2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.25 (Fri)

【アイマス2】プレイ記録1周目-貴音リーダー編04-

(´∀`) プロデュース方針が迷走Mindしているむらたまです。
  ('A`)  こんなプロデューサーに憑かれて貴音たちが不憫でなりません。
(´∀`) 今回は新曲プロモに重点を置かず、ユニットのLVアップに力を注ぐべきかしら。
  ('A`)  だが、そこで邪魔になるのが悪徳化した小柴記者だな。この記者、悪徳化するとレッスン効率が下がる効果があるらしい。LV上げしておきたい低レベルユニットにとっては鬼みたいなやつだ。
(´∀`) 説明書を読むと、別の記者つくと取材を中断することもあるらしいし、結局ステージ出演できるオーディション・ライブ・フェスをやるしかないっぽい。
  ('A`)  悩ましいとこだな。

ティラミス・ティアラ-活動16週目
-朝。
・真美のらぶすね状態は変わらず。今日の声かけは真にしよう。
・「調子はどうだ?」→あまり眠れていないとの真の返事→「たまには、そういうこともあるよ」or「ちょっとどうかと思うぞ」→心を鬼にして涙をのんで「ちょっとどうかと思うぞ」を選ぶ。こんな選択肢を選ぶPこそちょっとどうかと思うんだがなー…→貴音と真美が笑い、真がぶすっとする。ひどいぜ、こんなの。

-本日のスケジュール。
・悪徳記者を新しい記者で上書きすべく、記者がいるエリアのオーディション等を探す。
・北東エリアのオーディション[ネクスト・アイドル]-難易度1、ファン人数1000人(北東)、ギャラ2010マニー、ダンスとビジュアルが得意なユニット募集。
・衣装変更は《足:天使のアンクル》→《足:うさアンクル》にチェンジして、2番目に高いボーカルをビジュアルにシフトさせてみた。

-ネクスト・アイドル。
・会場の前でPが「何か大事なことを忘れてる気が」とかつぶやいた。おい、待て。そんな不安になるようなこと、いきなり言うんじゃない。何か忘れてたっけ…?
・あ、また楽曲を変えるかどうかの選択肢が出てきた。複数曲をリリースしてるからなのかな? ひょっとして、ここで楽曲変更して前の曲を使うとリバイバルとかが起こるのかな。ものは試しだ、やってみよう。
・MEGARE!に楽曲変更。これが吉と出るか凶と出るか。
・番組ディレクター登場。合格枠は10、求めるものは魅惑のダンスとビューティフルスマイル。
・本番前の合言葉、「「えい! えい! おー!」」。幸先いいぞ!
・結果:成功!(スコア8552、1位/50組)
・ステージ出演。ああもう、竜宮小町に敗北したMEGARE!だけど、やっぱ可愛くていいな!
・やった! 悪徳化した記者が去って、新しい敏腕記者(金丸)がついたぞ! この記者の効果はもらえるギャラが増えるのか。なるほど、だから「アイドルが生み出す経済効果」について記事をまとめてるのか、この記者w
・オーディション後のお土産屋さんは山形応援団員の「チェリッピ」。効果はバーストアピール発動中に得られるスコアの増加、価格は20400マニー。よし、無理!

-夜。
・あっれー!? なんか貴音と真美が怒った表情してて、真がしょげてるんですけど!? まさか、朝の声かけで今度は真がらぶすね化しちゃったの!?
・【どっとっぷTVランキング】MEGARE!/ティラ・ティア92位(→)、迷走Mind/ティラ・ティア88位(↑)、スモスリ/竜宮小町52位(→)
・真がらぶすね化したのかと思ったら、あっれー…? ランキング発表後は真美がらぶすね化した朝の状態に戻ってる。うーん、アイドルたちの表情ってあまり正確に連動してないのかもしれんなぁ。
・「じっくり話す」→P「なあ、皆。仲間同士で、いがみ合うなんて、とても、悲しいことだと思わないか?」……そうさせてるのはPの私のせいですけどね!→すぐに仲直りなんかできないかもしれないけど、たまには考えて欲しいんだ、とPがいつになく良いことを言いそうな気配。出てきた三択は「自分ってなんなのかを」「友達ってなんなのかを」「仲間ってなんなのかを」。おお、何やら深そうなのが出てきたぞ。→無難に。「仲間ってなんなのかを。お前達は、IA大賞を目指す上で、たった3人しかいない、仲間なんだぞ」→真「たった3人しかいない、仲間……。そっか……。なのに、ボク達は、ささいなことで熱くなって……。」→皆、何かに気づいたというような顔をしている、とのPの感想。

