2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.25 (Sun)

【PV/紙芝居】あずやよはひだまり!

 ここしばらくの間、桃源郷に引きこもっていました。
 そしたら、それを見かねたあずささんが「これをあの人に出してさしあげて」とやよいに料理を一品渡し、やよいが「これを食べて元気を出してくださいね!」と笑顔でそれを私に差し出してくれたんですよ。ぶぶ漬けを。
 あずささんもやよいも優しいなー。
 ぶぶ漬けをすすり、泣く泣く娑婆世界に戻ってきました。

 こんにちわ、ぶぶ漬けです。ぶぶづけー。

 なぜ私は三次元なのか…、大変残念でなりません。
 できることならば桃源郷に留まり、本を読むフリをしてあずささんとやよいの会話に聞き耳を立て、ときには二人の会話に口をはさんだりしたいものです。
 あずささんとやよい。
 この二人は、お日さまのにおいがする組み合わせだと思ってます。
 午後を少し回って丸く柔らかくなった日差しとぽかぽかあたたかな陽気。ときおり涼しく気持ちのいい風が吹いて、緑の芳しい香りを運んでくる。
 そんな日には河川敷の歩道や広々とした公園の道を手をつないで散歩したり、途中木漏れ日がうっすら射すベンチで休憩したり、雪歩も呼んで帰り道のカフェで三人でお茶をしたり。
 あずささんとやよいにはそんな平穏でゆったりとした空気が似合います。
 いいなァあずやよは! あァン!

 あずやよはひだまり!

 あずやよはひだまり!

 あずやよはひだまり!と覚えて帰ってくださいネ!

                                   うるせーよ。> ('A`)

 うぅぅ…、桃源郷の姉妹が恋しくなってきたので二人をいちゃいちゃさせてみました。

  093あずやよコスモス

 まっこと、あずやよは絶品にござりますなぁ! ござりますなぁ! 自家発電なのが至極残念だけれど!
 これほど素晴らしいのに「あずやよ」でタグ検索しても二つしか出てこないとは、しかもその二つはどちらも桃源郷の話ではないですか。なんたることか。
 今のニコマスにはあずやよが足りない! 自家発電はいやでござる!
 ここで「あずやよの供給を要求する!」とか迂闊なことを言うと、【言い出しっぺの法則】を差し出されてしまうので、「あずさ やよい」でタグ検索してあずやよ分を脳内発酵することにします。あぅあぅ。

 「あずさ やよい」で検索してみると、まだ見てない作品がわんさか出てきました。言うなれば、ここほれワンワン裏の畑でポチが鳴く状態。
 2007年の夏からニコマスに入り浸っていますが、狭く浅い視聴傾向ゆえに、名前をよく聞く有名Pの作品や数万再生の有名な作品でもまだ見ていないものがたくさんあります。
 今なお広がり続けているニコマスの海。
 そのなかで自分が視聴して把握している作品はいったいどれくらいあるのでしょう。
 10%?
 5%?
 3%?
 いいえ、おそらく1%にも満たないことでしょう。ニコマスは広大だわ。

 そんなわけで。
 昨日は【Project OP@L】4週目を見ながら、一人あずやよ祭を開催していました。
 余談ですが、【Project OP@L】ファイナルファンタジーメドレー、嬉しかったですね。
 今回の記事はあずやよ特集なのでどこら辺が嬉しかったかは詳しくは語りませんが、ぼかして言うと[3:41]から[4:32]のパートがグっときました! あずささんのオペラマーベラス名場面!
 作品を見た後、熱が冷めないうちにすぐに感想を書くのがベストなのですが、今の状態で書くと総時間10分21秒の作品があたかも51秒の作品であるかのような感想になってしまうので自重いたします。もっとも、時間をおいたところで書ける内容は変わんないと思いますが!

 では、話を戻して、桃源郷を除くあずやよ祭の感想をば。
 まずは公式素材を利用したこちらの作品からどうぞ。

【ミニドラマ】アイマスレディオ第67回【ピクチャードラマ風】
[めいびーP/アイマス紙芝居/やよい・千早・あずさ/あずやよ]



 (*´∀`)


 (*´∀`)え、感想?


 (*´∀`)そんな野暮なものいらなくない?


 

 公式がやる同人はときどきおかしな殺傷力を秘めている。
 それを改めて再確認いたした次第。
 アイレディ第67回といえば仁後さんがゲストの回。番組冒頭からあのキラメキラリの番宣+うっうーの有効活用歌姫楽園『Let Me Be With You』+あずささんがやよいを餌付けするミニトークドラマ、という鬼のようなラインナップ。
 そのあずやよミニトークドラマに絵をつけたのがこちらの作品。

  093【ミニドラマ】アイマスレディオ第67回【ピクチャードラマ風】1

 私から言えることは、
 あずやよが好きなら何を差し置いても見とけと!
 やよいの「んん~…ッ」に悶絶するのがよろしいかろうと!
 めいびーPの描くやよいたちにほっこりするのがよろしかろうと!
 そして、千早も素直になれよと!

