2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.24 (Thu)

【アイマス2】プレイ記録1周目-貴音リーダー編01-

(´∀`) ただいまーノシ
  ('A`)  チョコにジュースにカップラーメンか。随分買い込んできたな。
(´∀`) ハッハッハッ。自分、結構本気っすから。
  ('A`)  この間まで竜宮小町の扱いについて散々文句言ってた野郎の言葉とは思えんな。
(´∀`) いやー、ついさっきまでS4U見てたんだけど、これがみなぎっちゃってね。ステージ上のアイドルたちが可愛すぎて、あずささんのことすっかり忘れてたなんてとてもとても。
  ('A`)  このあずさスキーにあるまじき悪党め。
(´∀`) ちゃうちゃう。悪党とちゃいまっせ。
  ('A`)  なにが違うんだ?
(´∀`) 悪いのは私じゃのうて、アイドルたちを可愛く作りすぎた変態的なアイマススタッフたちが悪いのですよ。おわかり?
  ('A`)  あずささーん。
(´∀`) すんません。悪いのは私でござんした。
  ('A`)  んで、だいぶ悩んでたみたいだが、プロデュースユニットは決まったのか?
(´∀`) うん。とりあえず3周分までのユニットの人選とユニット名を決めたみたよ。

・1周目:ティラミス・ティアラ(貴音L・真・真美)
・2周目:ラピス・ライム(美希L・雪歩・千早)
・3週目:サンデイ・キャンディ(響L・春香・やよい)

  ('A`)  ふーん。プロジェクトフェアリーをリーダーにして1周ずつってとこか。
(´∀`) 特にそれを狙ったわけじゃないんだけどね。あずささんをプロデュースできないとわかったときから1周目は貴音をメインにプロデュースするって決めてたし、美希はあずささんと何か絡みがありそうな気がするからリーダーにしてみようと思って、響はもともとは貴音・真とユニットを組ませてガチ歌唱トリオにしようかと考えてたんだけど、やっぱりどうせならリーダーにしてプロデュースしてみたいなってことで、こういうユニット編成になりマスター。
  ('A`)  ユニット名の微妙さについては触れないでおくとして、
(´∀`) ありがとうございます。
  ('A`)  プロデュースをするにあたって縛りとかは設けないのか?
(´∀`) 一応いくつかマイルールがあるよん。

1.バッドコミュやバッドレッスンでもリセット禁止。結果をそのまま受け入れる。
2.レッスンのポーズプレイはOK。ポーズなしとかマジ無理ゲー。
3.対竜宮小町戦では本気で勝ちに参る。竜宮小町見たさにわざと負けちゃダメ。絶対。
4.転んでも泣かない。たとえ何があってもプロデュースを放り出さない。
5.プロデュース終了までリーダーの変更禁止。心中する覚悟でリーダーと頑張る。
6.3周するまで攻略系サイト・スレの閲覧禁止。手探りでアイマス2を楽しもう。

(´∀`) だいたいこんなとこかな。
  ('A`)  なんつうか、これって縛りというか指針みたいなもんだな。
(´∀`) そうそう、そんな感じそんな感じ。
 ('A`) んじゃ、早速プロデュースいってみるか。
(´∀`) あいあい。おおよそ10週を目安に、プレイ記録を更新していきますヨー。

プロデュース前の準備
・予約特典の『Little Match Girl』ダウンロード。
・期間限無料配信の衣装『ザベストスクールメイト』ダウンロード。
・エクステンド衣装『スノーフレークリリパット』購入(1000ゲイツ)。
・『貴音のメール』『真のメール』『真美のメール』購入(各200ゲイツ)。