(´∀`) イイハナシダナー
  ('A`)  専ら不仲の原因を作ってるのがPってことに目を瞑ればな。

・真美へのファンレター(神奈川/湘南小3)。湘南小3って韻踏みを意図したP.Nか?

-寄り道。
・別れの挨拶をして帰って行った真美がすぐに戻ってきた。伝え忘れたことがあるんだとか。何だろうと思っていると、明日は仕事もないし買い物に付きあってくんない?とデートのお誘いキター!
・翌日、真美に隅っこに置かれてショッピングの始まり始まり~。お、真美が画面中央から背筋を伸ばしてこっちにまっすぐ歩いてくるシーン、なんかいいね。
・買い物に来たのに何も買う気配のない真美が、真美って仕事頑張ってる?と聞いてきた。「十分、頑張ってるよ」と言うと、「こりゃうかうかしてらんないね」との返事。なんだろ、亜美のこと意識してるのかな?
・そこに携帯に着信が。着信名は「双海真美」。あれ……? ってことはまさか……
・お前は「亜美かっ!」。
・あの髪はカツラだったのかよwww
・あー、なるほど。これであのPVのシーンにつながるのか。なんか、貴音をリーダーに指名したのに、実質的には真美がヒロインみたいな感じになってるような気がw

-貴音からのメール「SUBJECT:行く手に希望が!」
・ずっと前の貴音のメールに敗北は人の希望を奪うとあったけど、勝利は人に希望をもたらすんだな。貴音からのメールを読んで、そんなことを思ったよ。

-真美からのメール「SUBJECT:(キスマークっぽい絵文字?)」
・なにもありませんでしたよ?(^ω^)
・あ、また携帯のアイコンがユニットステータスのとこに出てきた。なんぞこれ?

ティラミス・ティアラ-活動17週目
-朝。
・先生、真美のらぶすねが治りません! ボスケテ!
・シナリオスタッフのいじわるとしか思えない朝の声かけで、貴音に今日したいことはあるか?と聞いてみる。すると、私には希望などありません。どのようなことも頂点へ向かうのに大事な仕事ですからと、貴音らしいお言葉。「うん、わかったよ。希望があれば、考えにいれておきたかったんだ」→3人とも笑顔。オッケー!
・Pのセリフによれば、現在ユニットを密着取材してる金丸記者は収入にからむ活動ならギャラ増加させてくれるらしい。ってことは、通常営業とかでもギャラ増加を望めるってことか。

-本日のスケジュール。
・今週はユニットの能力向上と、金丸記者がいるうちにギャラ稼ごうぜ作戦。
・ということで、通常レッスンでもパフェが狙える首都エリアの[ダンスレッスン]と中央エリアの[地方TVのお仕事]で攻めてみるよー! 真美ー、ブーたれても可愛いだけだよー!

-ダンスレッスン。
・結果:パーフェクトレッスン。
・ぐわー、ユニットイメージレベルが上がってるせいか、難易度が結構上がっちゃってる。いきなりテンポが早いぞ。これ以上難易度が上がったら通常レッスンじゃパフェが厳しくなってくるかも……。
・ユニットイメージがLv07:一人前ユニットにUP!

