2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.30 (Wed)

【アイマス×サモナイ3】アズサ先生の召喚獣その3:ノノワさん

 アズサ先生の召喚獣第3弾は、ののワさん×タケシーでノノワさん。
 ののワさんだー。
 ののワサンダー!
 ……配役の理由はそんなとこですハイ。
 なんとなく似合いそうな気がしたので、ブラッドシールドも装備してもらいました。

 066アイマス×サモナイ3_01ノノワ
 のヮの < Do-dai?

 066アイマス×サモナイ3_02ノノワ
 のヮの < ……。

スポンサーサイト

タグ : アイマス ののワさん

07:04  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.28 (Mon)

【アイマス2】プレイ記録1周目-貴音リーダー編26-

あずさ・貴音 Shiny Smile



 キャー生徒会長様ー! 副会長様ー!
 野太い黄色い声援もやむなしのむらたまです。
 あずたか×シャニスマ×ラフタイムスクール×キュンキュンメガネ。
 げに真、素晴らしい。
 あずささんと貴音、どっちが生徒会長でどっちが副会長でもシチュ的においしいですね。
 ここのところ、ニコマスでも「あずたか」タグが地味に増えつつあるんで、この調子であずささんの定番デュオの一つとしてあずまこやあずちはに並ぶくらいあずたかが定着してくれればいいなと思います。
 あずたか時代よ来たれ!

ティラミス・ティアラ-活動52週目
━朝━
 ラフタイムスクールとキュンキュンメガネをゲットして、S4U!であずたかにDo-daiを歌わせてあげたいものだ……などと空想に浸りながら久々に事務所に出勤。
 プロデュースのペースがどんなに遅くても、発売日から1ヶ月以内には1周目をクリアできるだろうと思っていたのですが、気のせいでした
 ツイッター等で9周目終了だの全員のトゥルーエンドを見ただの、初回の竜宮小町戦撃破だのの報告をよく目にするというのに、発売日からプレイしているにも関わらずまだ1周目も終わらないとか、我ながらどんだけ超低速なのかと。
 この分だと全員のプロデュースを終わらせるのに1年くらいかかりそうな気がします。
 まあ、その前に飽きてしまう恐れがあrげふんげふん。
 それはさておき。
 数日ぶりのティラミス・ティアラのプロデュースですヨ。
 おはよう、真美。今日、何かしたいことってある?

 真美「真美、もっと面白いこと、いっぱいやりたーい! だから、もっとエラいアイドルになりたいな!」

 朝っぱらから泣かせてくれるじゃないの。
 真美の口からやる気マンマンなセリフを聞かされるだけで、なんだかジーンとしてしまうのはなぜだろう。やっぱうちのティラミス・ティアラは最高や。
 3人の仲もよろしく、みんな笑顔。
 朝の挨拶もすがすがしく終わらせることができたし、今週は好発進の予感!

━スケジュール━

 52週 : 資金営業+ダンスレッスン
 53週 : 資金営業+ダンスレッスン or ちょ→ダンスレッスン+ショッピング
 54週 : ジュピターとの決戦(フェス)?
 55週 : IA大賞グランドファイナル

 資金営業、資金営業っと……
 うーん、営業そのものがあまりないっていうか、資金営業ひとつしかないや。

 ●中央エリア資金営業[全国TVCMのお仕事](コスト25,000マニー)
 日本中のお茶の間に、彼女たちが登場!
 全国放送のコマーシャルを撮ります!
 ファンをい~っぱい獲得しちゃいましょう。
 概要:ファン人数2万7500人(中央)

 日本全国のお茶の間に貴音たちが……
 うん、マニーにも余裕があるし、これで行こうっ!

 貴音「ふふふっ。楽しみですね、皆と手を携えて、頂点に立つ日がっ!」

━中央エリア資金営業[全国TVCMのお仕事]━
 前回の営業がうまくいかなかった雪辱を晴らすべく、今回も貴音をプロデュースするぞ。
 営業場所の所在地は「Y:新潟県」でなんなく正解。さすがに佐渡付きならわかる。

 CM監督「今日は、お疲れ様、四条さんっ! いい芝居だったよー!」

 あれ?
 撮影、もう終わっちゃったの?
 この監督さん、貴音曰く、世界的に著名な監督さんらしい。ほほう。
 監督さんから撮影終了と告げられ、貴音がこちらに戻ってきた。

