルチェインが炸裂してくれた。楽しいなあ。
 さて、問題は誰に話しかけるか、だけど、貴音は2回ジャンケンでテンションをさげてるし、真か真美がベターか。ちょっと前の微妙な真美の表情が気にかかるし、真美に話しかけてみよう。
 「最近、ちょっと雰囲気が変わってるね?」
 真美「そう? 他の2人にメッチャ気を使ってるからかなー? もうちょっとテキトーにしようっと」
 ちょwwwww2人がいる前でそれ言うかwwwwwwwwwww
 回答のタイプがどうこうじゃなく、プロデューサーとしてこんなの肯定できるかー!
 「み、皆の前で、そんなこと言うなよ。困ったヤツだな……」
 まあ当然、真美は不機嫌になって、貴音と真は喜ぶよな。
 ってか、真美さんや、目がメッチャ鋭く吊りあがってて怖いんですが…(´∀`;)

━スケジュール━
 さーて、今週はノープランだけどどうしよう。仕事をざっと見てから考えるか。
 おんや?
 中央エリアに、すべての仕事に対してよい効果のある山原記者が来てる。これはものにしておきたいな。んじゃ、中央エリアのステージの仕事から良さそうなのを見繕ってっと。
 フェス[I-MELODY]-難易度2、ファン人数3970人(中央)、ギャラ2970マニー。
 ライバルの思い出もあんまりないみたいだし、行くぞ!
 真美「OKだぜ、兄ちゃん! ヘイ、ワンツー! ニャー!!」
 テンションたっかwwwwwwwwww

━I-MELODY━
 んじゃ、はりきって掛け声いくよー!
 貴音達「トップアイドルー!」 P「ファイト! オー!」
 …………俺にだって間違うことくらいはあるんだヨ。

 結果:成功!(スコア13855)

 むぅ、楽曲ハイスコア更新ならずか。
 ライバルのバーストアピを一発くらっちゃったし、ハイスコアを狙うならライバルの妨害を受ける可能性のあるフェスは向かないよな。そういうのは早く気がつかなきゃダメだよなw
 次回ハイスコアを狙う時は、ライブかオーディションにしとこう。
 んお、誰かシルエットな人物がやって来たぞ。
 山原記者「どうも、山原だ! 私は、ついに長年求め続けていた、選ばれしアイドルに、出会うことができた!」「苦節50余年……、この時を、どれだけ待ち望んでいたことだろうか!?」
 知らんがな(´・ω・`)
 この前の金丸記者とはまた随分感じの違う記者が来たもんだ。
 金丸記者がインテリメガネ系なら、こっちは昔の熱血系番長風かな。
 P(あ、この人、TVで見たことがあるぞ)
 知っているのかプロデューサー!?
 Pの豆知識によると、芸術家でありながらアイドルの記事を欠かせたら天下一品の「山原太郎」先生らしい。なんだ、才能の無駄遣い著しいアイドルオタ芸術家か。この先生の芸術品って、アイドルがらみのものだったりするんじゃ……。
 今週のお守り屋さんは愛知県担当団員の「えびふりゃーマン」。15600マニー。
 効果は、バーストアピール終了時に、全ての興味レートが上がるのがメリットで、アピール時に得られるスコアがダウンするのがデメリットか。変則的な思い出って感じのお守りってことかな。あまり欲しいと思わないなぁ。

━夜━
【どっとっぷTVランキング】
 スモスリ/竜宮小町66位(↓)、WORLD OF PAIN/サイネリア7位(↓)

 ランキングに一曲もないと、竜宮小町やサルビアさんをウォッチするしかやることがなくて困る。サンドイッチさんもガクッと順位を落としたもんだ。上位陣がなぜか一様に順位を上げてるからその余波でも受けたのかな。それとも逆で、サイファーさんが順位を落としたから上位陣が順位をあげたのか。
 ランキングチェックも終わったし、今週もじっくり話をするよー!
 で、貴音達の余興が始まったわけだけど、久しぶりに普通の誰がいなくなったでしょークイズでよかった。いないのは「真だっ!」。首尾よく正解。これは簡単でいいなあ。ユニットの雰囲気もよくなる……らしいし。
 真へのファンレター(茨城/水戸黄モン)もチェックして、今週は終わり。

━貴音からのメール「SUBJECT:お別れなのでしょうか?」━
 先週のと同じメールですよー貴音さーん。

━真美からのメール「SUBJECT:おやすみ」━
 わーい、闇世界で一兆円で取引されてるらしい真美のパジャマ姿の写メもらったぞ~。
 兄ちゃんにご褒美はいいからさっさと寝れっ。グッドスリープパジャマはグッドだ。