-地方TVのお仕事。
・まだ営業コミュをしたことがない真美をプロデュースだ。先方の住所は石川県……なんだけど、石川ってどこだっけ? 三つには絞れてるんだけど、石川と富山と福井がごっちゃになってれぅ! ヘルプミーぐーぐる先生!
・仕事内容は、バラエティのクイズ番組のアシスタントとのこと。アシスタントなら真美にもできそうかななどと思っていたら、真美が泣き喚きながら戻ってきた。なんでも真美がスタッフから聞いた話によれば、番組の隅っこで笑ってるだけでいいだけのお仕事らしい。それってアシスタントっつうより、ただのギャラリーだろ。アイドルにやらせないで、一般の観覧客にやらせればいいのに。
・真美はそんなのつまんない、クイズに答えたいと駄々をこね、Pは楽そうでいいなと言う。Pェ……
・「アシスタントも楽しいぞ」と適当な話でごまかそうとするとごまかしきれず、アシスタントしてても目立てる方法ってないかな?と真美に聞かれるはめに。
・その後、再び悩ましい三択が出たけれど、真美も納得できてアイドルとしての成長につながりそうな一番いい結果につながる肢をなんとか選べたようだ。
・結果:グッドコミュニケーション。最初の三択がイマイチだったっぽい。

-夜。
・母さん、僕にはもうアイドルたちの感情の揺れが読みきれないんだ。らぶすねでグッドコミュだった真美はなぜか怒った顔をしているし、出発前は笑顔だった貴音と真も怒ってたりしょげてたりするんだ。欧州事情と乙女心事情は複雑怪奇すぎるんだ。
・【どっとっぷTVランキング】MEGARE!/ティラ・ティア92位(→)、迷走Mind/ティラ・ティア87位(↑)、スモスリ/竜宮小町52位(→)
・「じっくり話をする」→「……皆、もうやめてくれ! そうやって、ナイフみたいにとがって、互いを傷つけ合うのは……」 えっと、Pは真面目な気持ちで言ってるんだろうけど、ごめん、ヒロインが喧嘩する男達を止めるセリフみたいで思わず笑っちゃいそうになったw
・「若さの証って言っても、限度があるぞ。まったく、少しは……」→「牛乳を飲めよ」or「俺を見習えよ」or「大人になれよ」 なんでギャグみたいな肢しかないんだよw →地雷くさいけどまた無難な肢で「大人になれよ」→うわ、やっぱり地雷だった。貴音に怒りに触れてたじろぐPがヘタレすぎてwww
・ユニットはガタガタなのに真だけはなぜかコンディション良好。うーん、何が原因だろ。
・見かねた順二朗社長から、再度リーダー変更の提案。すんません、それはできねえのです。Pの内心のつぶやきからするとこれがリーダー変更のラストチャンスみたいだけど、それでもできねえのですよ。
・真美へのファンレター(愛知/明美)。双子のファンからでした。

-順二朗社長からのメール「SUBJECT:【重要】大賞の獲得条件」
・IA大賞の詳細な受賞条件は以下の通り。
・最終審査は54週目に行なわれ、その際に重要視されるのは、ランキングとファンの人数。
・リリース曲のうち1曲でもトップテンに入らないとまず大賞は無い。
・多くのファンの支持が必要。昨年の受賞者は全国合計30万人以上のファンの支持があった。

ティラミス・ティアラ-活動18週目
-朝。
・やった! やったよ! ついに真美のらぶすねが治ったー!! バンザーイ! さらに貴音の小躍り状態もキマシタワー! 今週は貴音がステップを踏んだからダンス週間よー!
・原因を考えてみるに、おそらく先週届いた真美へのファンレターが効いたのかもしれない。あれで真美の機嫌が回復してらぶすねが治ったんじゃないだろうか。んで、真が最近ずっと好調なのも機嫌を損なうきっかけが最近はあまりないのと、ファンレターもよく来るからだろう。ファンレター、大事。
・真のテンションが高いので朝の声かけは真に頼む。真「楽しい仕事ならなんでも……、って、別に辛い仕事でもやりますよ? えり好みはしませんっ!」 おお、頼もしい! 「うん、わかったよ」希望があれば聞いておきたかったんだ。→3人とも笑顔。やったぜ!