 P(貴音達の今日の仕事は、飲料メーカーの新商品「NAXコーヒー」のCM撮影だったのだが…)

 NAXコーヒーwwwwwww
 そのコーヒー、めちゃくちゃ甘かったり利根川流域の地域で売られてたりしません?
 にしても、携帯電話のキャンギャルに、卓球の試合に、今回のコーヒーのCM。
 営業で貴音をプロデュースするとどうして人選のミスマッチが起こりやすいのだろうか。
 どう考えても、貴音にコーヒーって似合わないだろう。

 P(貴音達の演技はもちろん、内容や構成も素晴らしい。冗談抜きで、すごいCMになりそうだ!)

 Pがベタ褒めである。
 Pのもとに戻ってきた貴音も心なしか晴れ晴れとした様子で、このCMが間違いなく素晴らしいものになると確信しているみたい。監督の力量を褒め、映像の完成が楽しみだと興奮した口ぶりで語る。
 貴音をしてここまで言わせるとは……、どんなCMだったのか非常に気になりますな。
 興奮気味の貴音を見て、Pが撮影前に不安になっていたのが馬鹿馬鹿しいと、また余計なことを言った。案の定、「あの、撮影が始まる前の不安とは、何のことでしょうか……?」「もしや、私達の力量に対して、何か、不安を、抱いていらっしゃったのですか……?」と不安そうに貴音が訊いてくる。
 しかし、Pが不安になっていた理由はたいしたものじゃなかった。
 真や真美ならともかく、貴音がコーヒーを飲みそうなイメージがなかったからという、ついさっきどっかの誰かが思ってたのと同じ理由であった。

 P「貴音がいつも、飲んでそうなのは、コーヒーというより……」

 X:日本茶、Y:紅茶、B:ワイン、のどれだろうか。
 ってか、ワインって。大人びた外見してるけどまだ未成年ですからw
 うーん、迷うなぁ。
 口調などの内面からすると日本茶、日本人離れした銀髪の容姿からすると紅茶、紅茶と同じ理由でワインのネタ肢も捨て難い。パフェは日本茶っぽいけど、無難すぎてなんかつまんなそうだし……

 P「紅茶かな? 昼下がりに、じいやさんがいれた、美味しい紅茶を、楽しんでいそうだ」

 ネタ肢のワインもよかったけど、ここは紅茶で。
 すると、貴音がひどく驚いてみせた。

 貴音「なんと……。プロデューサーは、じいやが、紅茶の名人であること、ご存知だったのですかっ!?」 

 紅茶の名人だったのか、じいや。
 洋風なお嬢様のいおりんとこの新堂さんならわかるけれど、和風な貴音のじいやが紅茶の名人というのはちょっと意外な感じ。老執事みたいな人なんだろうか。
 やっぱり紅茶が好きなんだなとPが言うと、貴音は少し表情を曇らせた。

 貴音「……はい。しかし、もう随分と、そのような優雅な時間を過ごしてはおりません」

 一人で過ごすようになってからは、毎日が勉強と研鑚の日々ですので……――
 真剣な顔つきだ。
 
 貴音「色々と思い出しましたら、紅茶を飲みたくなって参りましたので、買いに行って参ります」

 え? 今から?
 Pも慌てふためいた。

 P「ええっ、ちょ、ちょっと待った!? よく考えたら、今日は、コーヒーのCM撮影現場なんだから……」「あえて、紅茶を飲むことは、ないだろう? ここはほら、素直にコーヒーを飲んでおくんだ」

 んー、撮影はもう終わったんだから、仕事の後に紅茶を飲もうがコーヒーを飲もうが構わないんじゃない? まあ、今この現場で飲むっていうのなら、広告主の飲料メーカーの関係者もいるだろうから周りに気を使う必要があるかもしれないけれど。
 P曰く、「CM撮影が終わった途端に、紅茶を飲んでるところを、スタッフにでも見られたら、感じ悪いだろ?」とのことなので、貴音は自販機で紅茶を買うつもりだったのかな。

 貴音「確かに。変わり身の早い人間と誤解されるかもしれませんね。では、あきらめることとします」

 そう言うと貴音は深く溜め息をついた。
 さっきまでの興奮しきった表情がまるでウソみたいだ。
 う~ん、もしかしてバッドコミュ一直線かしらん……?
 すっかり気を落としてしまった貴音に、「あとで、みんなでコーヒーで乾杯しよう! なっ?」と、励ましになってるんだかなってないんだかさっぱりわからないセリフで励まして、話題を全国放送へと向けた。