(´∀`) ちゃちゃっと欲しいのだけ買ってみたよ。
  ('A`)  かくしてアイドルたちに貢ぐ歩く財布が生まれけり。

ティラミス・ティアラ-活動1週目
 プロデュース開始早々現れたのは、意外や意外。なんと真美。
 珍妙なペンギンの歌を歌いながらやけにジャングルチックな小道を向こうから歩いてくる。段々近づいてくると姿が大きくなって、すれ違いざまにはドアップになった。さすがアイマス2やなーと地味にびっくり。
 真美がペンギンのDVDを貸した相手って美希だろうか。2の美希も鳥を見るのが好きなのかな。ペンギンのDVDはつまんなかったみたいだけども。
 765プロに着くと早速新社長の高木順二朗が登場。
 社長の声も違ければ、事務所の聞きなれたBGMもアレンジされてライトな仕上がり。やっぱりアイマス2なんだなーと変なトコで関心しきり。
 社長との挨拶も済んで、アイドル選択。
 おおー、選択するにあたって各アイドルたちのプロフィール動画が見れるのね。足元から撫でるように映してるのがなかなかエロイ。ほほーん、やよいのプロフィール動画を見るに、これを撮影したのはピヨちゃんか。さすが万能事務員w
 貴音の喋り方、仕草がますます時代がかるというか芝居がかっててちょっと笑ってしまった。こりゃ貴音に怒られる。お次は真美のプロフィール。アイマス2の世界でも亜美と真美は二人一役でアイドルやってたのね。そんでぼかしてはいるけれど亜美が竜宮小町入りしたもんだから、フリーダムになってしまったと。
 美希の冒頭の「はいなの!」に不覚にも死んだw
 真の本格的な蹴りにも別の意味で死にマスター。2のモーション、本当すごいわ。
 一通り全員のプロフィールを見てから、予定通り貴音を選択。
 桜を見に行ったらしい貴音を迎えにれっつらごー。
 って、うっわー。
 この遭遇シーンやばいわ。こんなん初めて見たら惚れてしまうジャマイカ!
 桜の花びらが視界を塞いだと思ったら、色鮮やかな桜をバックに貴音の後ろ姿。
 いやーもう、美しいのなんの。この世離れした美しさを初っ端から見せ付けられるとは思わなんだ。これを運命の出逢いかと聞かれたら、思わず首を縦に振ってしまいそうになるね。
 で、出た。
 アイマス名物のナンパ野郎の勘違いwww
 ナンパを否定したら「へんたい」ってオイイィィィ、誰だ貴音にそんなこと教えたのは! さてはいおりんか!? 亜美真美か!?
 
 貴音との会話で気になったこと。
 Pは貴音に対しては「四条さん」で敬語を使うのね。初めて会ったばかりだからかな。しばらく話を進めていけば、いずれはもっと砕けた話し方になるんかな。
 
 スケジュール決めになって、チュートリアルピヨちゃん登場。
 小鳥姉さん、最初からエンジン飛ばしすぎじゃねーですかい?
 そんでもって説明の中身の容量があっしにはちとオーバーフローでござんす。
 まあ、習うより慣れでやんすな。
 ちゅうことで、[ボーカルレッスン][はじめてのお仕事]行ってみましょー。

-ボーカルレッスン。
・貴音のヨガウェア姿は妙にエロイ。
・どこにでも現れる事務員のピヨちゃん。さてはお主、ニンジャか?
・あれ…? もしかして、レッスン中はポーズできないっぽい? やべー!!
・あえなく二度、三度、四度とトチる。結果:グッドレッスン

-はじめてのお仕事。
・内容はデモテープ録り。
・横文字系現代語がやっぱり苦手っぽいお姫ちん。
・……って、デモ曲って、ふるふるフューチャーかいぃぃ!!?
・選択肢:歌が気に入りました?→恋してるの意味。結果:グッドコミュ