-本日のスケジュール。
・貴音の小躍り状態と敏腕記者つきの今の状態を無駄にするわけにはいかない。なので、先週から引き続いて、ダンスレッスンと通常営業の組み合わせでスケジュールを組もう。
・首都エリア[ダンスレッスン]+上方エリア[ささやかなふれあい]でGO!

-ダンスレッスン。
・結果:パーフェクトレッスン。
・些細なミスを連発してフルゲージボーナスまで届かなかった。無念。
・ユニットイメージがLv08:そこそこユニットにUP!

-ささやかなふれあい。
・全員一度ずつ営業をしたので、今週はリーダーの貴音をプロモーション。さてさて。
・営業前のクイズは最も苦手な県のシルエットクイズ。ぐーぐる先生に教えを乞い、和歌山県と正答。
・営業内容は、オムニバス写真集の発売記念企画としての握手会。握手会の前半が終わって戻ってきた貴音はめちゃくちゃ不機嫌そうな顔で戻ってきた。な、なにがございましたか…?
・貴音「どうしたといいますか……。あまりにも無礼な仕打ちに、私、はらわたが煮えくり返る思いですっ!」 おー、めっちゃ怒ってはりますなぁ。とてもじゃないけど、貴音をセリフを聞いたらあずさのハンガリー興隆期の某かんしゃくスルタンを思い出したなんて言える雰囲気じゃないな。はらわた煮えくり返る!
・貴音「プロデューサーっ!!」 ひっひぃぃぃ!!?
・貴音「本日の仕事は、これまでといたしましょう。私は、もう無理ですっ!」 貴音がブチ切れしてる理由はなんだろうか。もしや、お姫ちんのおててペロペロとぬかす紳士でも紛れ込んでたのか。
・貴音の怒りはファンじゃなくて係員に対してだったのか。それもある意味、貴音らしい誤解による。
・後半の部で失敗を挽回しようと貴音を励まし、ファンもスタッフも満足させるにはどうすればよいかと聞かれ、出てきた選択肢が「一度に二人握手しよう」or「時間を延長しよう」or「足でも握手をしよう」。おい、最後の肢は紳士を喜ばすだけじゃないかwww
・時間を延長したらスタッフに負担がかかるし、一度に二人握手ってファンを蔑ろにしてるんじゃ…? うーん。どっちがパフェの道へと通じているのやら。
・結果:ノーマルコミュニケーション。
・無難なとこに落ち着いた選択だったと思うけど、無難だっただけにノーマルコミュって感じか。

-夜。
・うんうん、帰社の挨拶が元気だと嬉しいねえ。
・【どっとっぷTVランキング】MEGARE!/ティラ・ティア92位(→)、迷走Mind/ティラ・ティア87位(→)、スモスリ/竜宮小町52位(→)
・今週のランキングで初めて気づいたのだけれど、ランキングのユニット情報にYボタンのアイコンが出てるユニットって、詳細な紹介をPV付きで見ることができるのね。竜宮小町のスモスリとうちのMEGARE!についてたからPVを見てみた。ゆくゆくはジュピターもランキングに出てきてPVも見られるんだろうなぁ。
・「じっくりと話をする」→真美とじゃんけん→さくっと一発目で負けたっ!
・真のコンディション快調が留まることを知らない。今どんだけテンションが高いんだw
・真美へのファンレター(石川/ゆにぃ)の最後の一文が「くぁwせdrftgyふじこlp」。そういえばどこかのゲームディレクターもライブのパンフレットに寄せたメッセージにこんな文章を書いてたことを思い出す。

