2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.05 (Tue)

【アイマス×サモナイ3】アズサ先生の召喚獣その4:ばっけんしゃミウラさん

066アイマス×サモナイ3_01ロゴ

イオリ「……ねえ、アズサ。ひとつ聞いてもいい?」
アズサ「は~い。なんでしょう、イオリちゃん」

066アイマス×サモナイ3_01アズサ&イオ

イオリ「この子、アズサが召喚した召喚獣……なのよね?」

  こたぷ~ん
066アイマス×サモナイ3_01ミウラ

アズサ「ええ。霊界サプレスから召喚してみたのだけれど、どうかしたかしら?」
イオリ「どうもこうもないでしょ! なんでこの子もシャルトス持ってんのよ!?」
???「あら~」
アズサ「あら~、そういえばどうしてかしら~?」
 
 こたぷ~ん
 どたぷ~ん

イオリ「キーッ! なんかムカつくわねあんたたち! こっちは真剣なのに!」
???「あら~」
アズサ「落ち着いて、イオリちゃん。世界には自分に良く似た人が3人はいるというし」
イオリ「剣を人間と一緒にすんじゃないわよ!」
???「?」
イオリ「……ていうかこの子、さっきからずっと、シャルトスを抜きっぱなしじゃない。もしかして、アズサよりもうまく剣を使いこなしてるんじゃないの? 」
アズサ「こんなにちっちゃいのにすごいわよね~。コツとかあったら教えてもらいましょうか。ふふっ」
イオリ「アズサ~! あんたにはプライドってもんがないわけ!?」

???「あら~」
アズサ「まあまあ、そんなことが……。あなたも大変だったのねえ」

イオリ「……なんか知らないうちに話が通じちゃってるし」

???「あらあら」
アズサ「そうよね。私もお姉さんなんだから、もっと頑張らなくちゃいけないわよね」

イオリ(こんなのが私の先生って。ハァ……)

066アイマス×サモナイ3_02ミウラ
 スタンバーイ

066アイマス×サモナイ3_03ミウラ
 あら~

━ アズサ先生の特技:迷子召喚 ━
 機械ロレイラル、鬼妖界シルターン、霊界サプレス、幻獣界メイトルパの四界以外の世界から似たものを間違って召喚する。例えば、ロレイラルのロボットを召喚しようとして、ゼノマス世界のREC大好きなイン○ルさんを召喚したり……等々。でもちゃんと送喚はできる。ふしぎ!
  
スポンサーサイト

タグ : アイマス ぷちます! SS みうらさん あずさ 伊織

05:18  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.23 (Thu)

たまたまチェックしておきたいニュース

(´∀`) アイマスモバイル始めましたむらたまです、こんにちは。
  ('A`)  イベントではアイマス2グラフィックのコミュムービーが見れたり、ご機嫌時やデレ時のアイドルたちの画像が可愛すぎて悶絶したり、局所的に破壊力が高いのが困りものだな。
(´∀`) 5エリア制覇を条件に発生するエリアイベント『パエリアde5エリア』とか、別の意味で破壊力が高かったよね。ぴよちゃんが誤作動してる的な意味で。
  ('A`)  まさかボイスつきで小鳥さんがぐふぐふ言ってるのを聞ける日が来るとは夢にも思わなかったわな。美人度は少しあがってるというのに、おっさん度まであがってるなんて……
(´∀`) 残念な美人に拍車がかかってないか、むらたまさんちょっぴり心配アル。
  ('A`)  小鳥さんの心配はさておき、記事の本題に入ろうか。
(´∀`) うぃっす。この記事では個人的なメモ書きも兼ねて、ここ数日間にあったちょっと個人的に見逃せないニュースを3つほど取り上げたいと思いますよん。
  ('A`)  まず最初は開催時期も迫ったこの企画からだな。

その1.2010年下半期20選開催正式告知来たる!