-営業終了後。
・呼び方が「貴音」に、敬語も終了のお知らせ。
・高木順一朗前社長から順二朗宛に謎の絵葉書来る。従兄弟なのに入れ替わってもバレない程度のそっくり加減。入れ替わりで社長をやってたとかなんとかって、それなんていう双海姉妹?
・順二朗→順一朗「順一ちゃん」、順一朗→順二朗「順二ちゃん」
・順一朗退任の理由=ハワイで日焼け三昧したかったから。おい社長wwwww
・順二朗に新社長就任を打診する前にりっちゃんに打診してただと? おい社長wwwww
・子どもの頃から入れ替わってたらしい順一朗と順二朗。黒井社長と揉めてたのはもっぱら順二朗らしい。ああ、こりゃ順二朗もダメ社長かもしれんねw

-貴音からのメール。
・写メ添付つきメールを作成するのに1時間かかったとのこと。
・いかにも不慣れそうな貴音の自己撮りにぷっと吹き出すw

-順二朗社長からのメール。
・最初のファン第一号はやっぱりプロデューサーであった。善き哉善き哉。

  ('A`)  一週目でこの長文ってやばくね?
(´∀`) 問題ない。そのうち面倒臭くなって簡素になるはずDADADA!

ティラミス・ティアラ-活動2週目
・なんかの実績が解除されたっぽい。
・無茶振りは高木家のお家芸なのか? いきなり順二朗社長から残りの2人を選んで、トリオユニットをプロデュースを命じられる。
・なんでもソロでは芽が出なかったから、トリオなら秘めたる能力を開花させてくれるだろうとのこと。そんな数打ちゃ当たる的な発想で大丈夫か?
・ということで、残りのユニットメンバーに真と真美を選択。
・そしたら順二朗社長に「ええっ!?」とドン引きっぽい驚き方をされる。このユニットは、斬新、いや新しい発想だよ!だって。褒められているのかどうかよくわからない。

-ユニット顔合わせ。
・ユニットの三人を会議室に集めて、Pと初の顔合わせ。
・真からのリーダー貴音への評価。「えっ、貴音がリーダー? うわー、これは気合いれないと、ボクなんて、かすんじゃうなぁ……」 どうやら貴音の存在感に少しプレッシャーを感じちゃってる様子。ていうか、真は貴音って呼び捨てで呼んでるんだね。たま、覚えた。
・真美からのリーダー貴音への評価。「おお、リーダーがお姫ちんとは、兄ちゃんも、なかなか見所があると見たっ!!」 こちらは大好評。お姫ちん呼びは相変わらずみたい。

-ユニット名決定。
・【ティラミス・ティアラ】と名づける。3人のイメージを足して3で割ったらティラミスが浮かんだので。ティアラはティラミスとの語感と、リーダーの貴音の王女っぽさをイメージして。

(´∀`) ファンからはティラティアって愛称で呼ばれたらいいなっていう妄想。
  ('A`)  はいはい、自己満乙。

-本日の活動。
・小鳥さんの勧めに従って[ちょーダンスレッスン]と[ビジュアルレッスン]を選択。
・[ビジュアルレッスン]が首都エリアなのに、[ちょーダンスレッスン]が上方エリアとか何事…? うわー、ちょーダンスレッスン、マニーコストもお高いわー。
・万能事務員ピヨちゃん、本日はステージ衣装を用意してくれました。やりおるな。なのに口を開けば「日々是妄想」とか「一日の八割の楽しみが妄想」とか、残念ぶりにまで磨きがかかっておられる。やりおるな。
・衣装は能力値が均等になるように《服:ダリアノワール》《頭:ハイビスカス》《体:ねこしっぽ》《腕:765リストバンド》《足:うさアンクル》をチョイス。
・衣装決定後のお披露目シーン、良いですなあ。ニヤっとしちゃうNE!