-帰り道。
・帰宅途中、明日オフのPの携帯が鳴る。電話番号は順二朗社長のもの。折り入って頼みがあると切り出した社のPへの相談は、明日開催されるエンペラーレコードの創立記念パーティーに765プロを代表して貴音と一緒に出席してきほしいというもの。芸能界の大物もたくさん出席する格式と権威のあるパーディーだそうだ。
・格式と権威のある、ね。そういう場所って黒井社長が好きそうだよねえ。
・話はそれるけれど、月夜を背景に電話で会話してるこのシーン、何気にいい味してると思う。
・翌日、西洋式の超がつくほど格調高いパーティー会場に980円のパーカーでやってきたPの姿が! 馬鹿だろお前!!
・そこへ、普段着姿の貴音がやってきてPを「あなた様」と呼び始める。このような場所で役職名で呼ぶのはどうかと思い、Pの連れとして振舞おうとの貴音の配慮によるものだが、普通にプロデューサーと呼んでも差し支えないと思うのは私だけだろうかw
・貴音の助言を受けて貸衣装に着替えることにしたP。その際、慣れぬ場所に戸惑うPに貴音が渡したのは、謎アイテムの“石”。幼い頃から大切にしているもので、これを持っていると不思議と緊張しないんだとか。これって賢者の石とか、そういう面妖なオチじゃないよね?
・Pが着替えに貴音のそばから離れている間に、非常事態発生。スケベオヤジが1体あらわれた! ワシの前に来て、柔肌を見せろとぬかすスケベオヤジに、貴音の平手打ち!! 激昂したスケベオヤジは悪党台詞を吐いた!
・止めに入ったPにスケベオヤジは権威を振りかざす! 「ワシは、エンペラーレコード代表の大富だ。このパーティーの、主催者だぞっ!」 主催者自らパーティーの席で痴態を犯すとはいただけない!
・Pは三択のうち「貴音に、謝ってください」をつかった! 「貴音のことを知りたければ、貴音たちのCDをお買い上げください」 ギャラリーに効果はバツグンだ! 拍手喝采。
・という経緯で、エンペラーレコードのお偉いさんを敵に回してしまったPと765プロ。よくよく考えてみれば、師社長と電話していたあの時点で、社長がもりもりフラグ立ててたのよね。
・パーティー会場を出て頭を悩ませるPに、本当は心細かったと貴音は本心を明かし、大富とのことのは自ら何とかしますという旨のことを言いかけて、誤魔化すように立ち去ってしまった。そして、貴音に返しそびれた貴音の石は、Pの手の中で音を立てて真っ二つに割れていた……。
・もしかしてこのイベント、フラグの立て方講座とかそういうあれじゃないの?

-貴音からのメール「SUBJECT:言い忘れたことが…。」
・本文にはPへの謝罪と、大富には謝罪文を書いてみるとの旨。そして、ユニットの2人には秘密にしていて欲しいとの頼みが書かれていた。これはまだ一波乱も二波乱もありそうだぞ。ここからが貴音ルートともいうべきシナリオの始まりなのかも……。

ティラミス・ティアラ-活動19週目
━朝━
 攻略法がわかったから、もう朝の挨拶だって怖くないもん!
 貴音にどこか行きたい場所はないかと訊ねると、いつものレッスン場やテレビ局でよいのではないでしょうかとの真面目なお言葉。全員ご機嫌になるタイプA回答キター! 貴音の返事を肯定する選択肢を選んで、見事全員のご機嫌回復! ……なんだけど、なぜか真美はちょっと困ったような笑顔をしてるんだよね。これってどういう状態なの?
 
━スケジュール━
 補正なしの地力のビジュアルが低いから、ビジュアルレッスンに力を入れよう。
 今週は上方エリアの[ちょービジュアルレッスン]+首都エリアの[ボーカルレッスン]!

━ちょービジュアルレッスン━
 ……な、なんだと?
 結果:グッドレッスン。
 苦手にもほどがあるだろ……orz
 リセットしてええええええええええええええええええええええ!!!!

━ボーカルレッスン━
 う、うぅぅ、やっぱり苦手だよぅ!!
 結果:グッドレッスン。
 ユニットイメージがLv09ちょいイケユニットにUP!