アイドルマスター 2010年下半期ニコマス20選開催のお知らせ
[ぎょP/ニコマス企画告知]


2010年下半期ニコマス20選レギュレーション〔Micro J/kg・K〕

(´∀`) ついに20選の正式な告知がやってまいりましたヨ!
  ('A`)  詳しいレギュレーションは企画ブログで確認されたし。
(´∀`) 今期はどの作品にプッシュが集まるのか今から楽しみだねえ。
  ('A`)  20選参加者数もどれくらいまで上るか、そこも注目したいな。
(´∀`) 予想ではなんだかんだで500には届くんじゃないかなーと。
  ('A`)  お前の20選のほうこそ終わる目途はたったのか?
(´∀`) うんにゃ、前回から何も進んでないというかむしろ後述のとおり前回の状況よりぶっちゃけ悪化してますが何か?^^
  ('A`)  それはいばることじゃないんだぞ?

その2.エイベックスとニコ動がニコ生で握手しただと…?

(´∀`) 2、3日前くらいにツイッターで話題になっていたニュースです。
  ('A`)  えっと、なになに、

あゆの歌をBGMに!エイベックス楽曲が「ニコ動」で使えるようになった!

 「エイベックスの楽曲がニコニコ動画で使ってもいいことになりました」。エイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長が2010年12月20日、ニコニコ生放送「やまだひさしのニコラジ」で、ニコニコユーザーにとってうれしい重大発表をした。

 エイベックス・グループが原盤権を保有しているアーティストの楽曲を利用して、動画作品を作ってニコニコ動画に投稿したり、ユーザー生放送のBGMとして流したりすることができるようになったのだ。ドワンゴとエイベックス・マーケティングが楽曲利用に関する包括許諾契約を結んだためだ。開始時期は、2011年2月を目標にしている。

  ('A`)  なっ…!?
(´∀`) ね、驚き桃の木気になる木?
  ('A`)  見たこともない木ですからってうるさいわ!
(´∀`) へーい。
  ('A`)  冗談なんか言ってる場合じゃないだろ。これが本当に実現するとしたら、もしかして……、いや、そんなまさか!
(´∀`) そのまさかですわ!
  ('A`)  おおっ!
(´∀`) このニュースを知った時、思わず目が点になったというか耳を疑ったというか、あずさスキーである私にとって青天の霹靂とも言うべきビッグニュースであると言わざるを得ないッ!
  ('A`)  あずさファンの聖地として名高いあの太陽のあずさを筆頭に…!
(´∀`) MASTER ARTIST 91も! Garnet Moonも! そして三浦あずさメドレーも!!
  ('A`)  まあ、Garnet Moonは今となっちゃ他の島谷あずさとは違うとこもあるから別の話だとしてもだ。
(´∀`) ニコマス町のあずさスキー大歓喜の予感!!

その3.りっちゃんPの竜宮小町プロデュースはロックだ!

アイドルマスター Trailer for 竜宮小町 「Are you gonna be・・・」
[赤ペンP/PV/律子・伊織・あずさ・亜美]


 068「Are you gonna be・・・」01
 068「Are you gonna be・・・」02
 068「Are you gonna be・・・」03
 068「Are you gonna be・・・」04

【アイドルマスター】“More is Enough”PV【竜宮小町】
[えびP/PV/VerRockFestival2010/律子・伊織・あずさ・亜美]


 068“More is Enough”PV01
 068“More is Enough”PV02
 068“More is Enough”PV03
 068“More is Enough”PV04

(´∀`) 四の五の言わずとにかく見てくれと!
  ('A`)  フォントを最大にしてもまだ訴え足りんな。
(´∀`) 同日にうpされたこの2つのPVは、どちらも箱マスのPVを主体とした本格的な竜宮小町のPVになっております。
  ('A`)  演出方法のベクトルは竜宮小町結成までの秘話をメインに据えたストーリーPV(赤ペンP)と竜宮小町結成後のアイドルユニットプロモートのPV(えびP)と好対照な作品でありながら、律子プロデューサーが竜宮小町のメンバーたちを率いる、いわば律子Pのプロデュースライフ・ロックともいうべき構図を取っている点で共通している。しかも、どちらも洋楽を使用したPVで、ラストにスモスリの4thPVを配置し、さらには同日にうpというシンクロのおまけつきだ。
(´∀`) りっちゃんPを含めた竜宮小町が好きだ! 竜宮小町を応援したい! 彼女たち4人をプロデュースできないのは無念極まりないがそれでも俺は彼女たちのプロデューサーなんだ!と自負のある方たちに是非おすすめしたい。見なきゃ大損ぶっこきますってマジで。
  ('A`)  とくにえびPのほうのPVは、動画説明文によると