ティラミス・ティアラ-活動25週目
━朝━
 運命の36週目までいよいよ後がなくなってきた。
 今回の新曲発表が実質的にランキング上位を狙えるラストチャンスだ。
 色々情報がたまってきたからIA大賞の受賞条件について一度整理してみよう。

・IA大賞獲得のためには、40週目までに有力なアイドルになってノミネートされる必要がある。
・30週後の36週目のランキングが非常に重要その週に20位以内に入れればIA大賞にノミネートされるので、36週目のランキングは「運命のランキング」とも呼ばれている
発売したCDの売上を伸ばす戦略として、ブレーク、キープ、リバイバルがあるブレークはフェス、キープはライブ、リバイバルはオーディションを行うことで起こる可能性がある。。
・IA大賞には、大賞のほかに部門賞という首都エリア以外のエリアで特に活躍したユニットに贈られる賞がある。
部門賞の受賞条件は、各エリアの特別なフェスに勝利すること。そのフェスへの参加条件は、最低条件としてIA大賞にノミネートされていること、各エリアに10万人以上のファンがいること、かつランキングチャートの最高順位が20位以内になること
・まずは36週目までにランキング20位以内に入ることを目指して頑張れ。

 なるほど。
 ということは、そろそろ20位以上を意識した活動をしないとまずいのか。
 それに気がつくのが我ながら遅すぎるwww
 今週の夜のランキングで20位の売り上げ枚数をチェックして射程距離を知ろう。
 レッスンに回す余裕がないから、貴音たちの「小躍り」状態がつくづく勿体ない。
 今朝も華麗に小躍りトリプルチェインぼんじゅ~る版を決めてくれたのに。
 さて、真に最近の調子でも聞いてみるか。
 真「そうですね~。やーりぃ! って感じです」
 短っ!!?
 ま、真さん、それだけだとちょっと判断材料が少なすぎるよ!
 アイドル的ユニット的ともとれるし、私人的個人的ともとれる。
 ポジティブな回答だから、やはりここはタイプAだろうか……。
 仕方ない。ここは逆説的に、選択肢で判断しよう。
 「X:うーん、不安だなあ」「B:そうか、安心したよ」
 おおっ、これは見たことあるぞ。
 たしかこれで肯定して全員の機嫌があがったはずだから、やっぱりタイプAの回答だ!
 よっしゃ、当たり! Bで全員の機嫌がよくなった…はずなんだけど、また真美だけ少し困ったような表情をしてる。笑ってくれてはいるんだけど、なんなんだこの微妙な感情表現は。
 
━スケジュール━
 今優先すべきはMBFのハイスコアを出し、リリース初週の順位を少しでもあげること。
 ファン人数重視のライブか、注目度重視のオーディションか。仕事を見て決めよう。
 ざっと見たところ、北東エリアのライブ[RAT AROUND]が条件よさげ。難易度2、コスト3100マニー、目標ハコユレ振動1.5以上、ファン人数4090人、ギャラ7370マニー。
 山原記者もついてるし、これは期待できるぞ。
 お、出発しようとしたら、ゲスト選択画面が出てきた。
 せっかくだから、今回は竜宮小町のあずささんと亜美にゲストを頼んでみよう!
 あずささん、亜美、お願いします!
 衣装は《腕:花リボンの腕輪》を《腕:銀の腕輪》に変更してボーカルをあげた。
 見映えは花リボンのほうが可愛いんだけど、ハイスコアのためだ、やむを得ない。
 さあ、ゆくぞ皆!
 真美「OKだぜ、兄ちゃん! ヘイ、ワンツー! ニャー!!」
 で、でたー! 真美さんのワンツーニャー!

━RAT AROUND━
 アンコールでゲストのあずささんと亜美とコラボライブをやる予定だ。
 わざわざ来てくれる2人のためにも、会場を沸かせないとね!
 心を一つにして、掛け声いくぞ!
 「「トップアイドルー!」」
 おっし、行ってこいティラミス・ティアラ!
 
 結果:成功!(スコア15740、ハコユレ震度+3.4)

 目標ハコユレ震度も大きく超えて、スコアも更新できた。大成功だ!
 会場はあったまったから、あとはゲストとのコラボさえ成功すれば……って、あれ?
 ゲストがまだ来ない? なんですとー!!? 
 ま、まさか親密度が低いと発生すると噂に聞く、約束ぶっちですか!?
 いやいやいやいや、そんなまさかあずささんに限って。親密度も下げた覚えはないし。
 ああ、そういえば条件反射であずささんに頼んだけど、あずささんってば方向音痴だったじゃないかー! まともに来れるハズがなかったー!! 亜美ー、頼みの綱は亜美だけだよー! ガンバッテ!
 って、うわ、もうステージの時間!!? どうしよう!?