━夜━
 嗚呼、今週は散々なレッスン効率だった。素直にダンスレッスンと営業やってりゃよかった。

【どっとっぷTVランキング】
 MEGARE!/ティラ・ティア92位(→)、迷走Mind/ティラ・ティア87位(→)、スモスリ/竜宮小町52位(→)

 「じっくり話をする」を選んだら、貴音たちの余興がキタ。楽勝ゲームいただきマンモス!
 ???「ううう……。私の声、当ててくれないと、穴掘って埋まっちゃいますう~」
 え”?
 いや、あなた、ちょっと待ってくださいよ。
 そりゃあ私は???さんを知ってますよ? でも貴音たちをプロデュースしてるこのPは、まだ???さんにお会いしたことがないんですよ。それなのに当ててくれないと穴を掘るなんて、いくらなんでもそりゃ殺生だろう雪歩オオオオオオォォォ!!!

 選択肢→「Y:真だっ!」「X:真美だっ!」「B:貴音だっ!」

 う”ぇ?

 ちょっ、ちょっ、ちょっと待ってちょっと待って、雪歩の選択肢はドコデスカー!!?
 あ、わかった! わかったぞ! これはあれだな。「選ばない」が正解ってやつだな!
 フハハハハハー! 雪歩破れたりー!!!!
 ……って、あれ?
 なんでタイムアップしたら強制的にYの選択肢を選んだことになってるの?
 真美「も~! 兄ちゃんなら、真美の演技だって、わかってくれると思ったのに……」
 あ~~、な~るほど東芝(´∀`)
 そういえば東北エリアで営業してた時、解答者のモノマネしてたっけ。ごめんよ真美。
 でも、兄ちゃん、あんまりアドリブに強くないんだ。次からは前もって説明してちょ。
 楽勝と舐めてかかったら皆を落胆させちゃったヨ。およよん。

━金丸大蔵からのメール「SUBJECT:金丸の取材は終了します」━
 取材終了のお知らせ。お疲れ様っしたー!

ティラミス・ティアラ-活動20週目
━朝━
 ここ数週間、お陰さまで貴音の小躍り状態が続いております。
 毎週見ても思うのだけど、1人だけ小躍り状態って軽いイジメだよね。しかも貴音って言動が芝居がかってるトコがあるから、余計に他の2人とのギャップが激しいというか、貴音が優雅に大きくアピールしてるのに、真と真美が少し間をおいてから貴音をスルーして普通に挨拶するもんだから、貴音がすごい恥ずかしいヒトになっちゃってるというか。まあ、面白いからいいんですけどw
 真美に調子はどんな感じ?と聞いてみる。
 真美「みんな、メッチャいい感じだよ! そういうわけだから、兄ちゃん、よろ-!!」
 ううぅ…、ちょっと前まで1人だけハブられっ子だったのにこんなに明るくなって。兄ちゃん泣けてきちゃう! 「よし、いい感じだな」、この調子をキープしていこうと皆を励まして、無事皆の機嫌アップ。

━スケジュール━
 さーてさて、今週は何をしようかな。
 真美に安請け合いしちゃった手前、いつも通りってわけにもいかんよな。
 よし、先週爆死したビジュアルレッスンの雪辱戦と初の資金営業だフハハハハー!!
 首都エリア[ビジュアルレッスン]+東北エリア[挨拶回りのお仕事]。
 ちなみに挨拶回りのお仕事はファンが9000人増加する代償として15000マニーのコストを支払います。「清水の舞台から飛び降りるのは構いませんが、半死半生になっては元も子もありませんよ」って貴音が渋い顔してるのが目に浮かぶけど、なんくるないさー!

━ビジュアルレッスン━
 フッ、二度あることは三度あるというではないか。
 結果:グッドレッスン。
 ああ、そうさ。また敗北したとも。限りなくノーマルに近いグッドだったさ。
 もうイヤン(´∀`)SPの頃はヨカッタナー

━挨拶回りのお仕事━
 今回は真にがんばってもらいまーす。へへっ。
 県のシルエットクイズが出たけど「Y:福島」「B:山形」で迷うからぐぐりまーす。へへっ。
 ちなみにぐーぐる先生は攻略サイトじゃないからマイルールに抵触しませーん。へへっ。