 093【ミニドラマ】アイマスレディオ第67回【ピクチャードラマ風】2

 (*´∀`)めいびーPはわかっておる喃。



 続けて、アイマス紙芝居からこちらのほのぼの作品を。

【アイマス紙芝居】りんごむき
[タナーP/アイマス紙芝居/真・やよい・亜美・あずさ]


 あずささんのりんごは、びろ~んりんご。
 真のりんごは、ぽてぽてりんご。
 やよいのりんごは、ぴょんぴょんりんご。
 3つのお皿にいろいろりんご。
 そこへ亜美もやってきて。
 ぱくんとお口にりんご・いん。
 亜美が食べたのはだれりんご?
 どうしてそれを食べりんご?
 ためいきついたのまっこまこりん☆

 作品のあらすじを簡単に書こうとしたらポエミーになったでござる。
 どうしてこんなことに…!
 これは恥ずかしい。でも晒しちゃう。まさにドM。

 093【アイマス紙芝居】りんごむき1

 この作品も毎度恒例あずサムネに釣られて始まる視聴でした。
 こういう良作と出会えるからサムネホイホイはやめられない。
 あずさスキーだけでなく、真スキー、やよいスキー、亜美スキーにもおすすめのほのぼのした作品です。とくに真スキーなら見といて損はないでしょう。あずさスキーの私ですが、ぷるぷるしてる真は必見ものだと思うのですよ。でもね、わたくしイジワルだからスクショは貼ってあげないの。うふふふふ。

 

 あらやだ、ついうっかりプレイヤーを落としちゃっタ!
 ンもーわたむらたまさんってばドジっ子なんだから~。テヘ☆




 ……いや、これでもスルーとか、ちょっと意味がわからない。
 お客さん相当ヘソ曲がりあるネ?
 私、相当無理して今の頑張ったあるヨ? 見てよこの鳥肌。鳥肌マシンガンね。

 えーと、気を取り直しまして。
 肝心の紙芝居の内容ですが、タイトルとこの感想文冒頭のなんちゃってポエムのとおり、りんごの皮むきをテーマにアイドル4人の日常の一コマが描かれています。
 腹を抱える爆笑コメディや「w」でいっぱいの失笑コメディも好きですが、こういう山や谷はないけどゆるくて温かい雰囲気のほのぼのコメディも大好きです。
 BGMのmy songも作品の雰囲気にぴったりで良い感じ。
 物語良し、BGM良し、加えてタナーPの絵柄も火力が高い。
 亜美がりんごくわえた顔とかムハーッときますよムハーッて!

 093【アイマス紙芝居】りんごむき2

 ムハーッ!
 それから、それから。
 紙芝居冒頭のカウントダウンあずささんにわたくしズッキュンキュン。

 093【アイマス紙芝居】りんごむき0



 次は趣向を変えて、あずやよPV作品をPickUp! 

やよい5さい 幼稚園のお遊戯会 お母さんと一緒に
[辰三P/PV/デュオ(あずやよ)/あずさママシリーズ]


 うちの嫁と娘のお宝映像が流出したと聞いて!
 
 あ、すみません、取り乱しました。
 こういう作品に対してはやっぱり、「まだ20才のあずささんをつかまえてお母さん扱いするんじゃねーよ」と見えない誰かに向かって徹底抗戦すべきなんでしょうか。正しいあずさスキーの反応としましては。
 しかしですね、百の議論より一の映像のほうがはるかに雄弁なんですよね。

 

 こういう映像を見せられちゃうと、やっぱあずささんはやよいのママなのかなーって納得せざるを得ないわけで。3、4周した辺りから「なぜあずささんとやよいは血が繋がってないのだろう?」と首を傾げるようになるんですよね。なんでだろう。不思議だなァ。
 さて、作品を見た感想ですが、最初見たときはあずささんの足元に影がないのとやよいに比べてあずささんの色彩が暗いのが若干気になりました。ですが、そんなもの30秒もすればなんくるねーことですヨ。
 いちいちちっぽけなこと気にしてんじゃないよと。
 ンな細けぇことに目ぇ光らせてる暇があったら、その目かっぽじってうちの娘と嫁を見ろと。どーだい、うちの娘はめんこいだろ? うちの嫁さん、子ども一人出産したとは思えねえだろ? な? な? まぁ養子なんで嫁さんが産んだわけじゃないんだけどねw だけどまぁ…、しかし、あれよ。不思議なもんで血は繋がってなくても子は親に似るらしいんだわ。この前もね、娘が嫁みたいな口ぶりで(ry
 こんな具合にこの作品を見てるとひとりでに妄想が走り出すの。参った参った。
 いやぁ、親子ってほんとにいいもんですね。
 そういえば親子といえば、DSの日高親子も愛が5才の頃は舞さんもだいたいあずささんくらいの年齢でこんな感じの親子だったんですよね……。ほんとに何してはるんですか舞さん。

 話が逸れましたが、カメラについても一言。
 この作品のカメラはやよいを中心に固定されていて、終始あずささんが見切れ気味です。
 これが通常のPVなら、「ええい、○○はいい。うちのあずさを出せ!」とPCモニターをガックンガックンするところなんですが、この作品に関しては別バナ。
 このへたっぴな写し方がかえって日曜カメラマンのパパさんが撮影したホームビデオっぽくて、より「母と娘」らしい作品に仕上がっています。
 カメラの写し方一つで被写体とカメラマンの人間的な距離感や関係性が出るものなんですね。勉強になりました。



アイドルマスター ぽけっとにふぁんたじー
[わるつP/PV/デュオ(あずやよ)]


 あずサムネにだ・ま・さ・れ・たwwwwwww

 もはや何も言うまい。
 
 不思議なもので最初は「おいマテwww」と思う歌声とあずささんの不一致感も、ちょっと辛抱して30秒ほど聞いてればさしたる問題ではなくなるというやよいマジック。
 
 093ぽけっとにふぁんたじー1

 093ぽけっとにふぁんたじー2

 やよいの可愛さは偉大である。
 子ども役のやよいの愛らしさが緩和剤となり、それと対になるかつて子どもだった母親役のあずささんの母親っぷりが自然に見えてくるという、そんな不思議マジック。

 

 地味な要素ですが、このマジックを支えるのはダンスの選択とカメラワークのうまさ、ポスターカラーで厚塗りしたかのような画面の色調にあると思います。
 これらの要素が相乗的に子どもと母親の可愛さを引き出しているんですね。

 093ぽけっとにふぁんたじー3

 093ぽけっとにふぁんたじー4

 このバランスと味加減を少し変えたらまるで違った作品になっていたことでしょう。もしかしたら、この作品ほどのマジックはないかもしれません。
 あずさイジメといえばあずさイジメですが、ときどきならこういうあずさイジメもいい……、うん、ときどきならいいかなぁ。でも、 オールウェイズは勘弁な!