 貴音「全国放送ですか……。しかし、それだけでは、少し物足りないかもしれません……」

 なぬっ……?
 全国放送で物足りないというと、全世界放送?
 まさか全宇宙放送とかじゃ……いやいやいや、さすがにそれはw

 貴音「できれば、世界に向けて放送していただきたいです。どうせなら、世界に大きくアピールすべきですから」

 全宇宙放送でなくてよかった!
 「世界っ!?」と驚くPに、貴音は頷いてみせる。
 なんでも、じいやから衛星を使えば地球の隅々まで放送できると聞いたらしい。

 P(……じいやさんは、貴音に何を、教えたいんだろうな?)

 同意である。
 ニーチェ曰くのノリで、そのうち貴音が「じいや曰く」とか言い出さないかちょっと心配だ。
 そんな心配をよそに、「プロデューサー。どうでしょうか? このCM、世界に向けて放送していただけませんか?」と真剣な目をしてうちの姫様が無茶を頼んでくる。なんてこった!

 P「今回のCMを世界にか……。うーん、そうだな……」

 ここで出てくる3つの選択肢。
 「X:よし!やってみるか」「Y:不可能だな」「B:スポンサーに頼んでくれよ」
 どれも地雷の臭いがするんですが、どうすればいんですか。
 クライアントの意向を無視した安請け合いはできないし、こちらの無茶な頼みでクライアントを困らせるわけにはいかないし。「不可能だな」っつうのは言い過ぎだと思うけど、ここは心を鬼にしよう。

 P「……やっぱり、不可能だな。こういうのって、権利関係が複雑そうだし、実際問題として、難しそうだ」
 貴音「……プロデューサー、何もせぬうちから、諦めるべきでは、ないと思いますが?」

 およ? なんだか思わぬ方向に進みそうな気配?
 あー、もしかして、CM監督が世界的に著名な監督さんだったり、冗談抜きですごいCMになりそうだとか言ってたのは「X:よし!やってみるか」を選ぶための伏線だったのかも。
 貴音のお叱りは続く。
 
 貴音「たとえ百の問題があろうと、ひとつひとつ解決していけば、やがて目標は、達成できるのですから」

 すっかりタジタジのプロデューサーである。しまいには「それは、確かにそうだけど、現実というのは、そんなに甘くないんだよ」と、いかにも小者が言いそうなセリフまで吐いた。
 「確実に全国には放送されるんだ。評判がよければ、そのうち、世界でも紹介されるさ!」とのPの説得に、貴音はやや気落ちした様子でようやく矛先を収めた。
 貴音の「いきなり、世界とは、高望みでしたね」というセリフが私の良心を責める。

 P「貴音、そんなに気を落とすなって。一応、後で、俺からクライアントにお願いしておくからさ」

 お、頑張れP!
 気落ちしていた貴音も微笑んでくれたぞ。

 貴音「……ふふふっ。ありがとうございます。しかし、まずは一歩一歩、歩く所存ですので……」「私は、もう、世界には、こだわりません。では、着替えて参りますので、少々、待っていて下さい」

 世界にはこだわらい……
 嗚呼、なんだか、やるせないことになってしまった。そういうつもりじゃなかったのに。
 Pもクライアントに世界放送を打診してみたものの、やはり断られてしまったようだ。

 P(でも、いつかはティラミス・ティアラが、世界で放送されるCMに出演できるよう、頑張りたいなっ!)

 結果:ノーマルコミュニケーション
 
 ですよねー。
 結果は振るわなかったけど、思い出がLv03になったのでよしとしよう。

━夜━
 あれ……?
 もう一日が終わっちゃった…って、あ、資金営業ってタイムコスト3か。
 よく考えみれば、ダンスレッスンをスケジュールに組んでなかったじゃん!
 やべ。久しぶりだったもんで、すっかり忘れてた。