 ('A`) くそうぜえ。

 貴音「あの、差し出がましいようですが、その地図の場所は違うと思います」
 へへっ、場所は福島だってぐーぐる先生に教えてもらったのに、間違えてB押しちゃったゼ!
 ぐすっ、ぐすっ、なっ、なんくるないもんっ。なんくるないんだもん。
 場所を間違えたプロデューサーさんは事務所に電話して住所を教えてもらいましたとさ。
 めでたしめでたし。

 で。

 大型CD店に挨拶回りに来たティラミス・ティアラご一行様。
 Pが目を離した隙にアイドルたちがいなくなったと思ったら、鬼ごっこを始めていたでござる。
 え、全員でってことは貴音も混じってるわけ? ちょっとリーダー!!?
 P「い、色々ありえない……! どうせ首謀者は、真なんだろうけど、ここは、ガツンと言ってやらないと!」 ほほう、Pのなかでは信頼度は真美>真なのか。真カワイソス(・ω・`)
 真をガツンと叱るべくその後を追いかけ、真の背後から近づくP。
 服装のせいもあってか、真の体つきが妙に女っぽくなってフェロモンが香ってるような気がする。うーん、私の鼻、おかしくなっちゃったのかしら。
 真「この調子なら、冷蔵庫のケーキはボクのものに」
 あー…、外見が多少変わっても、真は真ですねー。安心しました。
 と、ここで、今回のプロデュースで初となるタッチコミュ発生。タッチする場所を指定して真を捕まえろってことなんだけど、わざわざ背後に回ってタッチってことは、つまりアレかな。尻タッチせよと? 
 いやー、尻をタッチするなら我がユニットには貴音というお尻様がいらっしゃってゲフンゲフン。
 さて、どこをタッチするかな。
 下手なトコをタッチしたら回し蹴りか背負い投げされそうなんだが。どうしたものか。
 よし、決めた。
 なんか一番エロイ捕まえやすそうな横の“腰”でいこう。それがいい、そうしよう。
 
 はい、(腰)ターッチ!

 真「……」

 あれ? たしかに触ったはずなんだけど、もしかして不感sy(略
 真「……い、今、誰かに背中を、さらわれたような……。」
 いやいや、私が触ったのは腰ですから。
 ニコマスで定番の某ちひゃーの胸を背中と間違えるネタの二番煎じは結構っすからwww
 そして、真がお化けに触られたと勘違いしているのに乗じてお化けのフリして真を止めようとしたPでしたが、本気でお化けだと信じた真は脱兎の如く逃げ出し、結局Pは息切れするくらい真を追いかけるハメになったのでした。馬鹿ですねー。
 鬼ごっこの首謀者はPの予想通り真で正解だったらしく、鬼ごっこを始めた理由を聞いてみると、お店に活気がなかったら賑やかにしようと話してるうちに、なんとなく鬼ごっこになってしまったとのこと。うん、まるで意味がわからん。
 ウハっ、真の新モーションって、両手の人差し指をツンツンしながらうなだれて反省するモーションもあるんか。これはカワエエ!
 その後、お店を活気付けようとした真の純粋な気持ちを汲んであげようと、考えを巡らせるP。まあ、アイドルが活気づけることといったらアレしかないわな。「店頭ゲリラライブ」。
 ノリノリの真たちの活躍で店に活気も戻り、担当者からユニットのプッシュの約束もゲット。
 ケガの功名だろうか。結果はノーマルコミュニケーション。
 やっぱ横の腰じゃなくて尻じゃないとダメだったのかなぁ……(´∀`)

━夜━
 ランキングも特に変動はなかったのでカット。
 「じっくりと話をする」をしてみると、貴音たちの余興がまた発生。
 あなたたちも好きねえ。私も(簡単だから)好きだけど。
 ???「うっうー」
 ほほう、再びモノマネできましたか。このたどたどしさと、カワイイものが好きだけど慣れきってないって感じはまさに、「真だっ!」。もちろん正解。ユニットの雰囲気も上々。
 さて、最後にファンレター確認だ。
 おー今週は真美に2通も来てる(山形/VICS,千葉/マミー応援ダンチョー)。すごいな。

関連記事

タグ : アイマス アイマス2 貴音 真美

21:53  |  アイマス2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/130-5b9915c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。