 あずさ「遅れてしまって、すみません~。道を間違えて、お隣のビルに入ってしまって……。本当にごめんなさい!」
 亜美「今日もヨロ~」

 私の女神様と亜美キター!!
 お隣のビルに入るくらいどうってことないですよ! 隣の県とかに比べれば!
 って、これから歌う曲を決めるのか。
 5人で歌える3曲のうちから1曲を選ぶのね。なるほど、5人の中から3人選んでMBFを歌うわけじゃないんだ。やっほい、これは楽しみやでえ!
 選ぶ曲はもちろんこの曲、『The world is all one!!』。
 ああ、やっぱりクインテットステージは華やかでいいなあ!
 コラボステージ後、ゲストの2人はPと少し話して帰って行った。
 あずささんもステージの成功を喜んでくれたし、亜美もまたゼッタイ呼んでねだって。
 さ、あとはお守り屋さんをのぞいて北海道遠征は終わりだ。
 北海道担当団員は「メェ~クイーン」。25500マニーかかる。
 効果は、バーストアピール発動中に得られるスコアがアップする。ただし、通常アピールでは、ボルテージがたまりにくくなってしまうという欠点つき。なんか使いづらいお守りばっかだなぁ。なので、いりません。というか買えません。

━夜━
 ライブも成功したし、あとは事務所に帰ってランキングのチェックだけ、と思ったら。
 りっちゃんが大きな溜め息をついていた。
 どうやら仕事で失敗してしまったらしい。あらら。りっちゃんでも失敗することがあるんだなぁと思ったら、Pも同じことを口にしたから笑ってしまった。
 そりゃそうですよ、と疲れた声で言うと、2人だけで話す時間を作れないかとりっちゃんに頼まれた。断る理由もないし、さっきだって竜宮小町の2人に力を貸してもらったのだ、話を聞くだけならどうってことない。二つ返事で「わかった」と了承する。
 律子「すみません。でも、よかった。あなたには、このこと、直接、話しておきたかったから」
 ん?
 なんか、予想していた以上に重たい話なんだろうか…? やべ、ぶるってきた。
 会議室に場所を移すと、状況を正確に伝えたいから手短に話しますねと断りを入れてから、りっちゃんは語り始めた。
 律子「実は今日、フェスに挑戦したんです」
 え。
 フェスって、あずささんと亜美抜きの、いおりん一人で?…てなわけないわなW
 律子「IA大賞にノミネートされるためには、今の竜宮小町のランキングは低すぎるから、賭けのつもりで」
 そういえばここ最近、竜宮小町は50位代~60位代を彷徨ってたっけ。
 IA大賞にノミネートされるには、運命の36週目に20位に入っていることが条件だったはずだし、博打はあまりりっちゃんらしくないけど、りっちゃんがフェスに賭けたのもわかる。ノミネートの期限までもうあまり時間がないんだ。
 こちらの考えを読んだのか、りっちゃんは少し慌てた声で、「もちろん、勝算はあったんですよ?」と抗弁した。しかし、その後に、「けど……」と沈んだ言葉が付け足された。
 そして始まる、りっちゃんの回想。そこに出てきたのは――