【どっとっぷTVランキング】
  1位(→) Do-dai / ティラミス・ティアラ 175万7479枚
  2位(→) ラッキースター! / 魔王エンジェル 152万3376枚   
  3位(→) Alice or Guilty / ジュピター 139万8925枚
  4位(→) Living Dead / サイネリア 112万4670枚
  7位(→) 恋をはじめよう / ジュピター 95万4270枚
 17位(→) Alice or Guilty / 天ヶ瀬冬馬 74万6550枚
 48位(→) Little Match Girl / ティラミス・ティアラ 46万4018枚
 49位(→) My Best Friend / ティラミス・ティアラ 34万4390枚
 84位(→) SMOKY THRILL / 竜宮小町 20万0638枚

  ・第1週 : 31万1085枚
  ・第2週 : 33万8612枚 ≪キープ発生(ハイスコア更新)
  ・第3週 : 26万3970枚
  ・第4週 : 29万1161枚 ≪キープ発生(ハイスコア更新)
  ・第5週 : 21万6955枚
  ・第6週 : 22万2574枚 ≪キープ発生(ハイスコアを大きく下回る)
  ・第7週 : 11万3106枚

 先週の売り上げと比べると一気に半減だけど、まぁキープ不発生ならこんなもんでしょう。
 さて、今夜の「じっくりと話をする」は真とじゃんけんだ。
 じゃーんけん、ほいっ。
 おっし。なんなく無事に負けることができたぞ。ユニットの雰囲気も上々だ。
 ファンレターは……と、貴音宛に1通か(岐阜/貴音は最高のアイドル)。
 そんじゃ、今週もお疲れ様でしたー!

━真美からのメール「SUBJECT:ぉひめちンとディト」━
 真美のおすすめスポットを貴音とディトか……、ふむ。
 べっ、べつに羨ましくなんかないんだかんね!
 ていうか、「連れ回す」んじゃなく「引きずり回し」てる自覚があんのかw
 あんだけ美人だと、そりゃあすれ違う野郎どもは振り返らずにいられんわなぁ。焦らずとも真美もあと数年したらそういう美人さんになれるさ。ゆっくり大きくおなり。
 写メも楽しそうな二人の様子がよく撮れてるね。GJだ!

タグ : アイマス アイマス2 貴音 真美

21:16  |  アイマス2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.27 (Sun)

【アイマス×サモナイ3】アズサ先生の召喚獣その2:ユキポ

 アズサ先生の召喚獣第2弾は、ゆきぽ×ナガレのこの子。
 アイマス×サモナイ3を妄想していた時に一番最初にティン!と来た召喚ぷちどるでした。
 たらいの中に隠れたり、和風な鬼属性だったり、きゅうりをコリコリ食べてそうだったり、ゆきぽのナガレとのハマり具合はなかなかなもんなんじゃないかと自画自賛してみたり。

 066アイマス×サモナイ3_01ユキポ
 ぽぇー

 066アイマス×サモナイ3_03ユキポ
 ぷぃー
 (意:たらいに引っ込んで閉じこもっておきますぅー!) 

066アイマス×サモナイ3_02ユキポ
 ぽ?

タグ : アイマス ぷちます!

14:59  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.25 (Fri)

【アイマス×サモナイ3】アズサ先生の召喚獣その1:イオ

 昔々。
 アイマス(ぷちます!)×サモナイ3の架空戦記みたいなものをエイプリルフールネタとしてブログでやろうとしたことがあったんですが、ものの見事に素材を作ったらそれで満足してしまい、お蔵入りしてしまったものがありました。ずっとしまっておくのもちょっと寂しかったので、お蔵出ししてみることにしマスター。
 脳内設定では、アティ先生=あずささん、ベルフラウ=いおりん、マルルゥ=やよい、ミスミ=貴音、ファリエル=雪歩、アルディラ=りっちゃん、アズリア=千早、召喚獣=ぷちどる、みたいな感じで配役してました。
 アズサ先生の召喚獣その1として、まずはいお×プニムのこの子からうp。

066アイマス×サモナイ3_01イオ
 青イオ

066アイマス×サモナイ3_02イオ
 桃イオ

タグ : アイマス ぷちます!