 093ぽけっとにふぁんたじー5

 093ぽけっとにふぁんたじー6

 「何故か何度も見てしまう」<コメント>

 ほんとになんでだろうね?

 093ぽけっとにふぁんたじー0
 ▲あずさママのポケットにはね、おにぎりポケモンのミキチューがいるのよ。



 これ以上あずささんをお母さん扱いし続けると、そのうちサムネのあずささんが私に微笑んでくれなくなってしまう気がするので、次はガチなPVでいきたいと思います。

アイドルマスター「 風 紋 」あずさ・雪歩・やよい ネタ☆MAD3rd
[もあP/PV/トリオ(あずさC・雪歩・やよい)]


 あずささん・雪歩・やよいという希少なトリオユニット。あずやよ分は薄め。
 エフェクトなし、追加演出はカットインのみのダンス主体の作品です。
 ネタ☆MAD3rd出品作なのでネタ作品かと思わせておいてサムネ通りのガチPVでした。
 作品の冒頭からダンスの合わせがうまいなという印象。
 ダンス主体でこのまま淡々と特に山もなく終わってしまうのかなと思いきや――

 

 サビに入った瞬間、毛筋がゾワッときました!

 093「 風 紋 」1

 サムネのカットインから入り、「さあ!」の歌詞でカットインが左右に散る。
 そして、あずささんの凛々しい顔がこちらを捉える!

 093「 風 紋 」2

 ああ、これか! もあPが見せたかったのはこれか! これなのか!
 「さあ、飛び込んでゆくかい?」
 歌詞の如くそう語りかけるあずささんのかっこよさ! 静止画なんかじゃこのかっこよさは伝わるはずもない! 動画の生きてる表情だから意味がある!

 093「 風 紋 」3

 そして、ゾワゾワした肌が収まる間もなく、「燃え尽きようともかまわない」との歌詞を引っさげ、決意を込めた瞳で雪歩が一刀両断するが如く腕を振り上げる。いいじゃないですか! かっこいいじゃないですか!
 いやぁ、ええもん見せてもらいました。GJ!

 ところでこの歌、ほんとに女性ソロパートあるのん?



 最後は、昨年のあずささん誕生祭作品で〆たいと思います。

アイドルマスター 大きなあずさ小さなわたし Ver.あずさ誕生祭
[二階堂P/PV/トリオ(あずさC・やよい・千早)/あずさ08誕生祭作品]


 この作品を見つけたとき正直迷いました。
 まだ未視聴の作品だったのでホイホイされて然るべきなのですが……
 視聴すべきかどうか、なぜ自分はこんなに悩むのか不思議なくらい悩みました。
 純粋なあずさスキーの自分はこう言います。
「あずささんの誕生祭作品なんだから見ない理由がない。見るのが当然」
 しかし、もう一人の自分がそれに難色を示します。
「それはそうだがタイトルとサムネ見てみ? アレな予感しないか?」と。
 結局、その場では決着がつかず一時保留にすることにしました。

 で、何をごちゃごちゃ悩んでいたのかというと、私にはちょっと難儀なマイルールというか視聴癖がありまして、この作品がその視聴癖と抵触していたのが悩みの原因でした。
 なぜか私、エロサムネとか真正面から紳士ネタあるいは胸ネタを扱った作品っぽいタイトルやサムネがついた作品はつい敬遠してしまうんです。いや、敬遠というより「後回し」といったほうが正確かもしれません。決してエロとか紳士ネタ、胸ネタが嫌いなわけではないんです。ですが、なぜか「後で見るか」という価値判断が働くんですヨ。

                   おお、勇者よ。辺境で清純派気取りとは情けない。 > ('A`)

 いやいやいやいや、そういうんじゃなくて。これでも結構マジな話なの。
 普段「胸囲的な~」とかいう言葉を使うくせに我ながら矛盾してると思いますし、良作と出会う機会を自ら捨ててしまってるので損してるとも思うんです。
 これの他にもいくつか変なマイルールがあるんですが、そのなかでもあずサムネであっても適用されてしまうこのルールが一番難儀な癖なんです。
 あずさ誕生祭作品なのにこの作品を未視聴だったのも、たぶん後で見ようと思って取っておいて結局見ずに忘れてしまったのだと思います。トホホ。
 
 そして今回。
 またマイルールが発動して終わりになりかけたのですが、サムネコメントを見ると何やら良さげな感じっぽい。それに作品のタイトルもどこか聞いたことあるようなタイトルだなーって作者コメントを見てみたら、「原曲: 大きなあなた小さなわたし shiina(椎名法子)」ってあるじゃないですか! ラジオで聴いてシングルまで買った曲じゃないですか!
 よしキタ、見よう!
 即決でした。
 あの時、億劫がらずに作者コメントまでちゃんと見ていたら1年前にはこの作品と出会えていたというのに…。
 やっぱりこの視聴癖のせいで大損ぶっこいてるワ!
 「だから、お前はアホなのだー!」と琉球不敗師匠にお叱りいただきたい。

 

 そして、作品の感想。

 ごめん、千早。
 ごめん、やよい。

093大きなあずさ小さなわたし1

 やっぱり胸ネタだったヨ。
 
 それから、二人ともごめん。

 アタイ…、ローカル保存しちゃった。

 だってだって面白楽しい良い作品なんだもん! ごめんよぅごめんよぅ!
 事前予想に違わず、ちょこちょこ胸ネタが挟まれてはいるんですが、単純にPVとして見てみると、ダンスの振り付けが呆気に取られるほど曲にぴったりで、「え、これってネタ作品だったんじゃないの?」とびっくりさせられます。
 また、局所的な人力歌詞改変もかなり自然で、意識せずに聞いていたら改変だと気づかないかもしれません。この歌を知らない人はぜひ最初はコメを消して視聴してみてください。歌詞改変に気づくでしょうか?