 冬馬「みんな、ありがとー!」

 ま  た  お  前  か  。

 りっちゃんの話をまとめると、こういうことだった。
 IA大賞を狙うために賭けでフェスに臨んだ竜宮小町。そのフェスの対戦相手は、前回竜宮小町とフェスで戦った後、貴音の言葉を鼻で笑い、りっちゃんと激しい口論になった生意気な少年だった。
 竜宮小町はその少年一人と戦い、その圧倒的な実力の前になすすべもなく惨敗を喫した。
 しかもその少年が所属する事務所というのが、何かと765プロといわくのある961プロ。
 りっちゃんはそれらを説明すると、力なく肩を落とした。
 律子「これで竜宮小町の、今年のIA大賞は、完全に無くなってしまったわ……」
 項垂れるりっちゃんに、あきらめるのはまだ早いだろとPが諭す。
 しかしそれも、りっちゃんは「いいえ、ムリなんです」と覇気のない声で否定した。
 竜宮小町の皆の心が、今回の完敗で、折れてしまった。
 それが、りっちゃんが諦めに打ちのめされている何よりの原因だった。
 そして、一言つけたす。もしかしたら、私の心も……。
 この敗北によって竜宮小町は、天ヶ瀬冬馬一人にはるかに劣ると証明され、それがランキングに与える影響は計り知れない。IA大賞を視野に入れ、大賞受賞の射程距離圏内でそこそこ売れて、人気もあり、いい関係でやってきた竜宮小町にとって、いや、竜宮小町の指揮を執ってきたりっちゃんにとって、今回の惨敗はまったくの計算外だった。(黒井社長はさぞや愉快がってるだろうなぁ……)
 りっちゃんが悔しがっているのは、結局は、961プロの方針がそうであるように、力こそが全てなのかということ。力の前には、ユニットの団結などまるで意味がないのか。
 Pのプロデュースの参考になればと竜宮小町の敗北の顛末を話してくれたりっちゃんは、あなたのアイドルたちが待っているからと、Pを貴音たちが待つフロアへと送り出した。
 Pが戻ると、順二朗社長から竜宮小町のことを聞いた貴音たちが待っていた。  
 そこに居合わせた社長は、竜宮小町のことは残念だが、それに君たちが引きずられてはいけない、彼女たちもそんなことは望んでいないはずだと、重い空気を払うかのように言った。
 そして、社長が見るように促したランキングには、今日の両者の差がはっきりと映し出されていた。
 
【どっとっぷTVランキング】
 スモスリ/竜宮小町69位(↓)、Alice or Guilty/天ヶ瀬冬馬28位(New)