-ビジュアルレッスン。
・初めての三人での合同レッスンということで真が興奮してはしゃいでる。Pの不在期間のソロでのレッスンがどんなに寂しいものだったのか…、ちょっぴりほろり。真美も真に負けじと大張り切り。リーダーの貴音も二人の様子に嬉しそうだ。これはパフェを狙うしかないっしょ!
・そして突如現れるチュートリアルピヨちゃん。前回は後をつけてきて、今回は先回りっすかw
・あれ? SPと微妙に仕様が違うのん? ボタン押しっぱじゃダメで、パネルを捕まえるときにボタン押さなきゃダメなのか。うわー面倒!!
・結果:グッドレッスン。パフェ無理っした。スンマセン。

-ちょーダンスレッスン。
・呼びもしないないのにチュートリアルピヨちゃん三度登場! 毎度お疲れ様っす。
・なんというテンポゲー。リズム感のない私は説明を聞いただけでぶるってしまった。やべー、これはマジやべーっす。どうすんのよ、このレッスン!?
・結果:ゲージ満タンのパーフェクトレッスン。
・ちょーダンスレッスンの長いレッスン時間に助けられた気がする。でも、レッスン中、うまく波に乗ると真と真美がハイテンションに喋って貴音がおしとやかに楽しそうに喋るのが、なんか聞いてて微笑ましい。もしかしたら、やってて一番楽しいレッスンかも。
・イメージレベルがLv.01タマゴユニット→Lv.02ヒヨコユニットにUP。

-レッスン後。
・真が一人で活動していた時の悔しい思いを話してくれた。またウルっとくる。
・真美も亜美と二人で活動してた時の思い出を語ってくれました。
・リーダーの貴音にも感想を求めると、一人の時よりも得る物が多かったようで何より。
・このユニット、大切に育てていきたいなと思いました。

-順二朗社長からのアドバイス。
・活動上重要になる楽曲の売上は、ファンの人数や注目度が影響する。
・地味な営業やレッスンだけではファンの人数や注目度は上昇しにくい。各活動の特性を考えてプロデュース計画を練るべし。例えば、オーディションは注目度があがりやすく、フェスやライブはファンが増えやすい。ライブは開催するのにマニーコストがかかる。フェスはマニーコストがかからず、主催から報酬も支払われる。ただし、フェスはライバルも参加してるためファンの関心が分散しがちで楽曲スコアがあがりにくくステージを成功させにくいというデメリットがある。全国オーディションは全国の注目度があがる。
・割と重要なアドバイスだった。ろくでもない内容じゃないだろうなと疑ってスンマセンでした。

-貴音からのメール「SUBJECT:私が、リーダー…?」
・大丈夫、貴音はこのユニットのリーダーとして適任ですよ。

-真からのメール「SUBJECT:ガンバるぞーっ!!」
・「リーダーを助けて、いい結果が出せるように、ボク、ガンバりますから!」という一文がとても心強い。でも、「ボクも女の子ですから、ヘコんじゃってる時とかには、優しくはげましてもらえたりすると、うれしいかな~、なんて!へへっ」というところは真らしいw
・こちらこそよろしく、真!
・……握り拳全開の自撮り写メって乙女としてどうなんだろうかw

-真美からのメール「SUBJECT:4649(ピースの絵文字)」
・ノーベル真美賞をいただきました。もっと褒めてください。
・名刺代わりの自撮り写メをもらった。タイマーで撮ったのかな。三人の中で一番撮りなれてる印象。

-順二朗社長からのメール「SUBJECT:スケジュールについて」
・ファンを重点的に増やしたい→フェス,ライブ
・注目度を重点的に増やしたい→エリアオーディション,資金営業
・全エリアのファンや注目度を上げたい→全国オーディション
・マニーを増やしたい→通常営業
・意外と順二朗社長が役に立っている……と言ったら失礼だろうかw