この動画は「VerRock Festival 2010」本放送用です。
本放送、及びタイムシフト放送終了次第削除されますので何卒ご了承下さい。
再投稿は今のところ未定です。

 とのことだから、この機を逃すともう見られなくなってしまう。注意してほしい。
(´∀`) ぐもー! あんなに力のこもった素晴らしいPVだというのに勿体ねえっす!
  ('A`)  まあ、えびPにも考えあってのことだろうからな。見る専という名の消費者にすぎない俺たちはPたちに感謝しながらただただ作品を拝見させていただくのみさ。
(´∀`) 両作品ともぜひぜひご覧あれ!
  ('A`)  ご覧あれ!
(´∀`) ぬーん、それにしても……
  ('A`)  うん?
(´∀`) ある程度予想はしてたけど、20選の対象期間終了間際のこの時期にこういう作品が滑り込んでくるのは、正直私に対する嫌がらせとしか。
  ('A`)  知らんがな(´・ω・`)

タグ : ニコマス ニコマス企画 2010年下半期20選 竜宮小町 律子 伊織 あずさ 亜美 PV 【PV】竜宮小町

17:32  |  アイマスPV(あずさ出演)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.19 (Sun)

【アイマス紙芝居】聖夜前のこころのお洗濯

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。04

【手描きアイマス】たからものをあなたに。まごころを、きみに。
[備前焼P&弓削P/アイマス紙芝居/伊織・やよい・あずさ]


 pixivでもブクマさせていただいた備前焼さんの心温まる縦長物語を弓削Pが動画化!
 備前焼さんのぬくもりあるストーリーとやわらかで可愛いタッチの絵。
 それらの魅力を動画という形で十二分に伝える弓削Pの編集技量とセンス。
 ストーリーに沿った絵の動き、ページをめくったりスライドさせたりするシーンの切り替え、BGMとSE、弓削Pの作品によく見られるようなセリフの出し方などなど。
 縦長物語の雰囲気そのままに動画ならではの楽しさも詰まっているこの物語を味あわないというのは、正直もったいない!

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。01

 物語の内容を簡単に紹介すると、765幼稚園の園児である伊織とやよいがあずさ先生の提案でクリスマスの日に大切なものをお互いにプレゼントをするというお話です。
 伊織がやよいにプレゼントするのは数多く持っているうさぎのぬいぐるみのうちの一匹、「さいありーず」。右目に垂らした前髪がちょっとキザなうさちゃんです。

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。02
 
 一方のやよいが用意したのは、今までずーっと大事にとっておいた「いちばんだいじなの」。しかも、それを惜しみなく全部伊織にプレゼント。かわいいうさたんをプレゼントしてくれるいおいちゃんに対してできる、やよいなりの精一杯の気持ちでした。
 この後、ふたりとも笑顔でめでたしめでたしとなればよいのですが……、雷が鳴って、雨が降り出してしまいました。
 ふたりとも楽しみにしていた、ふたりだけのクリスマスプレゼント交換会。
 雨が降れば地面も固まるし、晴れになればタニシ虹もできる。
 伊織とやよい。
 ふたりが相手からプレゼントしてもらったものは、目に見えるうさちゃんたちだけではないのかもしれません。きっとそれは幼稚園を卒園した今もお互いにとって一番大切なたからものであるに違いありません。

 069たからものをあなたに。まごころを、きみに。03

 そして、この物語に登場するもう一人のキャラクター、あずさ先生。
 彼女の子どもへの接し方を見ていると、教えることにも叱ることにも相手への思いやりが必要なんだと気づかされます。「叱る」と「怒る」の違いはなんなのか。子どもに大切なことを教えることの難しさ。
 この物語に再び触れて、そんなことを思いました。
 目前にひかえた聖夜の前に、ちょっと心のお洗濯なんてDo-Dai?