18:49  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.23 (Wed)

【アイマス2】プレイ記録1周目-貴音リーダー編25-

 むずかしい。
 本気と書いてリアルに難しいっす。べりーでぃふぃかると。
 先日記事にも書きましたが、あずささんとこの子のデュオならこの曲が一番だろ!なる俺得キャンペーンをやってまして、ええ、そのせいで本編のプロデュースが進まないわけですが、それはこの際気づかぬふりをしてそっと潜る私マーメイッ!
 えーと、何の話してましたっけ。えーと……
 あ、そうそう俺得キャンペーンをやってるって話なんですがね、あずたか、あずたかが極めて難しい。アイマス2に収録されている曲には貴音が苦手とするような曲がなく、あずささんも割かしどんな曲でも歌いこなしてしまうタイプなので、貴音ソロ・あずさソロだとやや難があるかと思うところも互いの弱いとこをパートナーが補ってくれ、まずざっくりと選考から除外するような曲がないのデス。
 んで、結局、全曲の聴き比べをすることになるんですが、あっちもいいけどこっちもいい、いやいやそっちもいいって感じになってしまい一向に決まらないっ。こうなるとあずたかのデュオとは関係なしに曲自体の好き嫌いで判断する以外に他なく、でもそんなことしたらキャンペーンの趣旨に反するわけで、どないせえっちゅうねん。
 あずたかスキーだけに限らず、あず○○デュオスキーや○○あずデュオスキーの諸兄方にも、デュオならこの曲が一番だろ!を聞いてみたいところであります。

 ('A`) つかぬことを訊くが、未解除のスモスリは選考から除外していいのか?

 !!?

ティラミス・ティアラ-活動51週目
━朝━
 すっかりスモスリを忘れてたぜHAHAHA!
 ……ということで、ティラミス・ティアラの51週目の朝がやってきました。
 IA大賞グランドファイナルまで残り4週。スローペースながらも気づけば遠くまで来たものです。明日までにティラミス・ティアラのプロデュースが終われば、アイマス2の発売日からちょうど一ヶ月でプロデュースが完了することになります。妙に感慨深いものがあったりなかったり。
 貴音、唐突だけど、今日はどこへ行きたい?

 貴音「急に問われると、困惑してしまいますが……。重き心の荷をおろせる場所が、もしあるなら、そこに」

 あー…、“1or2”の回答だね。どうしよう。
 選択肢は「X:ムリ言うなよ」「B:いい考えだな」。相変わらずプレイヤーの心を汲み取ってくれない理不尽さである。今までなんだかんだで貴音をサポートするために真と真美に貧乏くじを引かせてきてしまったので、今週は心をオーガにして、貴音を叱咤しよう。

 P「ムリ言うなよ。いくらなんでもムチャだって。まあ、気持ちは、わからないでもないけど」

 この野郎……
 ここまでプロデュースして、一番ムカツク回数が多かったキャラクターはダントツでPだと思う。Pに比べれば順二朗社長や黒井社長、大富なんてまだ可愛いほうなわけで。
 機嫌悪化した貴音に睨まれつつ、今週のスケジュールを決めるよー!

━スケジュール━

 51週 : 通常ライブ or 全国オーディション or 5人ライブ(安宅・山原記者を捕獲)
 52週 : 資金営業+ダンスレッスン
 53週 : 資金営業+ダンスレッスン or ちょ→ダンスレッスン+ショッピング
 54週 : ジュピターとの決戦(フェス)?
 55週 : IA大賞グランドファイナル

 予定通り、今週は記者の捕獲を最優先にスケジュールを決めよう。
 上方エリアに安宅記者、南エリアに山原記者がいるようだ。

 ●上方エリア通常ライブ[IDOL PUNK](難易度7)
 概要:目標ハコユレ震度4.8、ファン人数2万1500人(上方)、ギャラ32,200マニー
 備考:上方エリアに安宅記者が滞在中

 むー、南エリアのライブはクィンテットライブしかないのか……
 しゃーない。上方エリアで一番条件の良いこのライブで決定しときますか。
 衣装は変わらず、《服:スノーフレークリリパット》《頭:ダブルひまわり》《体:ひまわりブローチ》《腕:ひまわりの腕輪》《足:ひまわりアンクル》《守:あわんこのお守り》で、Da一点特化+ラッキースター捕獲を狙う。なんだか、馬鹿の一つ覚えというかなんというか、ティラミス・ティアラといったらこの衣装!って感じになってきたw

━上方エリア通常ライブ[IDOL PUNK](難易度7)━
 ライブ名は、IDOL PUNKか。
 アイドルのファン層とパンクのファン層ははたして重なるものなのか甚だ疑問である。ましてや、今のティラミス・ティアラのプロデュース曲は「Do-dai」。このライブを企画した担当者を小一時間問いつめてやりたい。 
「「たーっち!」」
 重箱の隅をつつきながらも本番前の掛け声はぴったり重なった。
 よぅし、この調子で貴音たちと息をあわせてハイスコアを目指そう!