  ('A`)  ボーカルレッスンとビジュアルレッスンでパフェ取れなかったくせに、なに一丁前にプロデューサー風吹かせてんだ。
(´∀`) それを言われちゃうと困るんだけど、いやー、今週のダンスレッスンの風景見てたらさ、思ったのよ。たしかに貴音・真・真美のユニットは順二朗社長のコメントの通り、一見ちぐはぐなユニットではあるんだけど、なんちゅうか彼女たちのキャラクターはうまく噛みあってるなって。真と真美が元気を炸裂させて、穏やかな貴音がユニット全体をまとめる。結構、理想的なユニットなんじゃないかな。
  ('A`)  理想的かどうかは今後のプロデュース次第な気もするがな。
(´∀`) ガンバリマスヨー。

ティラミス・ティアラ-活動3週目
・今週は先週社長に指示された通り、全国オーディションを受けますよー。
・おおっ、今日はりっちゃんが出社してくるらしい。律子先輩に忘れずに挨拶せな。
・社長との会話に竜宮小町の話題が出てきた。竜宮小町のメンバーやその人気、りっちゃんが元はアイドルだったこと、竜宮小町の亜美が真美の双子の妹であること、などなど。どうやら社長も亜美と真美が別々にアイドル活動をするようになったのか知らないらしい。はてさて。

・い、いおりんキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
・うわー、いおりん見事に猫なで声で猫までかぶってらw
・あ、あずささあああああああ(´∀`)あああああああああああああんん!!!

  ('A`)  わかってたけどうるせえよ。
(´∀`) うふふ、これが叫ばずにいられましょうか。いられましょうか。
  ('A`)  馬鹿はほっといて、やっと1thPVで公開されたあずささんがPを新人のアイドルと勘違いするシーンが出てきたな。
(´∀`) あずささんが勘違いをしてる時のいおりんの「こりゃダメだ」の表情がイイよね。亜美が横手から入ってきて、アイドルじゃないっしょって指摘した時のあずささんの「え、そうなの?」みたいな顔も地味によいよい。
  ('A`)  あとはあずささんと亜美がボケ合戦を繰り広げてる時の、伊織がうさちゃんの頭をナデナデしてるモーションも見逃しちゃダメだな。

・で、ラストでりっちゃんもやってきて、ついにチーム竜宮小町揃い踏み!
・亜美を軽くはたいてツッコミ入れるりっちゃんが、まるでおかんみたいだワ。
・去り際、こちらに深々と一礼して足しさるあずささん、マジおしとやか!
・律子「私がアイドルだった頃は、もうちょっとマシだったと思うんだけど」
・いおりんも亜美もあずささんも、それだけりっちゃんを信頼してるってことだよね。

-朝の挨拶。
・竜宮小町が去った後、貴音たちがやって来た。挨拶が終わると、メンバー間で軽いやり取りが。おおー、なんか貴音にリーダーの風格があるような気がするぞ。

-デビュー曲選択。
・全国オーディションに参加するために、ピヨちゃんの出社を待って曲を決める。今回はいきなり現れたりしないんですねチュートリアルピヨちゃんw
・ピヨちゃんの説明によると、曲の発表とCDリリースの時期には4週のズレがあるみたい。そのズレの間にどれだけ多くの人にアピールできたかが、リリース時の売上に大きく影響するとのこと。多くの人にアピールする=オーディション・ライブ・フェスのいずれかで良い結果を出す。
・リリース週を含めた4週が最も売上が伸びる時期。この時期に新曲発表は厳禁。
・2曲目発表以後、前回の楽曲を再プロデュースすることが可能で、そうすることで予想外の反応があることもあるっぽい。ふーむ、一度試してみたいな。
・デビュー曲には『MEGARE!』をチョイスしてみた。ビジュアル重視のパラになった。