 話は少し変わって、備前焼さんの縦長アイマス物語といえば――
 あずさスキーに是非おすすめしたい作品がひとつあります。
 それはこちら。


 タイトルはずばり『俺の嫁たちは七代先まで幸せであれ』。
 読み返すたびに、あずささんは何十年たってもあずささんだなあとか、あずささんの遺伝子は優秀だなあとか、長生きせなあかんなあとか、そんなことを思います。
 
 あと、お年をめしたあずささんつながりでこちらのPVもどうでしょう。
 今年のあずささん誕生祭にアップされた赤ペンP&VAS-SPの作品です。

アイドルマスター あなたと出逢えて、うんと幸せ。
[赤ペンP&VAN-SP/PV/あずさ]


 なんかもうね、赤ペンP×VAN-Sさん×あずささんの組み合わせは私的になんかズルいというか反則というかそういうものなんですが、マイリストと20選の一席を用意しておけと言われているのに等しいのであります。ええ、もちろんちゃんと用意してありますがなんくるないゼ。
 
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。01
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。02

 幾年重ねても美しく、愛しい人よ。
 今年はアイマス本陣とその周囲でさまざまあり、私もご多分に漏れず、悲喜こもごもやっておりましたが、このPVを見るにつけ「何年たっても変わらずにあずさスキーでありたいな」と思います。
 心が風邪をひきかけたときに見る赤ペンPのPVはじんわり効きますわぁ。

 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。03
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。04
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。05
 069あなたと出逢えて、うんと幸せ。06
 ▲[3:30-3:31]お気に入りのワンシーンです。
 右からスッと入ってきて途中で減速してまた消える袴姿のあずささん。
 この時、あずささんの顔は見えませんが、その分意識が体の動きに集中してくれる効果があり、このシーンのあずささんの体の動きにぐっときました。
 あずささんを象徴する衣装としてミニウェディングがありますが、実はハカマグラデュエーションも短大を卒業したばかりのあずささんを象徴する衣装です。
 そして、そんな衣装を着たあずささんがスッと横切るこのシーンはまるで、20才のあずささんがプロデューサーと共に“今”のこの瞬間を駆け抜けているのを象徴しているかのようでもあり……
 あまり目立たないほんの一瞬のシーンですが、すごく味のある良シーンだと思います。

(´∀`) あっ。
  ('A`)  どした?
(´∀`) 赤ペンPのPVじゃ幼稚園児のあずささんが先生に叱られてるカットがあったなーと。
  ('A`)  お、そういえばあったな。備前焼Pの紙芝居とちょうど逆のパターンか。
(´∀`) 若干こじつけチックだけど面白い偶然だねえ。
  ('A`)  だなあ。

タグ : ニコマス アイマス紙芝居 伊織 やよい あずさ PV 【PV】あずさソロ

11:23  |  アイマス紙芝居  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.07 (Tue)

【ノベマス】ちょっぴり気難しい、あたたかな距離感

 ちょっと前にあずいおのAAを作成した折、NPさんからあずいおつながりでこちらのノベマスを紹介していただきました。

彼女の冬の色
[百舌P/ノベマス/あずさ・伊織]


◎NPさんの紹介記事:ニコニコ動画もそろそろ『決定版』が欲しいところです。(NP氏の本棚)

 このノベルの魅力をあえて一行で言うなら、
“もどかしさとあたたかさが行ったり来たりする、ふたりの絶妙な距離感”
 これに尽きると思います。

 あずいおと言うことでタイムリーな話題ですが、今日の朝に百舌P(mozukuzus氏)が良質のあずいおノベマスを投稿されています。「彼女の冬の色(sm12588782)」という作品なのですが、非常に美しいノベマスです。