093大きなあずさ小さなわたし0

 あと、[2:19]に一回だけアピールが入るのですが、このタイミングも素晴らしいと思います。アピールのSEが音楽にマッチしていて、原曲にはない盛り上がりが楽しい!

 093大きなあずさ小さなわたし2
 ▲[2:32]ここの“Yeah!”がめっちゃんこ好き! イェア!

 結論。
 一年間食べずに放置していた作品は、蓋を開ければツボ作品でした。
 だからあれほど食わず嫌いはするなと…、アイタタタ……。

093大きなあずさ小さなわたし3
スポンサーサイト

タグ : ニコマス アイマス紙芝居 PV 【PV】Azsデュオ(あずやよ) 【PV】Azsトリオ(あずさC) あずさ

16:03  |  アイマスPV(あずさ出演)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.19 (Mon)

【PV】我輩は不本意である

あずささんで『キラメキラリ』…のはずだった。 [ドラヤキラリ]
[ジムスキーP/PV/替え歌m@ster/あずさソロ]


 Q.疑似m@sですか?
 A.いいえ。あずささんと小鳥さんが出てくるので違います。

 Q.販促動画ですか?
 A.いいえ。ネタ臭まみれで販促どころではありません。

 ていうか、素材の元CM自体ネタ臭強すぎwwww修正されるねwwwww
 あれは本気でどら焼きを売るつもりがあるんでしょうか。こんなCMじゃ、かの有名などら焼き愛好家青いタヌキさんだってプンプンですよプンプン。慰謝料としてどら焼きを請求してくるかもしれない。
 まあ、百歩譲ってこの作品が販促動画だとしてもですヨ?
 販促という点からすると、あずささんの起用は大失敗だと言わせていただきたい。

 なぜならば。

 私が食べたいのはどら焼きではなく、あずささんだからだ!

                       表でサイレン付きの白黒タクシーが待ってるぞ > ('A`)

 いやん。

 どら焼き1番♪
 警察は110番♪
 3時のおやつはむらたまです、こんばんわ。

 本題に入る前に、これから書きますこの記事が実は私にとって甚だ不本意なものであることをここに告白いたします。
 というのも……、まあまずは見てくださいよコレ。

 

 ね、おわかりいただけたでしょう?
 あずささんも出てくるけど、あずさ作品じゃないんですよ。どら焼き作品なんです。全身タイツカラフルデイズチルドレン作品なんです。

 094 [ドラヤキラリ]4

 95%疑似m@sなのに、あずささんと小鳥さんが出てくるせいで疑似m@s阻止とか、どんだけ狡猾なのかと。あずささんをサムネにすれば私が釣れるとでも思っているのでしょうか。嘆かわしい。嘆かわしい。釣ったジムスキーPは大変嘆かわしいですが、釣られた私はもっと嘆かわしい嘆かわしい。しかし、あずさムネに釣られるのは私の生き甲斐でありライフワークであるからやめられないし止まらないし、だからニコマスのPたちはどんどんあずさムネで私を釣ればといいと思うよ! 喜んで釣られますから!

 しっかし、なんですね。
 あずさスキーのあずさスキーによる私のためのブログをコンセプトに掲げるこの玉々草で、あずささん的要素ではなく、まさかネタ的要素で作品の感想をつづる日が来ようとは、まったく夢にも思いませなんだ。
 くっそぅ。
 ものすっっっごく敗北感!
 なんか悔しいからジムスキーPにはGJなんて言ってあげないんだから!
    
                                              GJ > ('A`)

 おいいいいいぃぃぃっ!!?


 ローカルCMってほんっと面白い。
 全国区CMみたいな洗練されたオシャレ感がなくて、良い意味で泥くさくバタくさく、広告主の意図したところとは別のところでウケてるっぽいのが良いのです。

 094 [ドラヤキラリ]1

 094 [ドラヤキラリ]2

 架空戦記界隈ではたまに「アイマスでやる必要がナイジェリア」なんていう、極めてどうでもいい批判文句を見かけますが、この作品は「あずささんでやる必要がアルゼンチン?」な作品です。
 キラメキラリを持ち歌とするやよいではなく、なぜにあずささんなのか?
 これが仮にやよいであっても作品は成立すると思うのですが…、うむむのむ。

 そこで私、理由を考えてみたアルよ。結構マジメに。

 たぶんこの作品、一種のギャップ狙いなんでしょう。
 もし、やよいの元気なキラメキラリだった場合、フツーに元CMの映像と馴染んじゃう気がするんです。やよいの可愛さも手伝って元CMのアクが抜けてしまうというか、「やよいが宣伝するんじゃ元CMがおかしくてもちかたない」で済まされてしまう。しかし、それだとネタ作品としては失敗なわけです。
 ところが、あずささんのキラメキラリだとどうなるか。
 歌のお姉さん的なキラメキラリとネタCMのミスマッチが良い意味で出来の悪いNHK教育テレビ的なスメルを放ち、なんとも形容し難い「wwwwwwww」な笑いが出てくる。爆笑ではない苦笑に近い笑い。これがジムスキーPの狙いと見た!

 と、なにやら分析チックなことを言ってみましたが、たぶん深読みのしすぎ。
 考えたらそこで試合終了デスヨ。
 たぶん、ジムスキーPはそんなしち面倒くさいこと考えずに作ってると思うの。

 やりたいからやった。MADを作るのに理由なんているかい?