-全国オーディション【THE DEBUT】(場所:さくらテレビ)
・オーディション参加前に衣装変更。凹んでいたボーカルをあげるべく、腕のアクセを変更。《服:ダリアノワール》《頭:ハイビスカス》《体:ねこしっぽ》《腕:天使の腕輪》《足:うさアンクル》をチョイス。
・うおっ、真美がいきなりアクセが変わったねーって喋った。貴音と真もその感想を言うし、2は結構細かい変化にも反応するのねえ。
・オーディションが始まるまでの流れもだいぶ手が込んでるなあ。番組ディレクターが出てきて、その番組にあと何組必要としているか、番組がどのようなイメージを求めているか話してくれる。今回は、既成概念を打ち破る超新星……って、ボーカルとかビジュアルとかじゃないのね。
・オーディンション開始前の口ぱくクイズ、見事にハズレ。正解は「ターッチ!」って、ちょっ口動かしまくってたじゃん! そんなん、わっかんねーですよ!
・オーディションのポイントをおさらいしようとしたら、小鳥さんが徹夜でまとめたオーディション必勝メモを持ってきてくれた。万能すぎるぜピヨちゃん!

(ティラミス・ティアラオーディション中……)

・結果:失敗……(4位/30組中)

  ('A`)  え、新人の登竜門でいきなり躓くとか何事?
(´∀`) 貴音に真に真美、マジごめん、ホントごめん。こんなハズでは……
  ('A`)  お前、ちょっとBAD連発しすぎだろ。挙句にパニクって思い出まで誤爆するとか、なんてザマなの? プロデューサー変更したほうがいいんじゃない?
(´∀`) 誰か穴に私を埋めて……!

・結果は失敗だったけど、ディレクターがうちのユニットにティンとくるものがあったらしく、特別に合格させてくれました。オーディション開始前に番組が求めるイメージで「既成概念を打ち破る超新星」って言ってたのはこういうことだったのね。実力で落ちてもフォローがありますよと。なるほど。
・久しぶりのテレビ出演でうまくできたか不安だという貴音と話してたら、貴音の後方からなんかデカいやつが来た……ッ!
・ゲゲーッ!じゅ、ジュピター!!?(冬馬)
・中央の貴音を突き飛ばすかと思いきや、こちらの会話が一区切りつくまで律儀に待ってる冬馬に笑ったw すでにSSで公開されてた通り、邪魔だからどけと怒る冬馬。はわわ、どうなるのと思ってたら、貴音が逆に礼儀をわきまえなさいと一喝! お姫ちんパねえ! んで、貴音に歯向かわれた冬馬は不愉快な女だと言い捨てて、貴音と真美の間をすり抜けて行ってしまった。この間、真は真美はどうしてたかというと、驚く素振りもなく、「誰、こいつ?」みたいな顔で横目で冬馬と貴音を見てただけという。物怖じしないな、このユニットw

  ('A`)  一番頼りないのがプロデューサーとかマジお㍗る。
(´∀`) デスヨネー。

・オーディション特別合格によって、ファンが各エリア約245人ずつ増え、全国合計で1501人増。報酬も3000マニーほど貰えた。これ、ちゃんと実力で通ってたらもっと多かったんだろうなぁ。うぅぅ、悔いが残る。

-オーディション終了後。
・お、オーディションから事務所に帰るとちゃんと皆、帰社の挨拶するんだ。いいねえ。
・労いの言葉の後、社長が何やら真剣な口調で話を切り出した。それに対する真と貴音のリアクションが結構ひどいw 社長の話は、1年後に発表されるアイドルアカデミー大賞について。「1年以内にIA大賞を獲得するという強い決意を持って、活動して欲しいのだよ」と。
・選択肢「俺たちなら、できます」 貴音はきりりと、真も笑顔で聞いてるのに、なぜだか真美だけずっとキョトンとした表情。あるぇ?
・IA大賞を獲得するためには、40週目までに有力なアイドルになって、ノミネートされる必要があり。そのための当面の目標として、りっちゃん率いる竜宮小町に勝つ事を掲げてはと社長から提案された。あー、なるほど。竜宮小町はアイマス2ではそういう役回りを与えられたユニットだったのか。うーん。
・真美、亜美に対してライバル心メラメラ。
・IA大賞に臨むにあたって961プロには気をつけろとのこと。というのも、順二朗社長は黒井社長と因縁浅からぬ仲であり、若かりし頃はプロデューサーとして張り合い、今は社長としてライバル関係にあるからだと。SPでは順一朗で、2ではお前か順二朗ェ……
・IA大賞に優勝した暁には、主催からなぜかプロデューサーに一年間のハリウッド研修派遣という賞品が授与されるらしい。なんで?

