2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.19 (Sun)

【アイマス紙芝居】聖夜前のこころのお洗濯

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。04

【手描きアイマス】たからものをあなたに。まごころを、きみに。
[備前焼P&弓削P/アイマス紙芝居/伊織・やよい・あずさ]


 pixivでもブクマさせていただいた備前焼さんの心温まる縦長物語を弓削Pが動画化!
 備前焼さんのぬくもりあるストーリーとやわらかで可愛いタッチの絵。
 それらの魅力を動画という形で十二分に伝える弓削Pの編集技量とセンス。
 ストーリーに沿った絵の動き、ページをめくったりスライドさせたりするシーンの切り替え、BGMとSE、弓削Pの作品によく見られるようなセリフの出し方などなど。
 縦長物語の雰囲気そのままに動画ならではの楽しさも詰まっているこの物語を味あわないというのは、正直もったいない!

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。01

 物語の内容を簡単に紹介すると、765幼稚園の園児である伊織とやよいがあずさ先生の提案でクリスマスの日に大切なものをお互いにプレゼントをするというお話です。
 伊織がやよいにプレゼントするのは数多く持っているうさぎのぬいぐるみのうちの一匹、「さいありーず」。右目に垂らした前髪がちょっとキザなうさちゃんです。

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。02
 
 一方のやよいが用意したのは、今までずーっと大事にとっておいた「いちばんだいじなの」。しかも、それを惜しみなく全部伊織にプレゼント。かわいいうさたんをプレゼントしてくれるいおいちゃんに対してできる、やよいなりの精一杯の気持ちでした。
 この後、ふたりとも笑顔でめでたしめでたしとなればよいのですが……、雷が鳴って、雨が降り出してしまいました。
 ふたりとも楽しみにしていた、ふたりだけのクリスマスプレゼント交換会。
 雨が降れば地面も固まるし、晴れになればタニシ虹もできる。
 伊織とやよい。
 ふたりが相手からプレゼントしてもらったものは、目に見えるうさちゃんたちだけではないのかもしれません。きっとそれは幼稚園を卒園した今もお互いにとって一番大切なたからものであるに違いありません。

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。03

 そして、この物語に登場するもう一人のキャラクター、あずさ先生。
 彼女の子どもへの接し方を見ていると、教えることにも叱ることにも相手への思いやりが必要なんだと気づかされます。「叱る」と「怒る」の違いはなんなのか。子どもに大切なことを教えることの難しさ。
 この物語に再び触れて、そんなことを思いました。
 目前にひかえた聖夜の前に、ちょっと心のお洗濯なんてDo-Dai?

 話は少し変わって、備前焼さんの縦長アイマス物語といえば――
 あずさスキーに是非おすすめしたい作品がひとつあります。
 それはこちら。


 タイトルはずばり『俺の嫁たちは七代先まで幸せであれ』。
 読み返すたびに、あずささんは何十年たってもあずささんだなあとか、あずささんの遺伝子は優秀だなあとか、長生きせなあかんなあとか、そんなことを思います。
 
 あと、お年をめしたあずささんつながりでこちらのPVもどうでしょう。
 今年のあずささん誕生祭にアップされた赤ペンP&VAS-SPの作品です。

アイドルマスター あなたと出逢えて、うんと幸せ。
[赤ペンP&VAN-SP/PV/あずさ]


 なんかもうね、赤ペンP×VAN-Sさん×あずささんの組み合わせは私的になんかズルいというか反則というかそういうものなんですが、マイリストと20選の一席を用意しておけと言われているのに等しいのであります。ええ、もちろんちゃんと用意してありますがなんくるないゼ。
 
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。01
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。02

 幾年重ねても美しく、愛しい人よ。
 今年はアイマス本陣とその周囲でさまざまあり、私もご多分に漏れず、悲喜こもごもやっておりましたが、このPVを見るにつけ「何年たっても変わらずにあずさスキーでありたいな」と思います。
 心が風邪をひきかけたときに見る赤ペンPのPVはじんわり効きますわぁ。

 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。03
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。04
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。05
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。06
 ▲[3:30-3:31]お気に入りのワンシーンです。
 右からスッと入ってきて途中で減速してまた消える袴姿のあずささん。
 この時、あずささんの顔は見えませんが、その分意識が体の動きに集中してくれる効果があり、このシーンのあずささんの体の動きにぐっときました。
 あずささんを象徴する衣装としてミニウェディングがありますが、実はハカマグラデュエーションも短大を卒業したばかりのあずささんを象徴する衣装です。
 そして、そんな衣装を着たあずささんがスッと横切るこのシーンはまるで、20才のあずささんがプロデューサーと共に“今”のこの瞬間を駆け抜けているのを象徴しているかのようでもあり……
 あまり目立たないほんの一瞬のシーンですが、すごく味のある良シーンだと思います。

(´∀`) あっ。
  ('A`)  どした?
(´∀`) 赤ペンPのPVじゃ幼稚園児のあずささんが先生に叱られてるカットがあったなーと。
  ('A`)  お、そういえばあったな。備前焼Pの紙芝居とちょうど逆のパターンか。
(´∀`) 若干こじつけチックだけど面白い偶然だねえ。
  ('A`)  だなあ。

関連記事

タグ : ニコマス アイマス紙芝居 伊織 やよい あずさ PV 【PV】あずさソロ

11:23  |  アイマス紙芝居  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamagusa.blog99.fc2.com/tb.php/116-a6eeed36

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。