 インタビューしたら存外そんな答えが返ってくるんじゃないでしょうか。
 その割には無駄に力が入ってるような気もしますけどネ!


 094 [ドラヤキラリ]3


 はぁ。
 そんなことより茜丸五色どら焼きをモグモグしたい。




 あ、販促動画だったのかコレ。

タグ : ニコマス PV 【PV】あずさソロ あずさ 替え歌m@ster

23:46  |  アイマスPV(あずさ出演)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.17 (Sat)

【PV】咲けよ弾幕!

  キタ!


  視た!


  玉々草、完!


弾幕表現のテスト動画(東方×アイマス)
[TiltP/PV/東方m@ster/im@sオールスターズ]



 「我がブログ道に一片の悔いなしッ!」

 そう叫び、天に向かって拳を突き上げたい!

 作品を作ったPでもないのになぜか感無量のむらたまです。
 なんかもうね、なんでしょうね、この不思議なやりきった感は。
 コバンザメもいいところですね。
 やりきった感だけならまだいいのですが、視聴してから1分も経たずに記事作成に取りかかるという玉々草史上初の快挙まで成し遂げちゃってるあたり、自分でもどうかしてるなと思うんです。今日書こうと思ってた記事まで後回しにしちゃってますし。
 けれど、仕方ないの。
 書きたいんだもの、この衝動のままに!
 書かずにはいられないんだもの! しょうがないよね!


                              ………… > ('A`)

 ヤメテヤメテ無言はヤメテ無言は。
 ええ、まぁ、これでも一応わかってはいるんですヨ?
 冷静に考えてみれば、たまたまうちのひどい記事とTiltPの新作のうpのタイミングが近似しただけで、ただの偶然の産物にすぎないってことは頭ではわかっているんです。
 ですが、あまりにもタイミングが良いものだから、何か運命チックなものを感じちゃうのも否定できないわけで、このブログの使命はあの痛さ100%の記事を書くことにあったのだなと我ながらドン引き必至なことまで考えてしまう始末であります。マジ救えない!
 そんなどうしようもない私ですが。
 視聴後、「もうこのブログは畳んでもいいな」と、かなりナチュラルに思いました!
 燃え尽きちまった喜びにー!

 さてさて。
 この時間帯がエコノミーなのが非常に恨めしいとです。
 俺…、エコノミーが終わったらネタバレなんて気にせずバンバンバンバンスクショを貼るんだ!
 主に自分用に!
 TiltPのコメントによると、『AE』なるソフトを買った試しに弾幕表現のテストとしてこの作品を作られたみたいなのですが、あいにく動画作成素人の私には『AE』がどのくらいすごいものなのか全然わかりません。
 『白雅雪blog』のgase2さんの記事を読む限りでは、なにやら進化の秘法を手に入れた予感!
 オラ、ワクワクしてきたぞ!
 ワクワクついでに、オラ、プレイヤーまでリンクしちゃうぞ! 主に自分用に!


 


 自称「手抜き」とのことですが、いやはやなんともはや。ご謙遜でしょう。
 弾幕が美しいったらないワ!
 東方を3D化したらかくやと思わせる美しい弾幕の数々に言葉も出ませんでした。
 背景が黒一色であることもあって、まるで芸術的な花火を見ているかのようで、つい見とれてぼーっとしてしまいました。これぞ圧巻のエンターテインメント!

 
 さあ、弾幕花火のスクショを打ち上げまっしょい!


 096現のテスト動画_春香
 ▲[0:47]古びた神社の板壁を背に、東方の主役霊夢を演ずる春香が登場。
 雰囲気がすでに『AEで弾幕を表現してみるテスト動画』という題名に反している!
 紅に光る春香の瞳。疾走感のある音楽に乗って春香の視線の先に場面が切り替わる。

 
 096現のテスト動画_index
 ▲[0:53]これから始まる弾幕の宴。舞姫たちが魔方陣のステージに揃い踏み!
 立ち並ぶ舞姫たちの先頭は第一演者の美希魔理沙。最後尾に控えるのはあずさ紫。


 096現のテスト動画_美希・やよい・千早
 ※画像クリックで拡大。
 ▲(左)[0:58]鍔広の黒の帽子の下には魔法使いの不敵な笑み。
 グレードアップした『Power of Dream』の美希魔理沙が宴の先陣を切る。
 マスタースパークを放つまでの演出も手が加えられてレベルアップしている。
 ▲(中)[1:05]他と比べると地味に感じるが、この弾幕だって恐ろしくすごい。
 弾幕はちょっと地味でも、やよい橙の愛くるしさはダントツNo.1!
 では、ご唱和ください。やよおおおおおおおおおおおおおおおおおおいい!!
 ▲(右)[1:12]殺人級のカットインで登場したのはメイド長・千早咲夜。
 アイマス的なお約束と東方的なお約束が見事融合! 鉄壁な配役とは言わぬが花。
 メイド長がひとたび舞えば時が止まり、ふたたび舞えば鋭利な蒼弾が飛来する!

 
 096現のテスト動画_覚醒美希・律子・真
 ▲(左)[1:20]TiltP代表作『緋色月下、狂咲ノ絶』より美希フランドール。
 レーヴァテインのJPEG殺しは相も変わらず、弾幕の派手さならトップクラス!
 見よ!東方は、赤く燃えているー! ……東方違いです琉球不敗師匠。
 ▲(中)[1:33]おさげで前髪ぱっつん律子燐。りつこりん。りつこりん☆
 桃紫の大きな円形弾幕。そして、その上をふわふわと漂って広がる白い人魂。
 一見すると単調な弾幕だが、それらが一瞬形作る円陣は蓮の花のように美しい。
 ▲(右)[1:40]真水蜜はナースキャップ&セーラー服の水兵さんスタイル。
 まばゆい光は巨大な錨となり、ハンマー投げの要領で轟音とともにブン投げる!
 その迫力は、波をかきわけ迫り来る巨大クジラの突撃の如しッ!!