ティラミス・ティアラ-活動4週目
・冒頭の朝っぱらから、いおりんの絶対領域をやけにクローズアップしたカットから開幕。これなんてご褒美? いおりんはりっちゃんの人づかいの荒さにプリプリ、ご機嫌ナナメリングのご様子。
・「伊織ちゃん」と気安く呼んだら、はい、一発目の「キモっ!」を頂きましたッ!
・1stPVでのいおりんにパシリを命じられるシーンがキマシタワー!!
・不思議と嫌じゃない……って、このP、いおりんの担当Pでもないのに始まってやがるw
・自動販売機でタッチの練習ですよー。なんぞー。
・ホットコーヒーを少しこぼしたらいおりんが火傷の心配をしてくれた。そう言ったら、「変態、ド変態、変態大人!」のフルコースをご馳走になった。ご馳走様です。

-朝の挨拶。
・ユニットの状態はまずまず。一人に対する声かけはリーダーの貴音を選択。
・何がしたい?と訊ねてみると、ストイックな答えが返ってきた。それに対して選択肢「うん、考えとくよ」と返答。皆の表情が明るいので仲が良い証拠かなとPが言うと、そうだよと皆嬉しそうに答えてくれた。ああ、このまま順調にいきたいものだ。ギスギスは勘弁でござる。

-本日の活動。
・どうやらチュートリアル期間が終わったみたいで、今週は活動を自由に選べる。
・各地とも仕事が盛り沢山。オーディションもたくさんあるけど、とりあえず首都エリアの[ボーカルレッスン]と上方エリアの[ちょーダンスレッスン]で能力底上げを図ってみる。
・およ? オーディションでもないのに、出発前に衣装の変更できるんだ。ほほう。

-ボーカルレッスン。
・結果:グッドレッスン。前回よりもマシだけどまたグッドかぃぃ!

-ちょーダンスレッスン。
・結果:パーフェクトレッスン。ユニットイメージがLv.3:半人前ユニットにUP。

-夜。
・選択肢「じっくり話をする」を選んでみたら、話の流れでジャンケンをすることに。しかも、わざと負けてアイドルの自信を高めようというという、どう考えても失敗フラグの浅はかなアイディア。ああん。
・ジャンケンの相手に真美を指名。二度連続あいこの末、うまく負けられた。よしよし。
・貴音が夜鳴きそばでも食したい気分だと申しておられる。食欲旺盛確認!
・初のファンレターが貴音宛に来た。ユニットじゃなく、ユニットのメンバー宛に来るのかー。ちなみにファンレターの差出人は(石川/なっちゃん)。

-社長からのメール「SUBJECT:IA大賞と部門賞」
・社長からまたもや役に立ちそうなメール。
・IA大賞には、大賞のほかに部門賞という首都エリア以外のエリアで特に活躍したユニットに贈られる賞があるらしい。
・受賞条件は、各エリアの特別なフェスに勝利すること。そのフェスへの参加条件は、最低条件としてIA大賞にノミネートされていること、各エリアに10万人以上のファンがいること、かつランキングチャートの最高順位が20位以内になること。
・まずは36週目までにランキング20位以内に入ることを目指して頑張れ、とのこと。
・オラ、なんだか頭の中がごっちゃごちゃになってきたぞ!