 NPさんからのオススメ、しかもあずいおノベマスとうかがっていたのでめちゃくちゃ期待大、面白いことは間違いないだろうと思っていたのですが、いやぁもう、これはこれはさすがとしか言いようがなかった。
 めっさたまらんですよ。
 動画説明文はひどい紳士病を発病してますが。
 あずいおという私の嗜好ド真ん中であることを差し引いても、こうも的確に好みのツボをついてくるとは……、いやはや恐るべし恐るべし。
 ちなみに、さっきから性懲りもなくあずいおあずいおと申しておりますが、百合ではなくコンビとしてのあずいおです。ピンク色した私の脳みそはそういうフィルターをついついかけたくなってしまうのですが、これを百合と称するのはいささか不遜、違うだろうと。私の残り少ない良識がそう囁くのです。
 余談はさておきまして、
 
 070彼女の冬の色01

 まずは開幕しょっぱなのこのワンシーン。
 白状すると、ここでいきなり心をぐっとつかまれ、背負い投げで一本されてしまいました。
 たった開始20秒での出来事です。
 と同時に、最後まで視聴することが決定した瞬間でもありました。
 この場面では主人公のあずささんの目を通していおりんの姿が描写されているのですが、その描写の仕方というか語り口が、まるであずささんがいおりんに向ける眼差しをそのまま文章化したかのようで、とてもあたたかく感じました。
 あずささんらしい文章のぬくもり。
 それがもう私にはたまらない。
 後に続くあずささんがいおりんの視線に合わせて少し身をかがめるシーンや、ふてくされるいおりんの後を追いかけて距離を縮めようとしてみたりするシーンもすごくイイ!
 
 070彼女の冬の色02

 雪を踏みしめる効果音と笹川美和さんのボーカル。
 それらを聞きながら読む[1:26]からの追いかけっこのシーンは、すごく味わいがあります。

  きゅっきゅっきゅっ

  11歩。
  それが私と伊織ちゃんの間に横たわる距離。
  窮屈な足跡に合わせて一歩一歩歩くけど、
 追いつけない。


 嗚呼、しみじみ好きだなぁ、ここ。
 ノベルを最後まで読んだ後、もう一回ここを読み直すともうねたまらんの。
 おそらくあずささんといおりんはユニットを組んでいるのでしょう。
 だけど、以心伝心の仲かというとどうやらそうでもない。
 もしかしたらユニットを組んでまだ日が浅いのかもしれません。
 相手を理解しようと努める者と、それを突っぱねてしまう者。
 狭い歩幅でさっさと先を歩いていってしまういおりんと、歩幅を合わせようとしながらそれを追いかけるあずささんとの間には、ほんの少しギクシャクしたもどかしさが見え隠れしていて、実際の距離よりも遠くに感じてしまいます。
 ふたりの距離の原因は何なのか?
 それを解き明かすには、あずささんといおりんの関係だけでなく、あずささんとPの関係、いおりんとPの関係にも着目する必要があるみたいで、ふたりの間に存在する縮まりそうで縮まらない距離についてピヨちゃん的な妄想も含めて様々考えることができます。(あずさんといおりんの関係がメインですが、あずささんとPの描写もつい頬がゆるんでしまいますw)
 兎にも角にも。
 あずささんといおりんとの間に横たわる微妙な距離感が絶妙でして。
 これがね、ものすっっっっっっごくいいのですよ!!