(´∀`) 黒井三連星ェ……!
  ('A`)  いい加減、名前で呼んだれよ。
(´∀`) あまとうェ……!
  ('A`)  そりゃ亜美がつけたあだ名だろうが。つうか、アイマス2発売までずっとジュピターというユニットで売り出してたわけだが、蓋を開けてみたら冬馬しかいないってどうなってるんだろうな。北斗と翔太はどのタイミングで、どういう理由で冬馬と合流するのか気になるとこだな。
(´∀`)  それも気になるけど、今回のランキングで強制的に見せられた冬馬一人のアリギルのPVもなんか新鮮だったね。ジュピターのアリギルっていうと、三人でパフォーマンスしてるあの5thPVだったし。
 ('A`)  まあな。それにしても、フラゲ情報で竜宮小町が冬馬一人に惨敗を喫することは知っていたが、実際にこうして見てみると、りっちゃんたちでなくても堪えるな…。
(´∀`)  もう少し先のイベントかと思ってたんだけどねえ。まさかこんなに早い段階で出てくるとは思わなかったよ。まあ、よーく考えてみれば、IA大賞のノミネート前に以前目標としていた竜宮小町が突如現れた男性アイドルに無残にも敗れ去るというのが、一番プレイヤーをびっくりさせられる構図だったのかもしれないね。うヴぉあー。
  ('A`)  友好的なライバルと敵対的なライバル、2タイプのライバルが設定されていたことから、2が発売される前から竜宮小町はかませにされるんじゃないかと危惧されていたわけで。終盤のIAで竜宮小町とジュピターが激突して竜宮小町が敗れる、なんてベタな展開は誰でも予想できてしまうものだしなー。これを裏切り、プレイヤーを驚かせるには、プレイヤーが想定しているラインよりも前の時点で竜宮小町を負けさせる必要性がシナリオ上あったのかもしれないな。
(´∀`) そんな必要性ノーサンキューでござる。
  ('A`)  否定はしない。
(´∀`) 別にいいじゃないですか。ベタベタのベッタベタで。プロデュース不可とされた以上、竜宮小町のファンである私たちが望むのは、手の届かぬ彼女たちの活躍する姿、その一点だけですよ。あわよくば、自ユニットと竜宮小町とジュピターの三つ巴による頂上決戦が見られるんじゃないかと夢見ていたのに、こんな仕打ちあんまりだよォ!
  ('A`)  人の夢と書いて儚(はかない)…何か物悲しいわね……
(´∀`) アグリアスさんは黙ってて! うわぁぁん!
  ('A`)  でもよー、一応竜宮小町も活躍してたじゃないか。Pのユニットを全く寄せつけない強さで退け、アイドルたちを失意のドン底に叩き落して、ぎすぎすさせただろ。
(´∀`) たったのそれだけで満足せよと? プロデュース不可の代償の飴が、そんな規定路線のチュートリアルみたいな一回の勝利だけと申されるのですか!? 冗談ではござらん! 腹わた煮えくり返る!!
  ('A`)  ……酔ってんのか?
(´∀`) わかってはいるんですよ。アイマス2の竜宮小町は、さほど強いユニットとして設定されてはいないってことくらい。竜宮小町が結成され活動し始めたのは、Pが765プロに来るせいぜい一ヶ月くらい前のことで、もともとはデビューしたはいいけれど芽が出ずに悩んでいたアイドルたちだったんだから爆発的な才能があったわけでもない。Pが来た後も、竜宮小町はランキングの50位代あたりでずっと低迷していたことからすると、せいぜい中堅のアイドルユニットだったってことくらい、わかってるつもりですよ。デビューして10週程度の未熟なアイドルユニットには圧倒的な差をつけて勝てても、上位に食い込む才能と実力を持ったアイドルたちには手も足も出ない。そんな中ボス程度のアイドルたちだったってことくらいはわかってるんですよ。
  ('A`)  それに付け加えると、そもそも竜宮小町という存在自体が、プレイヤーがプロデュースするユニットの糧となるアイドルユニットとして設定されてたんだろうな。その勝利者としての姿、その敗者としての姿を通して、Pのユニットのアイドルたちに様々な感情を起こさせ、色んな事を経験させ、その背を越えていってもらう。そういう存在だったんだ。絶対的な敵対者としてのジュピターとはもともとの存在理由が違ったんだよ。そして、その違いがこういう形で表現されているんだろう。
(´∀`) それを承知の上で、言ってもいいですか?
  ('A`)  どうぞ。
(´∀`) そんなこと、こちとら知ったこっちゃねえんですよ。
  ('A`)  言うと思った。
(´∀`) そりゃあね、Pのユニットにいつか竜宮小町がフルボッコされる日が来るのはわかってましたよ。ジュピターにすらフルボッコされるかもしれないという予感もありましたよ。でも、もう少しは、先輩アイドルユニットとしてのすごさを見せてくれるもんだと思っていたのに、どうしてこんな中途半端な有り様になっちゃったんですか。たったの21週目で後輩ユニットに負かされ、その一ヶ月後に全員揃ってもいないジュピター一人に三人がかりでフルボッコにされて火達磨、挙句に今期のIA大賞も絶望的とか、そんなかませ犬にすらならない役になっているなんて誰が想像つきましたか。そんなの想像したくもないですよ!
  ('A`)  今までのように1周クリアするのに50週以上かかるとすれば、半分に届くか届かないかというところで竜宮小町はライバルとしてお役御免になったわけだしな。言うなれば、25週までが竜宮小町ライバル編、26週以降がジュピターライバル編ってとこか。
(´∀`) ていうか、ストーリーの前半でお役御免になるような役に、なんでわざわざあずささんたちを当てたのかまるで理解できないんですが。それこそ、876プロみたいな765プロと親しいアイドル事務所を新たに設定して、そこの友好的な先輩アイドルユニットとしてNPCキャラを登場させればそれで済んだ話じゃないですか。
  ('A`)  ま、色々オトナの事情ってもんがあったんだろうさ。
(´∀`) 腹わた煮えくり返る! 
 
━貴音からのメール「SUBJECT:プロデューサー…。」━
 うわああぁん、こんなときにこの内容の悲痛メール送ってくるなんて、まるで拷問よ……。

━順二朗社長からのメール「SUBJECT:売り上げを大幅に伸ばす」━
 リリース後、通常下がっていく楽曲の売り上げも、キープ、ブレーク、リバイバルを引き起こすことによって、売り上げの減少をひっくり返すことができる。
 ●キープ
 効果:売り上げが落ちない。
 発生条件:ライブの成功。(※リリース4週目以内だと効果的)
 ●ブレーク
 効果:落ちた売り上げを復活させる。
 発生条件:リリースから10週以上経った最新の楽曲でフェスに勝利。
 (※後半に発表した楽曲ほど発生しやすい)
 ●リバイバル
 効果:落ちた売り上げを復活させる。
 発生条件:リリースから10週以上経った最新ではない楽曲でオーディション合格。
 (※オーディション前に楽曲変更が必要)
 ◆これらは発生条件を満たしたからといって、必ず発生するものではない。
 ◆ラッキースターをためると発生しやすくなる?
 ◆これらの他にも特殊なブレークがある?

━【実績解除】━
 5G:集合! はじめてのクィンテットライブ!

関連記事

タグ : アイマス アイマス2 貴音 真美

01:25  |  アイマス2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/133-2da98154

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。