ティラミス・ティアラ-活動5週目
・ユニットに異常はなし!
・……だったのだけれど、朝の挨拶に思わぬ波乱が潜んでおったでござる。

-朝の挨拶。
・今週は真に意気込みを語ってもらうことに。なのに、Pが「最近、雰囲気が変わったな」と斜め上の問いかけを真にしおった。その問いかけでどうやって意気込みを語るよう仕向けるのさー? しかし斜め上はこれだけに留まらなかった。
・どうしてボクたちの誰かが朝シャンしてないことに気がついたんですか、と真が訊いて来る。思わず思考停止。意気込みを聞くはずがどうしてこんなことに…? しかも選択肢が出てきおったので、そんなこといいじゃないか、と答えたら、真美が「えええぇぇ!?」と悲鳴をあげるわ、貴音は「それは…!」と眉をひそめるわ、真は笑顔でガッツポーズするわ、私一人だけ理解不能の境地に立たされる。つまりこれってどういう意味なの?

-本日の活動。
・西エリアのフェス『ミート・ミー』。難易度1、ファン人数3000人、ギャラ2000マニー、ライバルたちはあまり思い出を持っていないとのこと。勝ち目はある、かな…? うっしゃ、当たって砕けろ!
・気分転換に衣装変更。《服:パウダースノーホワイティ》《頭:ストローテンガロン》《体:銀のペンダント》《腕:ひまわりの腕輪》《足:蝶のアンクル》。ダンスがやや凹んだ平均型のパラに。
・やー、アイドルたちが選んだ衣装を着てみせてくれるシーンはやっぱいいねえ。
・フェス前の口ぱくクイズ、見事にハズレ。ファイト、オー!だったか……。
・西エリアまでフェスの必勝メモを届けてくれる小鳥さん、マジ名サポーター!……と感心してたら、渡されたのは人には見せられない妄想メモでござった。小鳥さんの悲鳴はかわいいのう。また鳴かせてみたいなどと不埒な事を考えつつ必勝メモを読み、いざ勝負のステージへ。

(ティラミス・ティアラフェス対戦中……)

・結果:敗北(対戦ライバル:猫メガネ)

  ('A`)  ……まともにジャストアピールできず、バーストアピールも上手く機能してないのにフェスは早すぎるだろ。おまけにライバルのバーストアピールまで喰らっちゃ。
(´∀`) ううぅ…、しばらくはライブでアピールの練習したほうがいいかなぁ。

・敗北したけれど、ファン人数も増えてギャラも貰えた。敗北するとまったく無意味というわけではもないらしい。けれど、ユニットの空気が心配だ。だ、大丈夫なのか…?

-夜。
・ユニットの様子はいつもと変わらない、みたいだ。ほっと一安心。
・また選択肢が出てきたので、「じっくり語る」を選ぶ。すると、貴音が私たちの余興に付き合ってくださいませ、と微笑を浮かべる。な、なんか怖いんですけどっ。これから何が始まるんです?
・いきなり部屋の電気が消えて、貴音と真美が「誰が、いなくなったでしょう?」と聞いてきた。まさか引っ掛けじゃあるまいなとビクビクしつつ、フツーに「真だっ!」を選んでみる。正解だった。ユニットの雰囲気も盛り上がってるみたいで何よりでございます。あぁもう、心臓に悪いっす。
・貴音宛のファンレター(岩手/ジョン太郎)が来た。もしかしてリーダーだけに来るのかな。

-貴音からのメール「SUBJECT:勝利を信じたいです」
・「あとどれくらいの数、このような挫折を味わえば、頂点に手が届くのでしょう…?」と切り出されたメールは、貴音らしくもあり貴音らしくもない弱音を吐露した内容だった。「プロデューサー、敗北は、人の心から希望を奪います」との一文が胸を抉る。きつい。勝たねば。

関連記事

タグ : アイマス アイマス2 貴音 真美

17:15  |  アイマス2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/127-db8e8eb0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。