 
 096現のテスト動画_伊織・亜美・真美
 ▲(左)[1:47]月の兎伊織鈴仙の狂気の赤い瞳は見た者を釘宮病にするとの噂。
 レーヴァテインに負けず劣らずのJPEG殺し。弾幕の構造的な美しさは比類なし。
 さあ下僕のみんな、ご一緒に! いおりんの弾幕座薬マジ最高!!
 ▲(中)[1:53]自分で冷凍自分でとかちつくす。⑨じゃないよ亜美チルノだよ。
 撒き散らした4色のカラフル弾幕も一瞬で冷凍パ→フェクトフリ→ザ→パック。
 霜が下りて真っ白になった光弾が、雪玉のショットガンのように襲い来る。
 ▲(右)[2:01]虎柄に身を包み槍を構えるは、虎の妖怪真美星@毘沙門天代理。
 蛇の如く青の光線にからみつく黄の光線が謎にすごい。さすが弾幕の妖TiltP!
 青と黄の鮮烈な色合い。海中に咲くひまわりがあるならきっとこんな花に違いない。

 
 そして、最後の〆はもちろんあずささんですよ! あずささん!
 ラストのあずささんには心底シビれてしまいました!
 もうね、お世辞とか抜きに掛け値なしに!
 すんごいかっこいいのよ! 鳥肌が思わずぞわーって立つくらい! びっくりマークを何個も大盤振る舞いしちゃうくらい!

 春香とあずささんを除くアイドル全員が弾幕の舞いを披露し終わり、動画の時間もそろそろ終わりかなーという頃。
 忽然と画面の中央に現れる一枚の桜の花びら。

  096現のテスト動画_あずさ1

 TiltPも心にくいことをしてくださるじゃないですか!
 これは絶対にファンサービスだってばさ!
 『Phantasm Brigade』を視たことがある者ならば、『Phantasm Brigade』のファンならば、こうつぶやかずにはいられないはずです。


 来るぞ、と。


  097現のテスト2



 あずささんが、来るぞ、と。




  096現のテスト動画_あずさ3




 キター!!



  096現のテスト動画_あずさ4

  096現のテスト動画_あずさ5


 [2:28]から[2:38]のわずか10秒足らずの時間!
 音楽と映像のドンピシャ感が素晴らしすぎて心がゾクゾクする!
 『Phantasm Brigade』が大好きでよかった! あずささんが大好きでよかった!
 じゃなきゃ、このゾクゾク感はわかりっこないもの!
 ひゃっほい!!


 096現のテスト動画_雪歩・あずさ
 ▲(左)[2:10]歌の後ろで散りゆく淡き桜。透ける手に灯る魂のまぶしき光。
 初見のときINDEXを見てなかったのでアリスかと思ってたら雪歩幽々子でびっくり。
 上から三枚目の光弾をよーく見てみると、光弾に重なって二色の蝶が飛んでいる。
 ▲(右)[2:34]満を持して『Phantasm Brigade』のあずさ紫がラストを飾る。
 一列に連なり渦を巻く紫の光弾。渦は急加速した後、四方へ散弾し、再び渦を巻く。
 「波と粒の境界」の名の通り、光の粒は面となって大海原の波のようにうねる。

 
 あ、『Phantasm Brigade』も忘れずにプレイヤーをリンクしておきますネ(´∀`)

 アイドルマスター×東方アレンジ あずさ Phantasm Brigade 似非PV
 [TiltP/PV/東方m@ster/トリオ(あずさC・千早・やよい)]
 
 


※今回の新作のうpをgase2さんの記事を読んで知りました。
 こういう隙だらけなところがさすが私だなと思いました。
 gese2さんにひたすら感謝!

タグ : ニコマス PV 【PV】im@sオールスター 東方m@ster あずさ

00:30  |  アイマスPV(あずさ出演)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.13 (Tue)

【千早創世】選ばれし者だったのに!

 娘金時。

 【意味】
 鎧をひしゃげるほどの怪力を誇る千早創世録のあずささんのこと。

 俺…、この記事を書いたら焼き芋を買いにいくんだ……。
 こんばんわ、瀕死寸前のむらたまです。もうゴールしてよかですか。

【アイドルマスター】千早創世録 第68話【信長の野望】
[かわづP/架空戦記/あずさ出演]



    ∧_∧
    ( ゚ д ゚)              ニャンニャン
   /    \               ニャンニャン♪
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/             ニーハオニャン♪
__(二つ/        /.     ('A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 乂/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
              ┌──∧───
              │ …………。
              └──────


            ┌───────────
            │ おい、どうした。('A`;)
            └───∨───────
    ∧_∧
    ( ゚ д ゚)              ゴージャス
   /    \               デリシャス
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/             デカルチャー♪
__(二つ/        /.     (;'A`) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 乂/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´ ポチッ
       ┌───────∧───────────
       │ きもい面がますます拍車がかかってんぞ。
       └───────────────────



┌───────────
│ ……もうね、ユキポ。
└───∨───────

    : ∧_∧ : プル
    : ( ゚ д ゚) :  プル
   : /    \ :       ハァ…
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
__(二つ/        /    Cー (A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
           ┌────∧──────
           │ なにがムリポなんだ?
           └───────────


    : ∧_∧ :    地黄八幡が…、地黄八幡がね……
    : ( ゚ д ゚) :   もう、ユキポ……
   : /    \ :

  千早創世録第68話(´・ω・`)綱成サン…

                       あー、あれか。('A`;)