 結果:成功(スコア44292、ハコユレ震度+8.6)

 あっれー、おっかしいなぁ。なんでこんなにスコアぼろぼろなん?

 ('A`) だからあれほどフラグを立てるなと。

 スンマセン。
 アピールミスが多発して、全然チェインがつながらなかったよママン!
 バーストアピールスコア20544、チェインボーナス3921、コンボ65。
 ぐむむ、バーストアピールのスコアは2万を超えて過去最高のスコアを出せたのに、中盤でアピールミスかましたのが痛すぎた。あれでチェインが切れるわ、集中力も切れるわで、まったく良いとこナシ。フルコンボなら1万以上のチェインボーナスがつくから、約7000くらいのスコアロスしてるわけで……アアン。
 まあ、それでもミスが目立ったわりには、ラッキースターがよく出てたのが唯一の明るい材料ですかね。つっても、あくまでキープの発生確率が上がるってだけで、必ずしもキープが発生するってわけじゃないんだけれども。
 セカンドアンコールは貴音に任せ、安宅記者も無事捕獲した。

━夜━
 先週の全国オーディションでのラッキースターと今週のライブでのラッキースター。
 2週分のラッキスターがあれば、キープが発生してもおかしくはないはず!
 たぶん!

 ('A`) 予防線かもしんねえけど、自信がねえなら余計なフラグ立てんなっつうの。

【どっとっぷTVランキング】
  1位(↑) Do-dai / ティラミス・ティアラ 164万4373枚
  2位(↓) ラッキースター! / 魔王エンジェル 152万3075枚   
  3位(→) Alice or Guilty / ジュピター 139万8130枚
  4位(→) Living Dead / サイネリア 112万4237枚
  7位(→) 恋をはじめよう / ジュピター 95万3767枚
 17位(→) Alice or Guilty / 天ヶ瀬冬馬 74万6106枚
 48位(→) Little Match Girl / ティラミス・ティアラ 46万0719枚
 49位(→) My Best Friend / ティラミス・ティアラ 34万1616枚
 84位(→) SMOKY THRILL / 竜宮小町 20万0590枚

 う、う……
 うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
 敵将魔王エンジェル、討ち取ったりー!!
 勝ち鬨じゃ! 勝ち鬨じゃー!! えい、えい、おー!
 くおおおぅ、貴音、真、真美ーっ!! 見てるかー!? やったぞー!
 ずっと待たせてしまったけど、やっとランキングトップの頂きに手が届いたよ!
 うほほほーい!!

 ('A`) IA大賞獲ったわけじゃないんだから、有頂天になるのもほどほどにな。

 あい。
 やー、それにしても、うちの子たちは頑張った。
 つい数週前までは、とりあえずランキング20位入り、できればというか何としてでもランキング10位に入ってくれればと祈ってたけれど、残り4週でランキングトップを獲れるとは。
 リリース初週の売り上げが振るわなかった時、かなり落ち込んだけど諦めんでよかった。

  ・第1週 : 31万1085枚
  ・第2週 : 33万8612枚 ≪キープ発生(ハイスコア更新)
  ・第3週 : 26万3970枚
  ・第4週 : 29万1161枚 ≪キープ発生(ハイスコア更新)
  ・第5週 : 21万6955枚
  ・第6週 : 22万2574枚 ≪キープ発生(ハイスコアを大きく下回る) 
 
 今週の売り上げを見るに、どうやらキープも発生してくれたみたいで。
 本当にもうキープ様様である。
 ただ、ファン注目度良好(黄色の首都エリアを除いて他のエリアはピンク)&ファン人数過去最高の状態であるにも関わらず、過去2回のキープと比べると先週の売り上げを上回った数値がだいぶ低いので、キープ発生時のスコアがハイスコアを更新したかどうかというのは結構大きく響くことがわかった。
 できれば今週もハイスコアを更新しておきたかったけれど……、ま、キープが発生してくれたんだからこれ以上を望むのは贅沢ってもんでしょう。
 