 このほかにも心がくすぐられ、あたたかくなるシーンがあります。
 たとえば、途中とある演出上の理由でBGMが小さくなって終いには無音になってしまうシーンですとか、あずささんがいおりんの鼻をつまむシーンですとか。
 でも、それを全部説明しちゃうのは、やっぱり無粋きわまりない。
 ていうか言葉にしちゃうとですね、せっかくポカポカしてる心のあたたかさが炭酸の泡みたいに抜けていってしまう気がしまして、なんかもったいないのでヤなんですよ。にょほほほ。 
 はじめは11歩分あったあずささんといおりんの距離。
 ノベルの最後までに何歩の距離まで縮まったのか、ぜひ読んでみてください。
 
 

 ところでところで。
 このノベマス以外にも百舌Pの作品には「彼女の~」とタイトルがついているノベマスが3作品あります。
 四季に対応して、「彼女の夏の城」→「彼女の冬の色」→「彼女の秋の芋」→「彼女の冬の霜」の順でアップされておりまして(“城”と“色”、“芋”と“霜”で韻を踏んでますね。“色”と“芋”も音が似ています)、その内容はいずれも四季の空気の特徴をうまく盛り込んだ作品になっています。
 夏のノベルに登場するのは、りっちゃんと美希。
 

 冬のノベルに登場するのは、あずささんといおりん。
 

 秋のノベルに登場するのは、真とやよい。
 

 冬のノベルに登場するのは、雪歩と千早。
 

 夏の暑さは肌を焦がすけれど、空は突き抜けるくらい青くて空気は爽快で。
 冬の寒さは体を冷やすけれど、白い雪はほのかにあたたかくて、きれいで。
 秋のモラトリアムは甘くて心地良いけれど、少しだけ寂しさも含んでいて。
 春の訪れは新たな始まりに胸膨らむけれど、変わることへの不安もあって。

 この彼女の四季シリーズは、セリフウィンドウも登場人物のシルエットもない、ほとんど純粋なノベル形式をとっています。
 ノベマスでは珍しいマイナーな形式ですが、形式選択はこれで正解だと、私は思います。
 というのも、アイドルたちの立ち絵グラもシルエットも登場しませんが、読み進めて行くうちに、文章の向こうにアイドルたちの姿が鮮やかに見えてくるからです。もし立ち絵があったら逆に野暮ったくなってしまうでしょう。
 文章と一緒に楽しむBGMもノベルの雰囲気にマッチした選曲がされています。
 百聞一見に如かず。
 まずはティンときた季節からアイドルたちと一緒に四季を感じてみてはいかがでしょうか?

タグ : ニコマス Novelsm@ster あずさ 伊織

07:00  |  架空戦記/ノベマス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

【ノベマス】Colorless Days-伊織色、あずさ色-

 ここしばらくの間、千早に保守してもらっていましたむらたまです。
 ありがとう千早、お疲れ様千早。また何かあったらよろしく。

 ('A`) よろしくじゃねーよ。

 スンマセン。
 や、ぶっちゃけるのもちと憚られるのでありんすが、感想をひとつ書くにしてもしばらく時間をおいてしまうと、いざブログ用に感想を書こうとしても前までどうやって感想書いてたかわからなくなってしまうんですよね。そんなにたいしたものを書いていたわけでもないのですが、たかが感想、されども感想といったところでしょうか。

 ('A`) 言い訳はすみました?

 スンマセン。
 できればもうちょっとオブラートに包んでほしいかなーって。

 ('A`) …………

 えーっと。
 昨日の夜のことです。
 携帯でツイッターのタイムラインを眺めておりましたところ、某ブロガーさんのとあるツイートが目にとまりまして。

こういう世界の終わり的雰囲気は好きだ ついで言うならあずいおです 【第三次ウソm@s】置き去りセカイ 第一話 (5:07) #nicovideo #sm12924041 http://t.co/rast11f

 およ?