┌─────────────────────
│ あのね、綱成さんはあずさスキーのアタイでも
│ 心から認めるいい男だったアルヨ……
└───∨─────────────────
                  ┌───────
    : ∧_∧ :      │  それで?
    : ( ゚ д ゚) :       └──‐レ────
   : /    \ :
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/        マンドクセーナァ…
__(二つ/        /      (A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´


  : ∧_∧ :  北条家滅亡のときからずっとあずささんを護り支えて、
  : ( ゚ д ゚) :  彼のその素晴らしい益荒男ぶりは、アタイみたいな
 : /    \ : あずさスキーには頼もしい兄貴的存在だったのよ。

  千早創世録第25話
  ▲第25話「寒風」 多摩川の合戦にてあずささんの窮地に駆けつける綱成

   お前の一意見をあずさファンの総意みたいに言うなっての。('A`;)


┌────────────────────────────
│アタイ的には、
│「この男にだったらあずささんを嫁にとられても許せる! 託せる!」
│っていう架空戦記・ノベマス界でも超希少な人材、デシタ(過去形)。
└───∨────────────────────────
                  ┌───────────────
    : ∧_∧ :      │ ああ、IFⅥ:Uのマッシュとかか。
    : ( ゚ д ゚) :       └──‐レ────────────
   : /    \ :
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
__(二つ/        /      (A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌───∧──────────────────
│ そう。それなのに…、それなのに……、うぅぅ…っ!
└──────────────────────


   \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
   <                        >
   <     選ばれし者だったのに!     >
   <                        >
  ウワァァァァァァァン ∨∨∨∨∨∨∨∨\
 .*:゚ ゚:。∧_∧。・゚ ゚*.
。゚ _((゚ ´Д`゚))_ ゚
. (__、     ,   )         ウゼー
     Y / ̄ ̄ ̄ ̄/
__ ノ /        /      (A`;) /  ̄/
    \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
  ┌──────────∧───────────
  │ いや、そういう気持ちの悪い感情表現のために、
  │ オビ=ワンの名台詞を汚してほしくないんだが。
  └──────────────────────


     ┌──────────────────────
     │ だいたいな、「保護対象=萌え対象・恋愛対象」
     │ ってわけでもないだろうが。('A`)
     └─┐
         │ 綱成にとっちゃいつまでも心配な妹分みたいな
         │ もんだったんじゃないのか、あずささんは。
:::::::::::::.:.:.:.:.:.:└─────────‐レ───────────
:::::::::::.:.:. , -―-、
:::::::::::.:.:(iii > > クスン
::::::::.:./     \   クスン    俺はそう解釈したぞ
:::::::./    / ̄ ̄ ̄ ̄/
__(二つ/        /.   (( く(A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
┌───∧──────────
│ 選ばれし者だったのに……!
└────────────∧──────────
     │ 大事なことだから二回繰り返しやがったな。
     └────────────────────


┌──────────────
│ アタイはようやく理解した…!
└┐
  │ 安東の四美姫に魂を惹かれ骨抜きされる同僚たちを見る
  │ 常識人な敵将たちの哀しみはこういうものだったのか…!
  └──∨───────────────────────
             \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
  *’゚・。∧_∧。+゚' < 頭ではなく、今、心で理解した…ッ!! >
 ゜   ( ゚´Д`)  /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
   /    ヽ (こヽ
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/          カタカタ
__(二つ/        /.      (;'A`) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 乂/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
             ┌───∧────
             │ ……つーかよ。
             └────────


              これ、もしかして、お前のコメントか?('A`)


侮ってくれていい!そしてあずささんの婿候補の彼を帰せorz


  ∧_∧
 (; ´Д`) アタイも一瞬そう思ったけど、違う人アルよー。


┌───────────────────────────
│ だけど、きっとこの人、アタイと魂を分け合うソウルブラザーね。
│ アタイは神回以上の衝撃で「wwwww」すら生やせんかった。
└───∨───────────────────────
                               情けないけど
    ∧_∧
    (; ´Д`)〉 ー3
   /    ヽ\
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/   Σ
__(二つ/        /      (A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 乂/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
             ┌───∧──────
             │ 神回以上ってオイ。
             └──────────


       ┌─────────────────────
       │ とりあえずな、お前は疲れてんだ。
       │ どくへび氏の絵を見てあずさ成分を補給しとけ
       └─────────‐レ───────────
    ∧_∧                 エコノミー画質だが
    (; ´Д`) エー、エコノミー?
   /    \
.  /   / ̄ ̄ ̄ ̄/           カタカタ
  (二つ/        /      ( 'A`) /  ̄/


  千早創世録第68話

  ∧_∧
  (* ´∀`) キャーあずささーん!

                 ホントにお前ってやつはバカだな。('A`)


┌────────────────────
│ アタイ、今日はこの絵をマクラの下に敷いて
│ もう……、寝るぽ。JPB。
└───レ────────────────

::: ∧_∧  フラ~
::(iii/ ̄ ̄ヽ ~~       もう起きてこなくて
:::::::|    八|  ~~~          いいからなー
:::::::|  |.  / ̄ ̄ ̄ ̄/
:::::::l  l /        /      ヾ(A`;) /  ̄/
 ̄ ̄\/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
┌───∧─────────
│ 選ばれし者だったのに……
└────────────∧────
                  │  しつけーよ!
                  └────────




 /
  パタンッ
 \

                  アー、マンドクセー
       / ̄ ̄ ̄ ̄/
____ /        /   (( く('A`ii) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
 ┌───────────∧─────────────
 │ ……蛇足だが、さっきの神回ってのは第48話のことだ。
 └┐
   │ うp当時に書いた記事を少し修正して下にリサイクルするんで、
   │ 時間があるときにでも流し読みしてもらえれば幸いだ。
   └──────────────────────────