 社長「な、なんと、ついに君達が1位に……。」

 やりましたよ、社長。これでIA大賞に一歩近づきました。

 社長「いままで生きてきて、こんなに嬉しいことはない。うっうっ」
 小鳥「や、やだ社長。泣かないで下さいよ。私まで、もらい泣き……。うう、すごいですよ、プロデューサーさん」

 ありがとうございます、小鳥さんも。
 でも、ちゃいまっせ。すごいのは私じゃなくてうちの子たちですわ。
 敏腕どころかなまくらなプロデューサーをリコールせず、今までついてきてくれた彼女たちがプロデューサーの至らないところを補い、頑張り続けてくれたお陰で獲れた1位なんですよ。

 P「1位……。皆、ついに、1位になることが、できたなっ! 俺は、嬉しいよっ!」
 貴音「……」

 あ、あれ…?
 貴音が黙り込んじゃったぞ。

 P「あ、貴音……、泣いているのか?」
 P「もしかして、1位になれたことで、貴音の目指していた特別な景色が……、見えたのかな?」

 うーん、どうなんだろうね。
 貴音が見たかった景色が見えるはずの頂点は、IA大賞を獲れた時のはずだから、その通過点に過ぎない今はまだ時期的に早いとは思うのだけど……。

 貴音「いえ、見えるのはいつもと同じあなた様とユニットの仲間達……。」

 ……。

 貴音「ですが、それがたまらなく嬉しいのです」
 貴音「頂点からの景色は、何か新しい景色というわけではなく、大切なものが見える景色だったのですね……」

 高いところに登り、そこから見えるものは、遥か遠くのものとすぐ間近にあるもの。
 貴音に見えたのは、一緒に頂点まで登ってきたかけがえのない存在たちの顔だったようだ。
 感慨をしみじみと噛みしめる貴音の言葉に、「そうかもしれないな」と、Pも頷いた。

 P「俺も、今までより、お前達のことを近くに感じる」
 P「この喜びこそが、1位になった者だけが味わえる、喜びなのかもしれない」

 でも――

 P「真の頂点は、IA大賞獲得だっ!」

 その通りだ。
 今週獲れたランキングトップという成果は、IA大賞獲得という最高峰に登る途中の道でたまたま登れた別の頂点にすぎない。登る足をここで止めるわけにはいかない。
 Pも「この喜び、もっともっと、でっかくしよう!」と、貴音たちに発破をかけた。

 貴音「……はいっ! 私、気を抜かずに本当の頂点を目指します。そして、自らなせることを、確かめます!」

 貴音の表情を見て、ひとつふっきれたようだと胸中で語るP。
 真の頂点―IA大賞まで、残り3週。
 そこまで登るための時間は、本当にもう残り少ない…。

 今夜の「じっくりと話す」は、久しぶりの戯れ事だ。
 ここはきっちり決めて、来週への弾みにつなげたい!

 ???「うっうー、プロデューサー! 私が誰だか、わかりますよねーっ!?」

 そうね、もうやよいの誕生日だもんね。やよいのモノマネをしたくなるよねw
 でも、プロデューサーを引っかけるにはもうちょっと頑張る必要があるかもしれないぞ、真。

 真「へへっ。やっぱり、わかっちゃいましたか」

 まあね。わかりやすくて助かったけどw
 今週もファンレターは来てないか。んじゃ、業務終了ってことで帰りますか!

━貴音からのメール「SUBJECT:頂点からの景色。」
 ずっと追い求めていた頂点から見える景色が、想像よりもずっと素晴らしいもので、心がとても安らかだと語る貴音。時に、張り詰めた糸のようでもあった貴音をずっと見てきただけに、「今、私はとても心が安らかです」という言葉が何よりも嬉しい。
 貴音は言う。「ユニットの仲間達、そして…、いつも私を励ましてくれたプロデューサー。その嬉しそうな笑顔が、いつもと変わらず、私を囲んでいた。あの景色は、一生忘れることはできないでしょう」と。それらが全て、貴音にとって何よりも尊い宝物だと。
 活動51周目にして、貴音がようやく見つけた大切な宝物。
 それを曇らせないためにも、最後の最後まで、頂点を目指し続けよう。

【実績ロック解除】 35G:トップアイドル

タグ : アイマス アイマス2 貴音 真美

23:00  |  アイマス2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。