こういう世界の終わり的雰囲気は好きだ ついで言うならあずいおです 【第三次ウソm@s】置き去りセカイ 第一話 (5:07) #nicovideo #sm12924041 http://t.co/rast11f

 これなんて俺得ツイート?
 なんていうかこのツイートは私をホイホイするためにあるというか、もう私だけが見ればいいんじゃね?的な何かというか、「ついで言うならあずいお」ってソコすっごく重要ですから“ついで”なんて言葉で片付けちゃだめですよ悪来(仮)さんというか、そんなこんなでホイホイされたわけですよエッヘン。

 ('A`) 胸張るとこ間違えとるがな。

【第三次ウソm@s】置き去りセカイ 第一話
[レストP/ノベマス/伊織・あずさ]


 おおー。
 この世界観とノベル全体から漂う雰囲気。
 派手さはないけどすごく好きです。
 作者は、2010年上半期20選にも選ばせていただいた「陽気なアイドルが地球を回す」シリーズのレストP。
 「あずいお」という単語にまんまとホイホイされましたが、百合的意味のそれではなくてコンビとしてのあずいおで、誤解を恐れずに言ってしまうと、このノベマスで重要なのは一人称の視点、つまり物語を語る主人公が伊織であること。この世界を物語るには伊織でなければきっと成り立たない。主人公の相棒はたぶんあずささんでなくてもよくて、やよいでも美希でも真でもいい。でも、主人公は伊織でなくちゃいけない。
 ストーリーが描く世界観、モノクロな映像、色彩、音楽、一人称の視点、文章の出し方。
 それらが融和して全体から醸し出されるノベルの空気。
 それを構成する要素のなかでも、舞台となる世界を受け入れつつも噛みついてやろうとする伊織の個性が果たす役割はきっと小さくない。そんな気がします。
 ……と、ここまで書いて、もしかしたら伊織の相棒があずささんであることもこのノベルにとって大事なことなのかもしれない、なんて考えてもみたり。
 というのも、白と黒によって統一されているはずの世界はなぜかアンバランスを感じさせ、そんなアンバランスな世界には一見するとアンバランスなコンビであるあずいおがうまく世界に馴染むのかもしれません。

 ノベルの舞台となるのは、色を失った世界。
 「色の洪水」という現象によって一瞬にしてモノクロ化してしまった世界。

 070置き去りセカイ01

 そうした世界で生きる、伊織とあずささん。

 070置き去りセカイ02

 信号の赤と、伊織の瞳の赤と、あずささんの髪の青。
 このシーンがとても印象的で。
 「色」というものが何だったのか、その存在の大きさを、色がたくさん溢れている世界に暮らしている私にも再認識させてくれる。
 喪色した世界にあって人類が忘れようとしている「色」を体に残し、「かざりもの」と呼ばれる伊織とあずささんはまるで、緩やかに死にゆこうとする世界に舌を出して、たとえ見苦しくても爪痕を残そうとするレジスタンスのようでもあり。
 寂寞としたシンプルなモノクロ世界は、どこかモダンでオシャレな匂いを孕む矛盾を抱えていて。
 そんな世界から、したたかに生きようとする伊織とあずささんの静かな息づかいを感じます。

 070置き去りセカイ04

 また、レストPが綴る文章にはティンとくる言い回しがいくつかあって、

 070置き去りセカイ03

 「あの日、きっと世界に赤信号が灯ったんだ。」[3:02-]
 とくに一番印象に残ったのはこの一文でした。また、この一文の後に続く
 「そして地球は回るのを止めて。」
 という表現は、前回のシリーズのタイトルが「陽気なアイドルが地球を回す」だっただけに、回るのを止めた地球で伊織たちが生きているというのはちょっぴり皮肉的。
 けれど、見限りたくなるような世界だけど、それでも私は生きていくんだ、そんな意志を感じるのは前シリーズと共通する部分なのかもしれません。

 070置き去りセカイ05

 色はなくとも、ヒトは生きてゆく。
 この物語の後、赤信号を無視した伊織とあずささんはどこへと渡ってゆくのか。
 視聴者のコメントにも「叶うならぜひ続きがみたい」とありました。
 私もぜひ続きが見てみたい一人ではあるのですが、このノベルの世界はわずか5分の短編の世界だからこそ完成している世界なのかもしれないと、そうぼんやりと思う私もいたりして。
 映像面の少ない色とは裏腹にふくよかな余韻を残してくれる味わいのあるノベルでした。

タグ : ニコマス Novelsm@ster あずさ 伊織

18:21  |  架空戦記/ノベマス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。