 今回は趣向を変えて、とある一人の人物をクローズアップ。

 アイマスと他の題材のコラボが魅力の架空戦記では、題材元のキャラが架空戦記の顔になることが多々あります。
 あずさファンならば是が非でも押さえておきたい『あずさの天下創世』(宗滴P)にもそんな武将がいます。
 その名も、越前朝倉家に仕えるスーパー家政夫武将「朝倉景紀」、通称ノリ。
 架空戦記の顔ともなると、他の架空戦記に登場するだけで草(w)が生え、その架空戦記の通称で呼ばれたりします。
 ノリもそうした一人で、天下創世を題材にした架空戦記でノリをよく見かけるので、各地方のノリを集めてみました。

あずさの天下創世 第00話(宗滴P)

 元祖本家本元ノリ。
 劇場版ノリからシリアスブレイカー、果てはあずささんの兄までこなす。
 始めは家事特技特化型の家政婦だったのに、望まぬ結果で朝倉家当主に。

千早創世録 第48話(かわづP)

 やよいのお兄ちゃん志望のノリ。
 最新の今話にてついに念願叶ってやよいに「おにいちゃん」と呼ばれる。
 しかし、ちょっと旗を立てすぎでしょう……(´;ω;`)

燃えよ双星 第十二話(なおりんP)

 中二病患者ノリ。
 双海家のピンチに颯爽と現れる姿は正義のヒーローの如し!
 わーすごいなー憧れちゃうなー。

美希の天下創世 31(別所就治P)

 朝倉家総大将ノリ。
 朝倉義景・朝倉宗滴亡き後の朝倉家を束ねる当主。
 外交にやってきた一色家のあずささんに事実上の宣戦布告をする。

 ガチノチ・ダメノリ成分を大雑把に図示すると、だいたいこんな感じです。

 [ガチ] 美希ノリ > 千早ノリ > あずさノリ > 双星ノリ [ダメ]

 ――で。
 あずささんを放置してノリ特集を唐突に組んだのも千早創世録の最新話を見たからでして。


 (以下、ネタバレにつきご注意)


 やよいの殿(しんがり)として最後まで武田軍と戦い、武田晴信をして「お主ほどの勇者、討ちたくはない…武田に降れ!」と言わせしめ、山本勘介をして「天晴…貴様の死に様、しかと覚えおこうぞ…!」と言わせしめたノリ。
 その壮絶な最期にあずささんを立ち合わせ、トドメと言わんばかりに『隣に…』とかもうね、かわづP反則すぎるでしょう。

  千早創世録第48話

 説明するのも無粋ですが、ノリの最期に「隣に…」が選ばれたのは、やよいとの約束を反故にするノリが「ウソつき」であるから。最期を看取る立会人が歌の主であるあずささんであるから。
 そして、あずささんにノリの最期を看取らせたのも、あずさの天下創世での二人の関係(兄妹)を意識したかわづPの演出でしょう。
 目も見えずあずささんをやよいと勘違いしたノリに、あずささんが「おにいちゃん」と呼びかけるシーンは演出とはいえども目からウォタガー! ウォタガー!
 このシーンのあずささんとノリがあずさの天下創世の二人とだぶってしまって、思わずジーンときてしまいました。

 

 さて。
 このように四者四様の顔を持つノリですが、未視聴の方はこの機会に見比べてみると面白いかもしれませんよ。







 第48話を見て、こんな絵を書いたこともありました。千早創世録_ノリ

タグ : ニコマス/

00:19  |  架空戦記/ノベマス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.12 (Mon)

【アイドル念能力】巨乳とバトルとまいっちんぐ

 テラフガシ先生の作品が読めるのはニコマスだけ!

 連載を忘れない冨○先生ことテラフガシPの新作がきてm@sよー!

アイドルマスター アイドルたちの念能力バトル4④
[テラフガシP/アイマス紙芝居/あずさ出演]



 アイドルたちの念能力バトル4④1

  ドキッ!


 アイドルたちの念能力バトル4④2

  巨乳だらけの


 アイドルたちの念能力バトル4④3

  念能力バトルッ!


 アイドルたちの念能力バトル4④4

  まいっちんぐアズサ先生もあるよ!



             ┌────────────
             │ ……ま、マジでか?
             │ 俺まだ見てないんだが。
             └─────‐レ──────
     ∧_∧
    ( * ´∀)〉 ウフフ♪
   /    ヽ\
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
__(二つ/        /      (A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 乂/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
┌───∧──────────
│ マジのマジマジよ。
│ テラフガシ先生の名にかけて。
└──────────────


  


           ┌──────────────
           │ いや、そのシーンのスクショを
           │ 貼ってくれるだけでいいんだが。
           └─────‐レ────────
    ∧_∧
    ( #´д`)
   /    \             マンドイシ…
.  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
__(二つ/        /.   (( く(A`;) /  ̄/
   \/____/ ̄ ̄ ̄ ヘヘ 人/__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ̄ ̄´
┌───∧────────────
│ 横着者には見せてあげませんっ。
└──────────────── 



 テラフガシ先生マジ勤労!
 他人の画風で意のままに描きたいものを描けるってすごいスキルだと思うんですが、それ以上に感嘆してしまうのは、画風だけでなくその作家さんの雰囲気まで出せるってとこがアンビリバボー!
 上に貼った4枚目の貴音のセリフ「1cm差……!?」とか、ああいう作家さんのクセみたいな雰囲気は真似しようと思ってもなかなかできない芸当だと思うんですよ。
 冨樫先生の作品を相当読み込んでるんでしょうね。マジすごい。

★関連記事:あずささんとにゃんにゃんしたい

タグ : ニコマス

10:54  |  アイマス紙芝居  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。